最近の記事

2013年06月10日

LEMAITRE SPRINGS A SURPRISE IN RABAT – IAAF WORLD CHALLENGE

http://www.iaaf.org/news/report/lemaitre-springs-a-surprise-in-rabat-iaaf-w1

クリストフ・ルメートルが9秒98(+2.9)を記録。
追い風参考の割にタイムは良くないがガトリンに勝ったのは驚き。ガトリンは10秒02だった。後半強い選手だがここまで後半に偏ってる選手は珍しい。前半が遅すぎる。ガトリンは連戦で疲れていただろうが今季無敗でしかもボルトにも勝っている選手だからそれに勝ったのは凄い。100mのシーズンベストはまだ10秒17とA標準を切っていない。まだレースに出るだろうしフランス選手権で出すだろうけど
ラベル:屋外
posted by クライシ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

Silva and Malchovski Shines in Hengelo

http://www.watchathletics.com/article/5602/silva-and-malchovski-shines-in-hengelo/

Piotr Małachowskiが円盤投で71m84の世界歴代5位。今季はダイヤモンドリーグで68m19を出していたが特に好調のようには思えなかった。自己ベストを2m以上更新。内容は65m53,F,F,67m73,71m84,Fでこの記録だけが突出している。もしかしたらファールした投擲に良いものがあったかもしれない。

Yarisley Silvaが女子棒高跳で4m90の世界歴代3位。今季は好調で室内では自己ベストを3回更新、屋外でも初戦で4m81を跳び1ヶ月後に4m85の自己ベスト。それをさらに上回った。今季4m80以上の跳躍は全て1回目で跳んでいる。今回の4m90も1回目で成功。5mに上げたが全て失敗。
2011年から頭角を現し世界陸上では自己新の4m70で5位、去年の五輪も自己新の4m75で2位。伸び盛りだから今年の世界陸上は強そうだ。4m90という記録を持ち、世界大会で自己ベストを出せる選手だから優勝候補筆頭だと思う。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

2013 IAAF World Challenge Beijing

http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-challenge-meetings/2013/2013-iaaf-world-challenge-beijing-5195

男子100m +0.1
ジャスティン・ガトリンが9秒91のシーズンベストで優勝
2位はマイク・ロジャースで9秒96のシーズンベスト
3位は蘇炳添で10秒06のアジア歴代7位
ガトリンは少しずつ調子を上げているみたいだ。本来は前半も抜けてるはずだけどこれはロジャースが良いのかガトリンが悪いのかわからない。9秒8台のレースなら中盤でロジャースは置いていくと思う。
ロジャースはアメリカ以外での最高記録。ユージーン以外でほぼ無風の中この記録はいいと思う。前よりは強くなっている。パットンが怪我したからディックス、ベイリーが調子上げない限りは代表になれるだろう。
蘇は今季自己ベストは出せるだろうと思ったが0.1秒の更新は驚いた。張培萌の10秒04に刺激されたんだろう。張は今回10秒09で5位と再び10秒0台を出している。ロンドン五輪の時も思ったが蘇の走りは直ぐに上体が上がって後半持たないような走りなんだけど、これでも10秒06も出せるんだな。しかも+0.1というほぼ無風状態だからアベレージが上がれば9秒台も夢じゃないだろう。

男子110mハードル +0.3
デビッド・オリバーが13秒16の今季世界最高記録で優勝
2位はドワイト・トーマスで13秒44
3位はジェイソン・リチャードソンで13秒48
ここ最近パッとしないオリバーだが今回は良かった。タイム自体はそれほどなんだけど2位に大差つけてリチャードソンにも勝ってるのはいい。今季は5月になってもタイム出してる選手が少ない。去年は劉翔、メリット、オルテガが13秒10を切ってたし、2011年、2010年も5月時点では誰かが13秒10は切ってた。メリットが今季まともに走れてないのがな。08年のロブレスや10年のオリバーみたいになるのか。オリバーが今季12秒台で走ればいいんだけど。

男子走幅跳
Jinzhe Liが8m31(+0.1)で優勝
2位はIgnisious Gaisahで8m13(0.0)のシーズンベスト
3位はNgonidzashe Makushaで8m04(+0.2)のシーズンベスト
この前8m34を出したばっかりのLiが今回も8m31の好記録で優勝。前回も地元での記録なので海外だとどのくらいの記録が出せるか気になる。今の走幅跳は8m30跳べばメダルが取れる。ただ不思議なことに北京五輪、ロンドン五輪よりもその間の世界陸上の方がレベルが高くなってる。だから今年も去年の五輪よりはレベルが上がるような気がする。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

