最近の記事

2017年10月01日

キングオブコント2017

http://www.king-of-conte.com/2017/

わらふぢなるお
トップバッターになってしまい運は悪いが、中盤にいてもあまり点数は変わらなかったと思う。
彼らを認識したのは2010年のザ・エンタのニコニコカーペットでドーピングのネタ。当時結成してまだ1年経っておらず、しかもドーピングは初めて作ったネタ。彼らはこのネタでオンバトに出場し505キロバトルを記録。その後はネタ番組がほとんどなくなったことで見ることはなかったが、キングオブコント決勝で見ることになるとは。
他のネタを見たがどれも悪くない。もし今オンバトのようなネタ番組があればそこそこの成績を残していたと思う。
ふぢわらが自分たちはラバーガールに似ていると言っているのを聞いて驚いた。彼のボケは富澤や板倉に似ており、ツッコミは伊達に似ていると思う。それにラバーガールにわらふぢなるおのような狂気をあまり感じない。けど、キングオブコントのネタは確かに似てるといえば似てるかも。

かまいたち
1回目、2回目ともに落ちが決まってないが、彼らはこういうコントが多い。前回大会よりは絶対良かった。
元々漫才で頭角を現したコンビで結成2年目の2005年M-1で準決進出、その後も決勝進出予想に何度も名前が挙げられたが結局決勝進出できなかった。ただ、現行のM-1の出場資格を満たしているので、もしかすると今年行くかもしれない。
優勝は嬉しいが、キングオブコメディやバイきんぐが優勝したときのような感慨深いものがない。ネタが悪いわけではないが、にゃんこスターとの対決というのは可哀想としか思わない。もしあれで負けてしまったらもう今のネタ番組には何も期待できない。かまいたちには今よりもお笑いが盛んだった時期に優勝してほしかった。

さらば青春の光
こういう彼ららしいコントは好きだけど、もうこのらしさではどうにもならないんだろう。ただの決勝常連になってしまった。審査員が固定である以上、彼らが優勝するには他のコンビがクソつまらないコントをする以外に方法はない。しかし今回、にゃんこスターにも負けてしまっているのでこれは絶望的。

この大会、惰性でやってる感じが半端ない。4年くらい前は誰が勝つかという緊張感があった。応援しているコンビが優勝しても何も思わなくなってしまった。
posted by クライシ at 23:59| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

2016年09月21日

キングオブコント2016

http://www.king-of-conte.com/2016/

相変わらず、最近はネタ番組を見ていないので準決に残るような芸人も分からなくなってきた。
決勝進出者を知ったのも発表から2週間近く経った今さっき。

この面子で期待したいのはかまいたち、タイムマシーン3号、ジグザグジギー。かもめんたるも好きだが優勝してしまった今、特に期待していない。

かまいたちはM-1でも決勝進出できる力があるコンビで漫才も上手い。これという代表的なものを挙げることはできないが、どれも面白い。有名どころはホームルームのネタ。
大阪よしもと芸人だが癖はそれほどなく、分かりやすいので大衆に受けると思う。

タイムマシーン3号は元々コントをやっていたし、2010年と2012年キングオブコントで準決勝進出している。ただ2013年以降エントリーせず。実力はあるのに勿体無いと思っていたところ、今年はエントリーし決勝進出。
今どんなコントをしているのか知らないので、とりあえず見られればいいかなと言う感じ。最近の漫才はあまり面白いと思わないので個人的にははまらないと思う、それでもタイムマシーン3号好きなので決勝進出は嬉しい。

ジグザグジギー、前回決勝進出した時は明らかにネタ選びをミスったと思っている。
ネタの基本的な流れはどれも同じでしつこいが、池田の秀逸なツッコミでそれを飽きさせない作りとなっている。一時期、若手芸人がこのスタイルを模倣したことがあったが、あの独特のワードセンスは他のコンビでは真似出来ない。ただスタイル的に優勝はないだろう。

準決勝に進出したジュリエッタは井尻貫太郎と藤本聖のコンビ、藤本は元ソーセージ。で、元ソーセージのアキナも準決勝進出。アキナは犯罪起こしたわけでないのですぐに結果を残したが、まさか藤本もここまで上がっていたのは驚き。
posted by クライシ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

