最近の記事

2018年04月30日

MCLAUGHLIN IMPROVES OWN WORLD U20 400M HURDLES RECORD IN FAYETTEVILLE

https://www.iaaf.org/news/report/sydney-mclaughlin-national-relays-arkansas-re

Sydney McLaughlinが女子400mHで53秒60の世界ジュニア記録
屋外400mH初戦にして自己ベスト更新。すでに200m、400mも好記録をだしており、今季は室内シーズンから好調。ハードリングも安定している選手なので世界ジュニアはほぼ間違いなく優勝するだろう。
posted by クライシ at 22:55| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

2018 Mt. SAC Relays

https://trackmeet.io/meets/979/events


男子400m
Michael Normanが44秒53の自己ベストで優勝
2位はRai Benjaminで44秒74のアンティグア・バーブーダ記録
3位はPaul Dedewoで44秒78
Normanは室内自己ベストに0.01秒迫る記録。屋外初戦としては悪くないタイムだが、室内であれだけの記録を出したから44秒台前半は期待した。まあいずれ出すだろう。
Benjaminは今季室内200mで20秒34を記録するなど好調、屋外自己ベストは1秒近く更新。彼の専門は400mHで、去年のNCAAでは48秒33の自己ベストで2位に入っている。
Blake Leeperが45秒05で5位。
彼は両足義足の選手で、今回のタイムはオスカー・ピストリウスの45秒07を上回った。去年は全米選手権で45秒25を記録し、準決1組7位に入っている。

女子100m +1.7
Twanisha Terryが10秒99の世界ジュニア歴代4位タイで優勝
2位はAshley Hendersonで11秒06のシーズンベスト
3位はジェンナ・プランディーニで11秒09のシーズンベスト
Terryは全くの無名選手と言っていいだろう。今季室内60mで7秒22、200mで23秒19等記録しているがとても10秒台を出すとは思えない選手。事実、100mの自己ベストは去年まで11秒37で、大会前の自己ベストは11秒20。これがフロックでの記録ではないか、今後の結果に注目。
posted by クライシ at 20:01| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wang Qi was even more impressive in boys hammer with national U18 record 81.55 (5 kg).

http://american-trackandfield.com/atf/index.php/news/item/2817-news-from-around-the-world-eme-news-apr-16-2018


Wang Qiが男子ハンマー投(5kg)で81m55の中国ユース最高記録。
彼はシニア規格も67m36を投げており、高校時代の室伏を上回っている。
posted by クライシ at 19:25| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

Austin -TX- (United States), 13-14.4.2018 -Texas Invitational-

http://trackinsun.blogspot.jp/2018/04/austin-tx-united-states-13-1442018_15.html

ジェニファー・サーが女子棒高跳で4m93の世界歴代3位
室内自己ベストは5m03で、5m以上の跳躍は3回記録しているが、屋外ではなかな記録が出せていない。屋外自己ベスト更新は10年ぶり。
posted by クライシ at 20:55| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

全国田径赛许周政百米10秒21夺冠 创个人PB获新突破

http://miejw.com/html/othernews/2018/0410/1171941.html

Xu Zhouzhengが男子100mで10秒21(+0.2)の自己ベスト
室内60mで6秒48を記録した選手としては遅いが、まだまだ記録を伸ばすだろう。
この記録は中国歴代7位タイ。
posted by クライシ at 01:31| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

Gardiner is first Bahamian under 20 seconds

https://thenassauguardian.com/2018/04/09/gardiner-is-first-bahamian-under-20-seconds/

Steven Gardinerが男子200mで19秒75(+0.3)のバハマ記録。
200m・400mの大台超えはマイケル・ジョンソン、ラショーン・メリット、アイザック・マクワラ、ウェイド・バンニーキルクに次ぎ5人目。ちなみにジョンソン、メリット、マクワラは先に200mの大台を突破している。
先月20秒20の自己ベストを出したばかりだったのでこの大幅更新は驚き。マクワラやバンニーキルクのように世界大会で2冠を狙えるタイム。
posted by クライシ at 22:30| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

