最近の記事

2017年07月18日

きっと可愛い女の子だから

遠藤浩輝の「きっとかわいい女の子だから」をググっているのに、柳本光晴の「きっと可愛い女の子だから」が出てくるから読んでみた。1巻完結のストーリー漫画かと思ったら、短編集だった。

関口さんの主人公は恐らく遠藤浩輝の作品がモデル。髪型も似たような感じでタバコを吸い、名字の関口は遠藤浩輝の方で主人公が好きだった相手の名字。
共通点はそのくらいで他は全く似ていない、作風もクオリティも。君に届けとかあのへんの漫画。
他の短編も同レベルの内容で、正直これと言って書くこともない。砂糖を舐めさせて甘いと言わせるような作品ばかり。

調べてみると、作者のブログが出た。
http://ttt98.jugem.jp/?day=20140912
どうやらこのブログの主張によると「きっと可愛い女の子だから」は遠藤浩輝の短編集と同じく、BLANKEY JET CITYの「悪いひとたち」から取ってきたようだ。歌詞情報によると「可愛い」ではなく「かわいい」が正しいよう、あえて変えたのかどうか分からない。短編集も持ち、EDENも読んでいるので時系列として「きっとかわいい女の子だから」の存在を知らずにこのタイトルを付けたとは考えにくい。昔からBLANKEY JET CITYの「悪いひとたち」から「きっと可愛い(かわいい)女の子だから」というフレーズを抜き出しタイトルを付けると考えていたんだろうか、その可能性は恐ろしく低そうだが。さらにこの漫画にBLANKEY JET CITYっぽさはない。
正直なところ、作品自体に遠藤浩輝の影響があるとは考えづらく、関口さんのキャラクターに遠藤浩輝の影響があったとしてもなんの問題もない。
それはそうとEDENの1巻から3巻までは傑作と書いているのはリアルだよね。この書き方だと後半は傑作じゃないのかとか失礼に当たりそうだから、普通はお世辞でも作品自体を褒めるだろう。本当に1巻から3巻までは傑作と思っているんだろうね、同意するけど。

今、改めて遠藤浩輝の「きっとかわいい女の子だから」を読んだが素晴らしい、何度でも読める。この漫画はこういうコンセプトの漫画ではないので比較してもしょうがないが。

絵柄が橋口隆志に似ているというコメントを見たが、なんとも。橋口隆志からいろんなもの減らして劣化させれば似てるかもしれんが。以前、記事で書いたバイオレンスアクションが浦沢直樹に似ているというコメントを見たこともあるが、これもなかなか酷い例えだと思う、ほとんど似ていない。どちらも例えられている漫画家のほうが上手いという。

「きっとかわいい女の子だから」をググってこの作品が出てくるのは一種のサジェスト汚染だと思いました。
posted by クライシ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

バイオレンスアクション

何だこれ、とりあえず超強い少女が無双する漫画です。

この手の主人公にありがちな、屈折した感じはない。CANDY & CIGARETTESの記事逆に表も裏もなく、昼間のテンションで子供らしく無邪気に殺人行為すれば面白い。と書いたが、これに近いかもしれない。

主人公がなぜ超人的な身体能力を持ち、銃の扱いに慣れているのか現時点で謎。他にも良く分からないところがたくさんある。これからの展開はどうなるか分からない。下手にシリアスにすると違うものになりそうだし、恐らくリアルなのは描けない。謎は謎のままにしたほうがいいこともある、変にツッコミどころを与えてしまうから。

絵は中途半端に下手だったが、段々上達している。

ザ・ファブルに近いというレビューを見た。ファブルは確かに人間離れした身体能力しているが、人間らしさがある。ファブルが100mを10秒5ぐらいで走るとすれば、彼女は5秒で走ってしまうようなものなので、人間離れとかそんなんじゃなくて人間じゃない。他にもファブルは頭を使って人を殺すが、そういうシーンはない。他にも全然違う。