セイコー ゴールデングランプリ陸上 2013東京

http://www.jaaf.info/hp/zen13/01/kyougi.html

男子100m -1.2
マイケル・ロジャースが10秒19で優勝
2位はデリック・アトキンスで10秒24のシーズンベスト
3位は桐生祥秀で10秒40
ロジャースが勝つと思ったがタイムが向かい風ということもあり良くなかった。今までロジャースの走りを意識してみたことなかったが結構綺麗だった。
桐生は後半の走りがかなりバタバタしててあまり良くなかった。10秒01を出した時の同じ走りならもう少しタイムが良かっただろう。高校生としてみれば十分。
ロジャースと身長はあまり変わらないが足の長さが違うからかストライドが全然違う。ロジャースは世界トップクラスの選手ではないが全米で4位に入る実力者なのでこの選手と走れたことはいい経験になったと思う。
世界陸上に出場したいと言っていたがインハイ回避はしないような気がする。種目を100mに絞って出るとかしないと世界陸上に出場するのはスケジュールがきついだろう。

男子やり投げ
村上幸史が81m16で優勝
2位はStuart Farquharで78m81
3位はHamish Peacockで78m05
村上は今回も3投目以内に80m以上を投げた事は評価できる。去年の五輪は残念だったが今年の世界陸上では決勝進出してほしい。実力的には可能だから。
ディーン元気は76m03で6位。あまりいい風が吹いてなかったから記録を期待していなかったが相変わらず悪い。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAMAICA INTERNATIONAL INVITATIONAL MEET 2013

http://jainvite.com/results2013/

男子100m +0.2
タイソン・ゲイが9秒86の今季世界最高記録で優勝
2位はネスタ・カーターで10秒03のシーズンベスト
3位はダービス・パットンで10秒07のシーズンベスト
ゲイは今季100mの初戦。スタートはいつも通りであまり良くなく、カーターが50m〜60mまで先行していた。後半追い上げ差をつけゴール。ゲイの100m初戦の最高記録。五輪後で少し衰えると思ったがこの具合だと今季9秒7台を出せそうな気がする。どういうわけか髪型が変わって髭が伸ばしっぱなしだった。
パットンは今季10秒切れそうな勢いだったと思うがあまり記録が出なかった。10秒07は好記録だけど向かい風2.0mで10秒09を出しているので物足りない。

男子200m +0.3
ニッケル・アシュミードが20秒00の今季世界最高記録で優勝
2位はウォーレン・ウェイルで20秒14
2位はウォーレス・スピアモンで20秒32
アシュミードは去年五輪代表にはなれなかったが3番手に位置していると思う。世界陸上の代表にはなれるだろう。ジャマイカはボルト、ブレークを除いても19秒84のウェイル、19秒85のアシュミード、19秒86のヤングと強い選手が揃っている。

女子100m 0.0
ベロニカ・キャンベル=ブラウンが11秒01で優勝
2位はケリー=アン・バプティステで11秒06
3位はCarrie Russellで11秒08
キャンベルは今季100m初戦。200mは追参で22秒18で走っていたし調子は悪く無いだろう。バプティステも初戦のタイムとしては悪くない。

女子200m +0.5
シェリー=アン・フレーザー=プライスが22秒38のシーズンベストで優勝
2位はケロン・スチュワートで22秒71のシーズンベスト
3位はシェローン・シンプソンで22秒83のシーズンベスト
フレーザーは去年五輪でメダルを取っただけあって強い。200mもここまで強くなるとは思わなかった。今年の世界陸上は100m、200m共に出場するんだろうか。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

18 year old Luguelin Santos age gruop record 44.45 (PB, NR) 400m FBK Games Hengelo 2012

http://www.youtube.com/watch?v=ysJqybuauM8

Luguelín Santosが44秒45の世界ジュニア歴代3位を記録。去年やっと歴代2位の44秒66がキラニ・ジェームスの44秒36になったがそれに迫る記録。18歳年齢別最高記録は去年ジェームスがテグで出した44秒60だからそれを越えた。世界ジュニアは出るかな。出るなら大会記録が44秒66なので何とか越えてほしい。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

51th Ostrava Golden Spike Ostrava (CZE)

男子100m -0.8
ウサイン・ボルトが10秒04で優勝
2位はキム・コリンズで10秒19
3位はダービス・パットンで10秒22
ボルトが予選以外で10秒台を出したのは最近では09年のトロント。ただその時は流し気味だったし雨も降ってた。ちょっと五輪まで不安になるな。またすぐヨーロッパ転戦するだろうからそこで不安を払拭してほしい。