2018 Texas Relays

http://relays.texassports.com/

男子棒高跳 Elite
ルノー・ラビレニが5m92の今季世界最高記録で優勝
2位はShawnacy Barberで5m92の今季世界最高記録タイ
3位はArmand Duplantisで5m92の世界ジュニア記録
3位まで5m92を超えたのは1999年以来。
ラビレニは去年5m90以上を超えたのはシーズン終盤の1度だけという不調ぶりであったが、本来の力を取り戻している。屋外初戦でこの記録はなかなかいい出だし。
Barberは2015年世界陸上の覇者だがそれ以降の世界大会は室内含めてもメダルを獲得できていない。今回の記録は屋外セカンドベスト。
Duplantisは自己ベストを2cm更新、前ジュニア記録もここでの記録だったので相性はいい。今季は室内から5m88を跳び好調。今回の跳躍を見るとバーに体が当たってはいるが、体全体はバーのかなり上を跳んでおりまだ余裕がある。世界ジュニア制覇およびヨーロッパ選手権での活躍を期待したい。

女子棒高跳
ジェニファー・サーが4m83の今季世界最高記録で優勝
2位はLisa Gunnarssonで4m60の世界ジュニア歴代3位タイ
3位はAlexis Jacobusで4m55のシーズンベスト
Gunnarssonは世界ユース最高記録保持者で4m50を記録。室内シーズンは4m46が最高だったので屋外初戦でここまで記録を伸ばすとは思わなかった。
posted by クライシ at 18:48| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018 Florida Relays

http://results.deltatiming.com/tf/2018-florida-relays

Anthony Schwartzが男子100mHSで10秒16(+1.7)のシーズンベスト
自己ベストに0.01秒迫る記録。去年は同大会で10秒15の世界ユース最高記録を樹立。

Steven Gardinerが男子200mOpenで20秒20(+2.0)の自己ベスト
バハマ記録に0.04秒迫る記録。元々彼は200mで世界ジュニアに出場したように専門種目であった。400mが43秒89の選手としてはそこそこいいタイムだろう。今年の400mも期待する。

Tamari Davisが女子100mHSで11秒29(+0.5)の自己ベスト
Davisは今季室内から好調で60mでは7秒25の世界ユース歴代2位タイ。彼女は2003年生まれで今年中は15歳、Briana Williamsの持つ15歳年齢別最高記録(11秒13)にどれだけ迫れるか。

Sydney McLaughlinが女子200mOpenで22秒39(+1.5)の世界ジュニア歴代4位、女子400mで50秒07の世界ジュニア歴代6位
すでに室内からとんでもない記録を出していたので、今回のタイムも妥当といったところ。しかし、400mH専門の選手がジュニアでこの記録、どちらもシニアである程度通用する。世界ジュニアでは400mHとどちらかの2冠を目指さないのか気になる、というか200mと400mの2冠を目指して良い記録。
posted by クライシ at 17:11| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

Abilene -TX- (United States), 23-24.3.2018 -Wes Kittley Invitational-

https://trackinsun.blogspot.jp/2018/03/abilene-tx-united-states-23-2432018-wes.html

ブレッシング・オカグバレが女子200mで22秒04(+0.5)のアフリカ記録
4年ぶりの自己ベスト更新。100mでは去年も10秒台を記録し世界レベルであるが、近年、短距離では世界大会では決勝に残れていない。
posted by クライシ at 15:22| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Watch: Kiwi shot put thrower Tom Walsh smashes national record with incredible 22.67m throw

https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/other/watch-kiwi-shot-put-thrower-tom-walsh-smashes-national-record-incredible-22-67m-throw

Tomas Walshが男子砲丸投で22m67の世界歴代6位タイ
室内から好調だったとはいえ自己ベストを30cm以上も上回る大投擲。今まではRyan Crouserの方が記録でも安定感でも上回り、実力を発揮すればCrouserの方が優勢と見られていたが、WalshもCrouser並の実力を身に着けてきた。
今回の記録は薬物なしの最高記録かもしれない。
posted by クライシ at 15:07| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