「キングオブコメディ」の高橋健一を逮捕 女子制服を盗んだ疑い

http://news.livedoor.com/article/detail/11000870/

ショックもあったが笑ってしまった。20年間もやってバレないのもそうだが何食わぬ顔でメディアで喋ってたのも凄い、もう日常の一部のような感じだったんだろうな。こんな形でキンコメが終わるとはな、高橋が死ぬとかいうシチュエーションは考えたことあったが。
posted by クライシ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

M-1グランプリ2015

http://www.m-1gp.com/

応援していたスーパーマラドーナとタイムマシーン3号が落ちた時点であまり興味がなかったがタイムマシーン3号はあんなネタで上位に入るのか。5年前、1度M-1が終わった時にトータルテンボスが「なぜ毎年タイムマシーン3号がM-1決勝に行けないのかわからない。スベる訳がない」と語っていた時の方が面白いと思った。ただ今のタイムマシーン3号が他にどんなネタをしているのか分からないので他のネタも見たかった。この2組は今年が最終年になるのかな、応援しているコンビは2000年前後が多いから今後あまり楽しめないかもしれない、それにネタ番組を見る機会がないから若手にどんなのがいるのかよく知らない。
ジャルジャルは最終決戦、と言うか優勝の可能性も高いと思ったが同じテイストのネタ2本やるのか。最後の3組ならトレンディエンジェルが一番良かったと思う。
結局敗者復活したコンビが優勝したということは準決勝の審査と決勝の審査が違うということだな。キングオブコントでもそうだったがそこが改善されないとまだ決勝に来るべきコンビが多くいるということになる。

正直この感じだったらTHE MANZAIの方がいい、元々結成年数に制限のあるM-1はあまり好きではなかったがキングオブコントの時も書いたように採点方法に問題がある、結局最終決戦は投票でやってるわけだしね。そしてもうタイムマシーン3号や磁石といったコンビがこういった大会で見られないっていう。タイムマシーン3号は最終決戦に残ってたら優勝出来たんじゃないかな、たった3点足りなかった。
いろいろネット見てみるとどうやらM-1しか見ない人たちはタイムマシーン3号がデブネタしかしないと思っているらしい、逆に今回なんでデブネタしてんのってくらい数年前まで全然してなかったのに。
posted by クライシ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

M-1グランプリ2015 決勝進出者

http://www.m-1gp.com/schedule/

ナイツ、入らなかったのは意外、別に好きと言うわけではないがいつも通り来ると思った。安定して面白いとは思ってるので。準決勝はどんなネタしたのか知らんが準々決勝は今までとは少し違うテイストだった。
ハライチ、今まであまり気にしてなかったけど準々決勝のネタは好きだな。
馬鹿よ貴方は、3回戦はうーん、準々決勝はよくやったなという感じ。準決勝はどんなネタしたんだろう
ジャルジャル、前は人気だけが先行してるって感じで嫌いだったが今は悪く無い。コントとかと一緒で展開は同じだが。
スーパーマラドーナ、ネタはオーソドックスだけど好きなコンビが上がってよかった。
タイムマシーン3号、好きなコンビだけどこのネタで上がるのか。3回戦、準々決勝の動画見る限りあまり面白くない。こんなもんじゃないと思うんだけど。そして今頃になって関が結婚したことを知った。

以下は決勝に来れなかったけど気になったコンビを準々決勝の結果が出た時点で書いたもの
さらば青春の光、まぁキングオブコントで最下位だったので漫才の方で結果を出して欲しい。漫才と言っても完全にコント漫才だが今更そんなことはどうでもいいだろう。
かまいたち、前M-1時代はいつになったら決勝行くんだろうと思っていたが結局行けずTHE MANZAIでも認定漫才師止まり、そろそろ来ていいんじゃないか。
学天即、THE MANZAI決勝だと微妙な空気になるが予選の感じは悪く無い。
磁石、準決勝さえ来れないか。THE MANZAIでは去年4位なんだけどな。自己紹介の前に小芝居やっていたが昔の磁石っぽいなあれ、個人的にはどうかと思う。ネタの雰囲気も昔から変わってない、これが好きなんだけど全く売れる気配がない。
三拍子、元々不安定だったから仕方がないか。去年はTHE MANZAIで決勝に来れただけ良かった。
流れ星、今の流れ星なら仕方ないと思う。
ザンゼンジ、3回戦敗退。そもそも準決勝進出の期待すら微塵もなかったがこんな漫才するのかという確認、思ったより面白かった。
posted by クライシ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