男子200m -0.3
ウォーレス・スピアモンが20秒14で優勝
2位はマービン・アンダーソンで20秒41のシーズンベスト
3位はMicheal Mathieuで20秒45
初戦で19秒台出したけどそれ以降はなかなか伸ばさないな。まぁ20秒14っていうのも悪くはないんだけど。スピアモンは大会で一気にタイム出すようなことは無いから普段のグランプリレースでのタイムを期待してしまう。

男子400m
ラショーン・メリットが45秒13で優勝
2位はLuguelin Santosで45秒76
3位はNery Brenesで45秒84
こっちもタイム悪いな。サントスは300m地点まではメリットについてたけど後半は流石に離された。メリット以外には最近負けてないな。ジュニア選手が国際グランプリで上位につけるのはすごい。
3位のブレネスは室内で好記録出したし、200mで自己新出したけど屋外400mがまだタイム伸ばせてないな。多分、段々上げてくると思うけど

男子棒高跳
ルノー・ラビレニが5m90の今季世界最高記録で優勝
2位はKarsten Dillaで5m72のシーズンベスト
3位はSteven Lewisで5m72
ラビレニは毎年好記録出すけどその記録が大会で出ないんだよな。大会で自己新出す奴がいるからラビレニもSBは出せないと優勝は難しい。5m90を一発で飛べれば十分優勝できる。今年はどうなるかな。Björn Ottoが室内で5m92の自己新出してるし屋外でも5m82の今季ランク2位だからこの辺りが大会で決めてくると難しいな。

男子ハンマー投
クリスティアン・パルシュが82m28の今季世界最高記録で優勝
2位はPaweł Fajdekで80m36の自己ベスト
3位はアレクセイ・ザゴルニーで78m40のシーズンベスト
パルシュは調子いいな。自己ベスト近い。去年は少しの差で金を逃したから取りたいだろうな。今の所パルシュより投げそうなのは居ないし。ただ本番で投げられるかどうかだな。アテネで5位、北京で4位と来てるからメダルは取りたいだろう。

女子ハンマー投
ベティ・ハイドラーが78m07のシーズンベストで優勝
2位は張文秀で76m99の世界歴代6位
3位はアニタ・ヴォダルチクで74m81
ハイドラーはセカンドベスト。79m42は突出した記録だったけど段々埋めていくかな。もしかしたら更新するかもしれないけど。張文秀は今季絶好調だな。77mまであと少し。この感じだとメダルもとれそうだな
ヴォダルチクはベルリン以降パッとしないな。今年はミアンコワ、ハイドラー、リセンコ、張文秀の戦いになりそう。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 15:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

Colorful Daegu Championships Meeting 2012

男子100m +0.3
ジャスティン・ガトリンが9秒93で優勝
2位はマイク・ロジャースで10秒06
3位はJacques Harveyで10秒16
この面子だとガトリンが勝つな。もう04年近い力はありそうだな。
ロジャースは今年厳しいかな。09年もディックスとかが居なかったから勝てただけで9秒台を安定的に出す力はないからな。3人となるとゲイ、ガトリン、ディックスかな。ただゲイは今年全くどうなってるのか分からないからまた怪我で消えるかもしれんな。

男子400m
キラニ・ジェームスが44秒72のシーズンベストで優勝
2位はレニー・クオウで45秒65
3位はカルビン・スミスで45秒70
初戦のタイムとしてはいいかな。まだシニア1年目だから初戦で44秒台は期待できる。とりあえず44秒台前半を出してほしい。

男子4x400mリレー
日本が3分01秒04のシーズンベストで優勝
2位はオーストラリアAで3分01秒58のシーズンベスト
3位はオーストラリアBで3分07秒29
この記録はパフォーマンスで日本歴代3位。接触があったからもう少し早くなるだろうな。アテネ五輪以降決勝に行けてないから行ってほしいな。タイムも決勝に行けるかどうかのところだし。その前に出場出来るかどうかだけどこれだと行けそうだな。今10番くらいかな。

女子ハンマー投
ベティー・ハイドラーが77m24のシーズンベストで優勝
2位はタチアナ・リセンコで76m14のシーズンベスト
3位は張文秀で75m68
レベル高いな。今年のハンマー投げは期待できそう。去年はハイドラーが大会で良くなかったから今回はしっかり決めてほしい。知らなかったけど張文秀は小さいころからレベル高かったんだな。15歳の頃にエドモントンに出て11位だった。今季すでに75m72のアジア記録。今回はそれに迫る記録。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 16:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