世界観は面白いと思うが、Amazonのレビューなどを見ても絶賛されてるほどだとは思わない。少なくとも2巻まで読んで肝心のバイオレンスアクションに見どころはない。ただ、2巻の最後はこれから面白くなるかもと期待されるような雰囲気。
posted by クライシ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CANDY & CIGARETTES

よくある少女が銃で敵をなぎ倒していく漫画。

少女の殺し屋という設定は好きなんだが、自分があまり知らないのもあって読み応えのあるものが存在しない。この作品であれば少女は普段は小学校に行き、週末は友達とダンスを練習するような可愛い女の子が、裏では冷酷な殺人者。というのを描きたいのだろうが、少女の闇の部分が薄っぺらすぎる。

少年少女の葛藤を描くのなら今ではいくらでも参考になるものがある。少年少女による殺人行為というと、現実に少年が存在する。少年兵というと無理矢理脅され、薬物などを投与され戦争の被害者としてフォーカスされることが多いが、復讐のために志願する者もいる。彼らは戦場で私達が想像する以上の残虐行為を行っている。以前、少年兵のドキュメンタリーで少年兵が〜人殺したと自慢げに語るシーンはどんなフィクションよりも興奮した。この漫画にそういうシリアスなものを要求するのは酷かもしれないが、おままごとを見せつけられているような気分になる。

復讐のきっかけとなる両親殺害事件、金平局長の詰めが甘すぎないか。わざわざサプレッサー付けて両親殺害してるのに、子供逃がすって意味分からんぞ。しかもあんだけ大人数で来といて強盗殺人は無理がないか、あとから来た仲間はサプレッサーも何も付けずに銃で撃とうとしてたし。辺りの住人からすればどう見ても不審だろう。主人公が両親殺される前からカッター持ち歩いてんのも意味分からん。

コッペリオンは廃墟と化した東京を行く女子高生をプロットに描き上げいた。この作品もこういう風景にこういう人物を描きたいというところから来てると思う。だから悪役がベタだとか、ディテールが下手とかはもうしょうがない。

絵柄は好きだが、シリアス調に向かない。

コッペリオンで「少年ガンガン」ないしは「コロコロコミック」であれば丁度いいというレビューを紹介したが今回もそう。
Amazonの高評価のレビューを紹介すると
展開は王道のクライムアクションで荒唐無稽ですが、その一方で圧倒的に読み易く、そしてテンポ良く物語が進んでいきます。ある意味、非常に漫画らしい漫画と言えるでしょう。昨今、ニッチ過ぎる題材や奇をてらい過ぎて失敗してしまっている漫画が多い中で、「これでいいんだよ、これで。」と思うような満足度の高い内容でした。
これでいいんだよ、これで。と言うのは前回のコッペリオンで紹介したレビューとほぼ同じ。これはもう作者がそういうものしか描けない人ということ。

痛快の王道アクションと見れば読める。変なシリアスシーンは描かないほうがいいかもしれない。逆に表も裏もなく、昼間のテンションで子供らしく無邪気に殺人行為すれば面白い。一般受けは絶対にしないだろうけど。
posted by クライシ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

僕たちがやりました

前回の「神さまの言うとおり」に続き金城宗幸原作の作品。元キングオブコメディの今野浩喜がドラマ出演ということで読んでみました。

まず1巻を読んでみた感想は古谷実作品っぽい。序盤の学生たちが歩いているシーンとかヒミズを連想させる。調べてみたところインタビューからも古谷実の影響を受けていることは明言している。
原作者が同じとはいえ「神さまの言うとおり」と明らかにテイストが違うので、作画の荒木光が大部分決めてるんじゃないかな、彼の作品読んだことないから分からんけど。