キングオブコント2015

前半2人は見逃し、なんというかもうお笑いにアンテナ張る気がないということで今日あることに気付かなかった。なのでさらばから

1回目
さらば青春の光
さらば好きだが審査員のいうことはよく分かる。突っ込みの言葉は好きだな
コロコロチキチキペッパーズ
特にまあ普通のコント、前半から盛り上がっていた。ただ面白かったっていうのはまあその通り。設楽もこういうので高得点出すんだな
うしろシティ
オチが下って印象悪いんだろうなと思ったが無難な点数。まあオチだけでどうこうならないだろうし全体的に面白くもなく長く感じた
バンビーノ
うん、こういうのが高得点だろうなと思った、糞つまらなかったけど。M-1見てる気分
ギース
最初見ててヒヤヒヤしたわ、ああギースらしい。確かに笑う所は少ないけどギース好きなんで落ちてもどうでもいい、個人的には一番面白かった。ギースが向かおうとしてる方向性がもうこういう大会に合わない、よく決勝来れたな、要するに準決と決勝が全く評価基準が別ということなんだろう。全然関係ないけど死役所見てモデルが即ギースと気づいた。
ロッチ
これでギース終わったなと思った。まあ普通。
アキナ
期待してたけど微妙だな〜、もうダメだと思った。松本が点数刻むしか無いなと言ってたがこうなるから100点満点はダメなんだよ。どうせ50点なんてつけること無いから無駄だし最大18点差付ける人もいれば6点差付けない人もいるので比較できない。
巨匠
ネタは別に面白いと思わなかったが好きなので行って欲しかった、まあしょうがない。

2回目
ジャングルポケット
かもめんたるもこういうネタあったな、うん
藤崎マーケット
書くことがない
バンビーノ
あー高得点とるんだろうなぁ、1本目よりよかっただけ。練習量とか採点においてどうでもいいわ。ジャングルポケットが来年はリズムネタで勝負やって言ったのは皮肉みたいなもんだろうな
コロコロチキチキペッパーズ
まもって守護月天にびっくりしました
ロッチ
普通にやっとけば優勝なのに何やってんの、これはもう何も言えない

2回見る気になったのはコロコロチキチキペッパーズの1回目とギースだけ。

採点方式問題
見るまで採点方式が変わったことを知らなかった、この審査の問題は上でも書いた通り。審査員はそれぞれの比較が出来ればいいわけだから100点もいらない。例えば設楽は最大で6点差しか付けていないが三村は18点差もつけている。ある審査員が思いっきり点数を落とせば他の審査員がよいと思っても十分影響するわけ。そんなに低い点数付けるわけ無いと思うなら最初から100点満点にする必要がない。というか100点配点あんのに3人タイが出てる時点である数値以下は書く気無いよな。
審査員が上位5人を選んでいるという視点で見ると三村が選んだ上位5人はそのまま、つまり点数差一番つけてる人がの影響があるってことだな。ちなみに三村は5位と6位の差を8点と明確に差をつけている。
設楽は4位タイでアキナとさらば青春の光、日村は4位タイで巨匠、大竹は5位に巨匠、松本は5位にアキナを選んでいる。5位と6位との差を見ると設楽が1点、日村は4位タイが3人いるので実質0点、大竹は1点、松本は2点なので上位5人は三村で決まっていると言える。それぞれ点数差を無視して最低点を1として順番を割り振り合計した場合5位に入るのはアキナになる。1回毎に採点するんじゃなくて最後にまとめて審査員が良かったと思う順番で振った方がいいと思う、どうせメモあるから1回毎の評価はそこで書けばいい
今までの採点方法でいろいろ文句行ったことあるがこの採点方法が一番公平性がない、もし芸人に採点させないという方法を取るならTHE MANZAIのような投票制にするべき。今までの方法を踏襲するなら一人あたりの点数を減らすか○か☓で決めるのがいいと思う。誰もが納得する採点方法は無いと松本は言ってたがわざわざ客観性を欠く方法を取る必要はないだろう。
もう一つ書きたいのは明らかに準決の審査と決勝の審査のテイストが違うということ。この5人が審査したらさらばやギースは決勝来れなかっただろう。逆に準決の審査員が決勝にもいたら2回目に進出していたかもしれない。準決を通るためのネタが決勝で通用しないのでは何のための予選なのか分からない、将棋の大会で予選は囲碁してるようなもの。