JAMAICA INTERNATIONAL INVITATIONAL 2012

男子100m +1.8
ウサイン・ボルトが9秒82のシーズンベストで優勝
2位はマイケル・フレイターで10秒00のシーズンベスト
3位はレローネ・クラークで10秒03のシーズンベスト
初戦の記録は今までで一番いいな。ボルト以外は普通のタイムだな。ボルトも追い風のおかげでこのタイムが出たようなもんだからいつも通りで特に好調ってわけでもないだろう。
デクスター・リーが走ってたが10秒15で8位だった。シニア2年目の今年はどうなるかな。9秒台に突入してほしいが

男子200m +1.1
ヨハン・ブレイクが19秒91の今季世界最高記録
2位はニッケル・アシュミードで20秒09のシーズンベスト
3位はWarren Weirで20秒21の自己ベスト
ブレイクは自身4番目の19秒台だな。去年はシーズン序盤の200mは20秒3台だったからかなり慣れてきた感じがするな。ただ100mからすれば200mの前半はもっとリードしてていいと思う。後半もかなり強いから問題ないけど。アシュミードもいい記録だな。今年も19秒台出しそう。

110mハードル +1.0
Hansle Parchmentが13秒19の自己ベストで優勝
2位はロニー・アシュで13秒20のシーズンベスト
3位はAntwon Hicksで13秒36のシーズンベスト
Hansle Parchmentは知らない選手だけど去年13秒24で走ってた。ジャマイカ記録がドワイト・トーマスの13秒15だからかなり近いな。90年生まれでまだ若い。国際大会の実績は10年のコモンウェルスゲームズで5位、11年ユニバシアード優勝。アシュは割と有名な選手だからそれに勝ったのはいい。タイムもいい。これから期待できる選手だな

男子400mハードル
バーショーン・ジャクソンが48秒73で優勝
2位はジェフエ・ゴードンで48秒98のシーズンベスト
3位はジャスティン・ゲイモンで49秒08のシーズンベスト
ジャクソンは初戦から好記録出してたし調子良さそう。バテないといいけど。去年は世界陸上期待してたけどメダル獲れなかったし。ゴードンは去年よりはよさそうかな。ベルリンで見たときはシニアで一気に47秒台突入すると思ったけど自己ベストすら更新できてない。110mハードルの方は自己ベスト更新したから悪くはないと思うけど

女子100m +1.0
カルメリタ・ジーターが10秒81の今季世界最高記録で優勝
2位はケリー・アン・バプティステで10秒86のシーズンベスト
3位はケロン・スチュワートで10秒90のシーズンベスト
去年もジーターはこの大会に出て10秒86(+1.9)の好記録だった。その時より風が少ない中タイムもいいから今年も期待できるな。10秒6台を五輪で出してほしい。五輪記録がジョイナーの10秒62、もし追い風公認ギリギリで最高の走りが出来れば抜けないことはない記録だろう。

女子400m
ノブレーン・ウィリアムズ=ミルズが49秒99の今季世界最高で優勝
2位はサーニャ・リチャーズ=ロスで50秒11のシーズンベスト
3位はクリスティーン・オールグーで50秒93のシーズンベスト
ウィリアムズの記録は初戦とは思えないくらい速いな。09年以降49秒台出してなかったけど復活してきたな。リチャーズのタイムも十分速い。五輪のメダルは取ってほしいが今年はどうだろう。去年は調子悪そうだったけど今年は序盤から記録出してる。21世紀最速のタイム持ってるから五輪では金を取ってほしい。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

Melbourne Track Classic 2012

http://www.iaaf.org/Mini/IWC12/Results/ResultsByEventIWC.aspx?/eventcode=4946/index.aspx

男子100m 風速不明
Isaac Ntiamoahが10秒35の自己ベストで優勝
2位は江里口匡史で10秒46のシーズンベスト
3位はAaron Rouge-Serretで10秒47
江里口初戦の記録としては悪くないかな。毎年こんなもんだと思う。後藤乃毅は予選8位で決勝に残れなかった。向かい風2.6mとはいえ11秒08は遅すぎるな

男子800m
デイヴィッド・レクタ・ルディシャが1分44秒33のシーズンベストで優勝
2位はJeffrey Riseleyで1分45秒62のシーズンベスト
3位はLachlan Renshawで1分46秒06のシーズンベスト
去年と一昨年も同じ大会で走ってたて1分43秒台だった。今回もそのくらいのタイムで走ると思ったんだが。まぁそんなに悪いタイムでもないし今季屋外世界最高。

100mハードル
サリー・ピアソンが12秒49の大会記録で優勝
2位はYvette Lewisで13秒22のシーズンベスト
3位はHayley Butlerで13秒47のシーズンベスト
この時期にこのタイムはとんでもなく速いな。すでに12秒66出してたけどここまで出すか。自己4番目のタイム。100m、200mも走ってんのに凄いな。ピーキング合えば世界記録も可能かもしれん。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