作画は昔の木多康昭と江川達也が時々混ざったような感じ。物語に合ってると思う。

罪悪感の描写はヒミズとは比較にならない、もちろんヒミズが上という意味で。警察官が罪悪感を植え付けるような脅しをかけるが、最終的に復讐に爽快感を感じた主人公がこんなことで悩むかねえ。こういう人たちの恐怖って罪悪感なんかよりも逮捕される恐怖だと思う。すでにそれは解消されているのでゲロゲロ吐きまくってる主人公と友人がよく分からない。例えば殺した相手が見ず知らずの他人や人違いとかなら分かるけど、最初から殺そうと思った人たちだからね。

市橋が真面目に予備校に通い、パイロットになる夢があったと語るシーン。蓮子の同情を引くための演技かと思ったら、自殺する前にトビオにもそのこと言ってるんですよね。真面目な話すると、国内でパイロットになるなら大学または航空大学行くか、自衛隊からの転職とかそういうルートを通らないといけないから底辺高校からは相当難しいんじゃないかな。何も考えていないやつという表現とすれば正しいが。

落ちはよかったと思う。こういう作品は下手に倫理的にいい話にしようとするから。ムカつくやつなら殺したいと思う感情は普通だし、それが実行できれば気持ちいいのは当たり前。だからこそ主人公の悩み方は変に見える。

ちなみに今野浩喜はパイセン役です。この漫画のキャラクターは様々な芸能人をモデルにしており、パイセンのモデルはレイザーラモンRGのように見える。
で、キングオブコメディファンにしか伝わらないと思うが、9巻の表紙が高橋健一にすごく似ている。シワの感じとか。トビオの10年後の姿だが、作中では全く似ておらず表紙だけ。この人物が誰なのか知りたくて読んだというのもある、残念ながら高橋健一とはなんの関係もなさそう。
posted by クライシ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神さまの言うとおり弐

今まで漫画に関する記事を書いたが、その中で最もつまらない漫画。もうこれだけでレビューが済んでしまいそうなくらい。

あらすじはある日突然ゲームに巻き込まれ、最終的に勝ち残った3人が神になって、なんやかんやあって最初の日に戻るという話。
前半はまだゲームしているが、後半はバトル漫画の要素が強くなる。ゲーム全体に言えるが内容がスカスカで、ルールもメチャクチャ。作者が作った都合のいいルールにキャラクターを乗せてるだけ、読者が考えて攻略できるものではない。原作者がちゃんと関わった上でこういう話作りをしたとしたら向いてないのではないだろうか。

次々と人が死んでいく展開は悪いと思わないが、キャラクターの掘り下げがほぼされていないので死んでもなんとも思わない。

序盤は特に顕著だが、絵やテンポがギャグ調なので寒い。最終的な展開を見る限りシリアスな方がいいと思うんだが、なぜ緊張感をなくすようなことをしているんだろう。

画力は特別低くないが、キャラクターの区別がつきにくい。それでも後半は随分うまくなったと思う。最後まで読む気になったのは作画のおかげ。

こんな漫画でもAmazonレビューだと絶賛なんだろうなと思い確認したが、1巻のレビューは3.1/5と評価は高くない。その他の巻もこれだけ話題になっている漫画にも関わらず低い。


デスゲームならGANTZを読めばいいし、謎解きなら嘘喰いでも読んでたほうがいい。
posted by クライシ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

惰性67パーセント

表紙が小奇麗だったので読んでみた。

内容としてはエロギャグ漫画と言った感じ、作者の紙魚丸はエロ漫画家でもある。
どことなく、がらくたストリートに似ていると感じた。がらくたストリートの作者もエロ漫画家である、ただ、がらくたストリートにエロ要素はほぼない。紙魚丸は連載前にがらくたストリートが面白いとツイートしており何らかの影響を与えた可能性もある。作者の他の作品を知らないので元々こういう作風になのかもしれないが。



具体的にどこが似ているのかというと、作者が知識をひけらかすという点。がらくたストリートはこれがメインで作者の嗜好がバンバン出ている。まぁ不正確な部分もあるので、体系的に知っている人からすればツッコミどころ満載だと思う、自分でもここおかしくね?と思った部分はある。

