最近の記事

2016年05月14日

JAMAICA INTERNATIONAL INVITATIONAL 2016

http://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/jamaica-international-invitational-5874/timetable/bydiscipline

男子100m +1.0
ケマー・ベイリー=コールが10秒01のシーズンベストで優勝
2位はマイク・ロジャースで10秒03のシーズンベスト
3位はJulian Forteで10秒06
前半コリンズが抜け出し、ベイリー=コールが追い込むというよくある展開。ちなみにコリンズは10秒09で6位、この記録は40歳年齢別最高記録。
Forteはこのタイムがサードベストタイ。去年は200mで代表入りするも準決落ち。まだ若い選手ではあるが彼より下の世代からもいい選手が出てきてかなり影が薄くなっている。100m・200m共にさっさと大台突入してもらいたい。
タイソン・ゲイは10秒08で5位。去年の世界陸上で少し限界が見えた気がする。今季も9秒台は出せるだろうが世界大会で結果を残すとなると難しいだろう。代表入りは可能性あると思う。

男子400mハードル
Jeffery Gibsonが48秒96のシーズンベストで優勝
2位はJaheel Hydeで49秒16のシーズンベスト
3位はバーショーン・ジャクソンで49秒29のシーズンベスト
Hydeはセカンドベスト。世界ジュニアは2連覇がかかるが問題なさそう。去年は3月と早い時期に自己ベスト更新するもその後は怪我もあり途中でシーズンを終えた。彼は110mハードルも速く、こちらも優勝できる力がある。
posted by クライシ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEIKO GOLDEN GRAND PRIX 2016 KAWASAKI

http://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/seiko-golden-grand-prix-2016-kawasaki-5873/timetable/bydiscipline

男子100m -0.4
ジャスティン・ガトリンが10秒02のシーズンベストで優勝
2位は山縣亮太で10秒21のシーズンベスト
3位はラモン・ギテンスで10秒26のシーズンベスト
2年前にガトリンが出場した時は10秒02(-3.5)と風速こそかなり違うが同タイム。2戦目にしては悪くない記録。
山縣は織田記念に続き好記録、この調子だと標準記録は切れるだろう。
桐生は10秒27で4位。以前から何度か書いたと思うが今の時代に追い風2mで9秒台が出せたとしても世界で戦うことは難しい。メディアでは9秒台と煽られるが現状はそういう位置にいると思う。
サニブラウン・アブデル・ハキームは10秒34のシーズンベスト。本人はこの結果に満足していないと思うがまだユース選手、かなりいい結果だと言っていい。

男子200m -0.6
アーロン・ブラウンが20秒32で優勝
2位は飯塚翔太で20秒40
3位はダニエル・ベイリーで20秒75のシーズンベスト
飯塚は今季20秒00を出しているブラウン相手に接戦ということで評価したい所だが難しい。飯塚の走りは良かったと思うがブラウンは安定している選手ではないので今回の試合だけではなんとも言えない。

男子400m
ウォルシュ・ジュリアンが45秒68の自己ベストで優勝
2位はJarrin Solomonで45秒77のシーズンベスト
3位はジェレミー・ウォリナーで46秒04
自己ベストこそ同世代の北川貴理を抜くことは出来なかったが悪くないタイム、海外選手相手にいい走りだった。
今の日本は45秒台の選手が揃っているがマイルリレーでの結果がなかなか出ない。もし今年の五輪で出場できなければ1980年五輪のボイコット以来。

男子400mハードル
野澤啓佑で48秒67の日本歴代9位で優勝
2位はEric Crayで49秒07のフィリピン記録
3位は松下祐樹で49秒10の自己ベスト
野澤が前半からかなり速いペース、ちょっと無茶なペースにも見えた。このペースに引っ張られたのか全体的に良い記録。派遣設定記録を突破したので代表はほぼ確定、松下も怪我でもしない限り代表入りだろう。
4年前は岸本が48秒を出して五輪での結果が期待されたが怪我の影響もあり満足な走りができず予選失格。野澤や松下は万全の調子で臨んで結果を残して欲しい。