他に書くこと無いが2chのレスでも載せとく、アフィやってないので問題ないと思うがどうだろう。



今回見てて思ったけどたぶん普段ネタ見ない人って、4分でストーリー見せる系のネタ理解できないと思う

本当に盛り上がらない大会だったな

なんかエンタ見てる気分にしかならないな

なにがキングオブコントだよ。
審査員から予選で決めた方がいんじゃねーの。

去年とテイスト変わりすぎ
ジギーの握力でもいけたんじゃないか

もうダウンタウン以降のブラック、シュール、尖ったネタが良いという価値観の時代は去って
完全に楽しい ベタ リズムみたいな時代になったのかな

この板で今年はレベルが高いって言ってたマジで奴等なんなの?と思うけど会場の客層がそこらへんの女子高生連れてきたような感じだからなんとも言えんな。

わざわざ決勝観覧来る割に全然お笑い好きっぽい反応はしないよなw>客

去年のTHE MANZAI並みに客層にイラつくわ
ほんとベタなやつしか笑わないし

素人の女より芸人の方がいいよ 客は
準決勝の客でウケてたコンビが軒並みスベってるし
どうしろって言われたらわからんないけど
もうちょい準決勝と決勝で統一性欲しい
やっぱ知名度って大事

せめて決勝と準決勝の客層は合わせないとこういう雰囲気になるでしょ
見事に審査員の好みでてるな
posted by クライシ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

「THE MANZAI」 博多華丸・大吉が圧勝!4代目王者に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141214-00000115-spnannex-ent

Aグループ
・2丁拳銃
酷いということはないがコンテストで見るネタじゃない、これを芸歴20年以上のコンビがやってるとなると更に何とも言えない。
・エレファントジョン
エレファントジョンがここにいるだけでも違和感ある、どうでもいいけどこれで現役で残ってるBIG4全員コンテスト決勝に残ったのか。勝手に失敗すると思ってたけどいつも通りの出来、芸風は変わってない。
・アキナ
展開は読みやすかったけど面白かった、こういう掛け合いが好きだな。ソーセージ時代はコントしか見てなかったが漫才も良く出来てる。
・磁石
ラジオパーソナリティのネタは見たことあるけどいい具合に変わってて良かった、ただ佐々木のツッコミが少し気になる。相変わらず悪くないが決勝までは行けない、つーか一票も入らないんだな。

Bグループ
・トレンディエンジェル
キャラ芸で下らねーけど好きなんだよな、つかみのネタ何回も見てるけど。ネタはハゲを織り交ぜてるけどテンポもいいし分かりやすい。
・馬鹿よ貴方は
絶対に評価低いと思ったけど個人的に一番受けた、ツッコミが素人くさいのも逆に面白い。調べてみたら新道は鬼ヶ島和田とJCA時代同期だから結構な芸歴。漫才と言うよりまんまコント漫才だったからKOCもこれからいい線行きそう。
・囲碁将棋
何でこんなネタをやったのか全く分からない、下ネタが露骨なのはあまり評価されないしそもそも面白くなかった。
・学天即
個人的には今までの決勝で一番良かった、これでもダメなんだな。一票だけでも入ってよかった。

Cグループ
・和牛
4分でこんなネタやるのか、逆に4分という短い時間だからこそ中弛みしなかったのかもしれないが。
・博多華丸・大吉
これが博多華丸・大吉の漫才という漫才。2丁拳銃と同じく芸歴20年以上のコンビだが明確に違う、2丁拳銃のネタは別に2丁拳銃じゃなくても出来るようなもの。
・ダイアン
もっとつまらないと思ってたが普通の漫才だった。
・三拍子
好きなネタではないが票も割れて結構評価されてた。M-1で決勝行けなかった時もう無理だと思ったがここまで来れた、また盛り返すかも。

一般的には博多華丸・大吉の優勝が一番納得行く結果だろう、若手芸人は今回運が悪い。M-1復活が決まっているからこれからTHE MANZAIはどうなるんだろう。好きな芸人はもうほとんど芸歴10年超えてるし10年未満で面白い芸人をあまり知らない。
posted by クライシ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

THE MANZAI 決勝大会進出者11組&ワイルドカード決定戦進出者9組発表!

http://www.themanzai.com/

キングオブコントに比べると知っているコンビが多い、馬鹿よ貴方は以外は全部見たことある。この中で誰が優勝しようと特に驚きはないな、磁石とかトレンディエンジェルとか囲碁将棋でも。
posted by クライシ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