この作品でも同様にうんちくを語るシーンが多々ある。ただ、がらくたストリートであれば特定のキャラクターに言わせているが、この漫画ではそういった分け方はされていない。なので非常に不自然な会話をしているように見える。

この漫画をどのように愉しめばいいかというと難しい。ギャグの質が高いかというとそういうことはないし、気楽に読むものだろう。それこそ漫画のタイトル通りかもしれない。

作者はボードゲームが好きなようで、それに関連するような話もある。その要素をもう少し増やせば面白そうだが、そうすると作者が思うものと違うんだろう。

最後に。どうでもいいツッコミだと思うが吉澤みなみの身長・見た目からして体重が重すぎる。下手に絵が上手いので、妙な違和感がある。Amazonのレビューで女性キャラの体型にリアリティがあるとのコメントがあった。たしかにああいう体の女性は現実に存在するという意味でリアリティはあるのだが、大半はそうではないという。根本的に人の体が描けない漫画家が多いので、そういう意味でのリアリティ。
posted by クライシ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

善悪の屑

やたらと広告で見かけるので読んでみた。

話の内容としては犯罪被害者が反省していない加害者に復讐するというもの。基本はそれだけ。

実在の事件を元にストーリーを進めているが、描写がしょぼすぎるせいで犯罪行為に嫌悪感を感じない。この手の漫画であればもっとキツく描いて、復讐されてしょうがないという気持ちを起こさせるべきだろう。胸糞悪さがない。登場人物の島田が「ヒデェな」と言っているが、思考が先走りすぎとしか思えない。
この話の元ネタになっている光市母子殺害事件、女子高生コンクリート詰め殺人事件、尼崎事件、名古屋アベック殺人事件等ってエグく描こうと思えばいくらでもできるがそれがない。多分、この事件のWikipediaを読むほうが胸糞悪い。
漫画なんだからそれこそ現実を飛び越えたような無茶苦茶なことしたほうが良い。

で、やるならやるで徹底的にやるなら分かるけどこれも中途半端。にも関わらず島田が復讐のやり方にショックを受けてるのでこの人何がしたいの?って思う。今の時代、現実の拷問動画なんてのも見られるわけだし、漫画敵表現でいいからもっとキツく描いて欲しい。

勧善懲悪ものらしいが、犯罪行為も復讐行為も中途半端すぎてスカッとしない。
闇金ウシジマくんの1エピソード、洗脳くんのような流れがあれば面白かっただろう。
posted by クライシ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

聲の形

映画化してヒットしているようだし、完結したのででまたレビュー。前のレビューはこちら

以前は1巻だけ読んでのレビューだったので、自分の認識がかなり間違っていたことに気づいた。その間違いとは、この漫画においてヒロインが聴覚障害者であるということは大した意味を持っていないということ。つまり、この漫画の障害者像がおかしいウンタラカンタラは的外れだった。これが聴覚障害者ではなく、自分の気持ちをはっきり伝えられない少女に置き換えてもこの物語は変わらない。この物語のテーマは意思疎通の難しさであり、その象徴としてヒロインが存在している。

そう考えると、この漫画はどこにでもある1つの作品に過ぎない。聴覚障害者が出ているだけでこの漫画は変な注目を浴びてしまっているように思える。ただ、作者はそれを狙っていたと思う。
聴覚障害者を出したことがヒットに影響したか分からない、イジメっ子とイジメられっ子という構図が好きな人は多いから。だが、話題性では聴覚障害者を出したことが確実に影響している。本来なら、全く相手にしていない層である聴覚障害者からの反応を数多く貰っている。