男子やり投
Jakub Vadlejchが86m76の自己ベストで優勝
2位は新井涼平で84m41のシーズンベスト
3位はHuang Shih-Fengで83m82の台湾記録
全体的に記録が出ているので条件が良かったのだろう。
新井は2014年に85m48を投げて以降、毎年84m以上を投げている。世界大会でも入賞する可能性は十分あるし2009年に村上が銅メダルをとった時よりも実力は上だと思う。ただ世界のレベルも上がっているので現状は入賞が目標だろう。

女子400mハードル
Lauren Wellsが55秒23のシーズンベストで優勝
2位は久保倉里美で56秒14のシーズンベスト
3位は石塚晴子で56秒75の日本ジュニア記録
久保倉は五輪参加標準記録突破、もう五輪は厳しいかなと思ったが2012年以来の好記録。久保倉の後継者といえる選手も出てきていない状態だが、その中で石塚がこの記録を出せたのは大きい。今年の世界ジュニアでどのような結果を出すのか楽しみ。

女子やり投
Elizabeth Gleadleが62m59のシーズンベストで優勝
2位は海老原有希で62m13のシーズンベスト
3位は北口榛花で61m38の日本歴代2位&日本ジュニア記録
海老原は1投目でこの記録、最終投擲でも60m超えを見せている。まだ世界大会入賞はないがあと少しの位置にいる、今回のように1投目で62mを投げ決勝進出を決めれば可能性はある。ただ女子も男子同様に近年レベルが上がっている。
北口はポテンシャルからしてこの記録は納得できる、まだ技術的課題が多いように見える。世界ジュニアでは優勝候補の1人だろう。
posted by クライシ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

Rieti Meeting 2015

http://www.rietimeeting.com/html/index.html

男子100m +1.4
フェミ・オグノデが9秒93で優勝
2位はネスタ・カーターで10秒06
3位はJulian Forteで10秒09
9月に入り100mだけで予選含めて7戦目だがずっと安定して好記録を出している。トラックは濡れていたがリエティは好記録が出やすい場所なのであまり関係なかったようだ。

男子ハンマー投
Pawel Fajdekが80m96で優勝
2位はDilshod Nazarovで75m98
3位はMarcel Lomnickyで75m96
Fajdekは世界陸上後初試合。この次の日にも試合に出て81m99を記録し今季ランキング12位まで占めている。今季はFajdekが圧倒的な強さを見せた年だったが逆に他の選手があまりいいパフォーマンスを出せていない。

男子やり投
Lars Hamannが84m26の自己ベストで優勝
2位は新井涼平で84m13
3位はTanel Laanmaeで82m93
新井は自己5番目の記録。新井はベスト10パフォーマンスの内6つが海外での記録と海外でも実力を発揮できている。世界陸上でも決勝進出しあと少しで入賞、海外転戦しても十分戦えている。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

Ramil Guliyev 19.88s 200m NR - IAAF World Challenge Zagreb 2015

https://www.youtube.com/watch?v=y2quEIit85s

ラミル・グリエフが200mで19秒88のヨーロッパ歴代6位。世界陸上がベストコンディションだったからあの時19秒台出せないともう無理だと思ってた、前回の試合では20秒46もかかっている。今回凄いのは100m走った後にこの記録を出しているということ、ちなみに100mは10秒18とそこそこ。黒人以外では6人目の19秒台突入、今年現れた新星かのように書いている人を見たがユース時代から実績のある選手なんだが。
posted by クライシ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

Kiwi shot putter Tom Walsh wins Zagreb World Challenge with another personal best

http://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/71834905/kiwi-shot-putter-tom-walsh-wins-zagreb-world-challenge-with-another-personal-best