物語については不自然な点はいくらでもあるが、漫画だから仕方ないと言えば仕方ない。それらを挙げて指摘しても重箱の隅をつつくようなもので、本質に迫ることはできない。ただやはり物語として自然な流れは重要で、読者が感情移入できるかどうかを左右する。全てが都合よく物語が進んでいるように思えるので、この点は荒いと感じる。
人物描写がリアルという触れ込みがあったがリアルなんですかねこれ。登場人物の反応がおかしいとしか思わなかった。

感動ポルノだとかいう批判があるが、自分はそう思わない。なぜなら、この物語において障害は主体ではない。そもそもどこに感動要素があるんだろう。

最後に、映画字幕の件で批判があったがはっきり書こう。多くの健常者にとって聴覚障害者に対する配慮なんてものはない。耳が聞こえる人からすると字幕は邪魔なのだ。私たちはこの映画を見たところで聴覚障害者に対して理解を深めようなんて思っていない、そんな批判を受けるような作品ではないのだ。

もし、聴覚障害者がテーマの漫画が読みたいなら遥かなる甲子園やわが指のオーケストラをお勧めする。
posted by クライシ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

聲の形

本当はもっとだらだら書いてたんだけど消したしまったので簡潔に書く。
聴覚障害者に対するいじめをテーマにしていることなど内容の際どさから掲載は見送られ、以降どこにも掲載されることはなく「幻の作品」となってしまったらしいがこの程度の内容でお蔵入りするとは。所詮、健常者目線から書いた強く美しい障害者像で今さらこの程度のことを書いただけで大きな反響を貰ったらしい。障害者に対するイジメは実際にあり得る話だがそれに対する障害者の描き方に違和感しか無い。同じ聾唖を扱った作品ならわが指のオーケストラの方がはるかに現実的で飲み込みやすい。
将也に対するイジメの描写も不自然極まりなく、周りの人間がただただ与えられた役割を演じているだけ。

障害者をネタに使った作品が少年誌で珍しいというだけで内容に関して優れていると思うところはない。これからの展開によるが障害者を出す理由が現時点で必要だと思わない、障害者の置かれている立場というものがリアルじゃないから。この話で感動したと書いてる連中の殆どは実際に障害者と接したことはないだろう、実際は硝子のように可愛く辛抱強い人のほうが稀。不細工で性格悪い女が同じことをされていたらこの話に感動なんてしただろうか。昔、障害者であろうと健常者と同様に接すると言う女がいたがヨダレを垂らして笑う知障を見た時の表情は本心を表してた。
イジメられる障害者がイジメの原因を全て障害の所為にして憎悪をまき散らしながら復讐する話でも描こうなら面白いと思うがこんなただただいい話描かれても何とも思わない。むしろ悪い障害者を描かなかった事は今まで通りの健常者と障害者は違うという感覚。
海外ドラマGleeを見てるとダウン症にスポットライトを当てたテーマでもないのにダウン症が普通に出て来る。日本であれば障害者を出すにしても本物ではなく役柄でしか無い。そして出すにしてもGleeのように意地悪な役柄を与えられることもないだろう。
posted by クライシ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

刻刻

岩明均が帯びて書いてたから、これ七夕の国のオマージュかと思った。確実に岩明均の影響は受けてる。
新人にしては良く描けてると思う。画力はそれほど高くなく、人物の描き分けも若干いい加減だががシーンによって描き込み量が多いから話の内容に合って重みがある。キャラクターも自然な動きをしていると思う。
1巻を読んだ感じだと家族がテーマだと思ったが5〜6巻になってもあんまり踏み込んだ描写が出てこない。殆ど方向性は決まっていると思うから今の展開をダラダラ続けずにキチンと落とさないと評価が下がるだろう。
話とは関係ないが会話中でモノの例えがおかしいのが気になった。それに時が止まるという不自然な状況において無理矢理理由付けしようとしてるのが気持ち悪い。
評価されている漫画だけど特に目新しさは無い。
posted by クライシ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
世界陸上2017(男子) by り (08/11)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/07)
カテゴリ