Tom Walshが砲丸投で21m62のオセアニア記録。回転投法って不安定な選手が多いがこの選手はかなり安定して好記録を出している、今季21m台の記録はStorl、Kovacsに続く8回を記録。世界陸上でも自己ベストを記録していたしこれから期待の若手。
Konrad Bukowieckiが20m78の世界ジュニア記録で3位。マイケル・カーターの記録を抜くとしたら来年だろうと思っていたからかなり驚き、そもそも抜くのすら簡単じゃない。この記録はBukowiecki自身の記録を除けばジュニア規格で今季3位相当。
Bukowieckiは来年までジュニア、屋外ジュニア記録は20m65だが室内ジュニア記録はTerry Albrittonの21m05、Bukowieckiは室内の試合も頻繁に出場するのでこの記録も射程内だろう。Gillのジュニア規格の世界ジュニア記録も十分更新できる。そしてリオ五輪の標準記録も突破。
posted by クライシ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

RODGERS AND THOMPSON MAKE THE MOST OF MADRID'S SPRINTER-FRIENDLY FACILITIES

http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-challenge-meetings/2015/33rd-meeting-madrid-2015-5619

男子100m +1.4
マイク・ロジャーズが9秒88のシーズンベストで優勝
2位はAndrew Fisherで9秒94の自己ベスト
3位はAmeer Webbで10秒04
ロジャーズはセカンドベスト、ここは高地ではないがそこそこ標高が高いらしくコンディションにも恵まれた記録だろう。これでロジャーズは33回目の9秒台、歴代6位の記録。アサファ・パウエル、モーリス・グリーン、ジャスティン・ガトリン、ウサイン・ボルト、タイソン・ゲイに次ぐ記録でそれ以降にネスタ・カーター、アト・ボルドン、フランク・フレデリクスが続く。この面子の中では実績が劣る。
Fisherはジャマイカ歴代10位の記録、90年代生まれの選手が続々と9秒台に突入しているがその中からなかなか8台まで伸びる選手が出てこない。Kemar Bailey-Coleに一番期待しているがこの世代が燻っていたらアメリカが今後勝つ可能性は上がる。

男子400m
Abdelalelah Harounが44秒63で優勝
2位はDavid Verburgで44秒72
3位はユーセフ・マスラヒで44秒79
44秒台バンバン出している選手だが動画で見るのは今回が3回目、ただ必死に走っているようなフォームだがこれでも勝てるんだな、すごい選手だ。全米チャンプ相手に勝っていることも評価できる、世界陸上ではどこまで通用するだろう。Harounは既に7回目の44秒台、ジュニアとしてこれはスティーブ・ルイスに続きLuguelín Santosに並ぶ記録。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

RESULTS OF OSTRAVA GOLDEN SPIKE 2015

http://www.zlatatretra.cz/results.asp?season=2015

男子100m -0.4
アサファ・パウエルが10秒04で優勝
2位はIsiah Youngで10秒13のシーズンベスト
3位はリチャード・キルティで10秒31
どうやら寒くてコンディションが悪かったらしい、水たまりも出来てた。パウエルは最後の方もう勝ちを確信して流し気味、まぁ悪くないタイム。
Youngは持ちタイムだけはいいがはっきり言ってこういった大会でそういうタイム出せるとは思えない。
キルティは今季10秒09(+0.6)の自己ベストを記録している、それからすれば悪い。キルティは世界陸上代表入りするかどうかのラインの選手だと思う、今のイギリスは結構いいスプリンターが揃っている。

男子200m +0.6
ウサイン・ボルトが20秒13のシーズンベストで優勝
2位はIsiah Youngで20秒35
3位はLykourgos-Stefanos Tsakonasで20秒62
コンディションが悪いとはいえボルトがフィニッシュまで決めてこのタイム、リアクションタイムが0.243秒と悪いことを考慮しても心配になるタイム。ただ今まで不調や故障があっても大会では最高のパフォーマンスをしてきたので心配無用となることを願いたい。そしてもしボルトが負けるとしたら誰になるだろうという話、去年と今季の記録からはガトリンが最有力と思われるがもしガトリンが100m・200mどちらを取っても10年ぶり、こういう例は今まであるんだろうか。
Youngはベストこそ19秒86だがセカンドベストが20秒20なので結構良いタイムではないだろうか。
Tsakonasは今季20秒31の自己ベストを記録している、ギリシャの選手としてはかなり速い。

男子300m
Karol Zalewskiが32秒25の今季世界最高記録で優勝
2位はPavel Maslákで32秒35のシーズンベスト
3位はRafał Omelkoで32秒58
本命と思われたMaslákが2位、そういえば自己ベストはZalewskiの方が上だった。Maslákは室内で32秒15を出しているので水準としてはこちらのほうが上かもしれないが。Zalewskiは200m専門だが100mも400mもそこそこ速い、と言うか100m、400mの記録からすれば200mの記録は専門の割に微妙。400mに取り組めばそこそこ速いと思う、今まであまり体格に注目したことはなかったがまぁまぁデカイ。

男子やり投
Julius Yegoが86m88のケニア記録で優勝
2位はThomas Rohlerで85m36のシーズンベスト
3位はテロ・ピトカマキで83m96
やり投はそれほどコンディションの悪さが影響しなかったように思える。Yegoは2013年世界陸上で4位に入っているしメダルの可能性もある、今のやり投は誰が勝つか分からない状況になっている。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

SCHIPPERS STORMS TO DUTCH 100M RECORD OF 10.94 IN HENGELO

http://www.iaaf.org/news/report/hengelo-fbk-games-2015-schippers-eaton

男子100m -0.3
Chijindu Ujahが10秒09で優勝
2位はAkani Simbineで10秒12
3位はAdam Gemiliで10秒19
Ujahの記録はセカンドベスト、去年の5月は風に恵まれないのもあったが10秒2台だったから今季も9秒台を出せる可能性は高いだろう、代表入りも十分ありえる。同世代に新たに9秒台選手が現れたし次世代の世界トップレベル選手になって欲しい。
Simbineは今まで南アフリカでの記録が多かったから海外でこの記録なら思ったより強い選手。
Gemiliは去年の初戦はBUCS Championshipsで予選が10秒64、決勝は10秒32(-0.4)。同時期の記録なので今季のシーズンインとしてはいい、大舞台で強い選手だと思うのでまだまだタイムは上げるだろう。

女子100m +1.8
ダフネ・シパーズが10秒94のオランダ記録で優勝
2位はDina Asher-Smithで11秒02のイギリス記録
3位はAsha Philipで11秒10のイギリス記録
上位が全員自己ベストという好条件、シパーズは室内からの好調を維持しついに10秒台に突入。非黒人系の10秒台は2011年のイベット・ラロワ以来、新規の10秒台としては2004年のユリヤ・ネステレンコ以来。100mはまだ決勝ライン上だと思うが200mなら可能性十分だろう。
イベット・ラロワを調べるとシモーネ・コリオと結婚していたらしい。コリオはそれほど有名な選手ではないが室内60mで6秒55、100mで10秒06(+1.2)とヨーロッパではそこそこの選手、世界室内で決勝に残ったこともある。
Asher-Smithは去年の世界ジュニアチャンピオンでまだ10代の選手、Jon Mulkeenによると10代では4番目に早い記録らしい。イギリス記録が10秒台に乗ってなかったのはちょっと意外だった。200mでも去年22秒61という好記録を出している。
Asha Philipは2007年の世界ユースチャンピオン、IAAFに2008年から2011年までの記録が無いため調べてみると彼女はトランポリン競技も並行してやっていてそこで前十字靭帯損傷をしてしまったらしい。そこから復活。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

2015 IAAF World Challenge Beijing

http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-challenge-meetings/2015/2015-iaaf-world-challenge-beijing-5675

男子100m +0.2
Marvin Bracyが9秒95の自己ベストで優勝
2位はマイク・ロジャーズで9秒99
3位は蘇炳添で10秒06の自己ベストタイ
Bracyが9秒台に突入、ジュニア時代から活躍していたが世界ジュニアの出場経験はない。今の段階では判断できないがロジャースに勝利し追い風が少ない中で9秒台ということで力はあると思う、初の代表入りもあり得る。
炳添は確か以前の10秒06もここだった、この選手も追い風強ければ9秒台出るかどうかといったところか。ここ数年10秒10以内で走っているというのはなかなか力がある、元々張培萌が2013年世界陸上に出場するまではこの選手の方が期待していた。
4位はダニエル・ベイリーで10秒12。2013年世界陸上は予備予選から出場するという本来の強さからは考えられないことだったが去年は10秒10、今季も10秒11と復活はしてきている。
5位は張培萌で10秒18、悪くないタイムだがここからどこまで伸ばせるだろうか。

女子砲丸投
Christina Schwanitzが20m77の自己ベストで優勝
2位は鞏立姣で19m50
3位はFelisha Johnsonで18m73
この優勝記録はバレリー・アダムス、ナドゼヤ・オスタプチュクを除けば屋外で2004年以来の好記録、アダムスもコンディションが良くなければこの記録を越えられないだろう。Schwanitzは2013年世界陸上では20m41の好記録で2位に入っている、世界大会で強い選手ではないが経験は豊富なのでもしかするかもしれないしアダムスにとっては競う相手がいることで記録が伸びると思う。

女子ハンマー投
アニタ・ヴォダルチクが77m73の今季世界最高記録で優勝
2位はWang Zhengで73m99
3位はMartina Hrasnováで73m80
ヴォダルチクにとって8番目の記録、ロンドン、モスクワと好記録を出しながら優勝できていないが今季このタイミングでこの記録ならまだ記録のばして優勝できると思う。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

Jamaica Invitational 2015

http://www.trackalerts.com/results_docs/jamaica-invitational-iaaf-world-challenge-meet2015-05-10-02-09-16.pdf

男子100m +1.8
アサファ・パウエルが9秒84の今季世界最高記録で優勝
2位はライアン・ベイリーで9秒93
3位はネスタ・カーターで9秒98
書いたそばから9秒8台を記録。追い風に助けられた部分は大きいが今の段階でこのタイムなら代表入りは問題ないだろう、ただ勝負弱い点だけ。
ベイリーは9秒台は3年ぶり、ロンドン五輪で入賞した時はすぐにアメリカのエースになると思ったが燻ってる、もう若くもない。せめて全米ではロジャースを上回って欲しい。
カーターは目立つ存在ではないし持ちタイムだけは速いがなんだかんだ言って個人種目メダルを前回獲得しているので今季も悪くは無さそう。

男子400m
ユーセフ・マスラヒが44秒59で優勝
2位はラショーン・メリットで44秒80
3位はJavon Francisで44秒90の自己ベスト
今季数戦目にして44秒中盤、既にファイナリストの経験はあるのでメダルに届くがどうかの所。44秒中盤であればメダルの可能性はあるがここ最近層が厚くなっているのでもう少し必要かも。
Francisは残り60mまでトップだったが力尽きてメリットにも抜かれた、それでも自己ベスト。

女子200m +0.2
Shaunae Millerが22秒14の今季世界最高記録で優勝
2位はTori Bowieで22秒29
3位はシェリー=アン・フレーザー=プライスで22秒39
全員好タイム、特にMillerは先月400mで自己ベストをマークしたので200mのベスト更新も期待していたが期待以上のタイム。2013年世界陸上では4位に入っているしこのタイムなら優勝の可能性もある、現実的にはメダルが目標だろう。

女子100mH +2.0
Jasmin Stowersが12秒39の世界歴代10位タイで優勝
2位はDanielle Williamsで12秒77
3位はShermaine Williamsで12秒89
先月12秒40を出したStowersが0.01秒更新、どちらも追い風が強かったがハードルなのでフラットに比べアドバンテージは少ないだろう。ブリアナ・ローリンズとの対決が楽しみだが今季のローリンズの調子がわからない、ローリンズが負けてもおかしくないと思う。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