最近の記事

2017年06月13日

Halifax (Canada), 10.6.2017 -Aileen Meagher International Track Classic-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/06/halifax-canada-1062017-aileen-meagher.html

Dejour Russellが男子110mHで13秒97(-1.1)の自己ベスト。
ユースでシニア規格の13秒台は速い、歴代10傑には入らないが条件次第では入る可能性は十分あった。
彼のユース規格の自己ベストは13秒31(-0.8)とさほど早くないが、これは彼の実力を反映していないと思う。去年の段階でジュニア規格を13秒20(+0.6)で走っているのだから、13秒フラット近くで走る力はあるだろう。世界ユースではそのくらいのタイムを期待したい。
posted by クライシ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

Racers Grand Prfix 2017

http://www.racersgrandprix.com/results/

男子100m +0.6
ヨハン・ブレークが9秒97で優勝
2位はアカニ・シンビネで10秒00
3位はキーストン・ブレドマンで10秒22
ブレークは恐らく去年と同程度の力だろう、上手くいけば9秒8台も出せるかもしれない。今季好調のシンビネ相手に勝てたこともいい。

男子200m +1.2
ウェイド・バンニーキルクが19秒84の南アフリカ記録で優勝
2位はラシード・ドワイヤーで20秒11のシーズンベスト
3位はウォーレン・ウィアで20秒18のシーズンベスト
全体的に記録が出ているので条件は良かったのだろう。南アフリカ選手権とは違い、最後まで全力だった。バンニーキルクは世界大会で強い選手だから世界陸上は条件が良ければアフリカ記録近くまで出せると思う。
posted by クライシ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pierre-Benite (France), 9.6.2017 -Meeting National-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/06/pierre-benite-france-962017-meeting.html

Fabrizio Donatoが男子三段跳で17m32のシーズンベスト。
室内ではすでに17m超えをしており、屋外では初の40歳にして17m超え。2012年以来の好記録で、世界陸上の決勝進出の可能性もある。
posted by クライシ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Floro (Norway), 10.6.2017

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/06/floro-norway-1062017.html

Karsten Warholmが男子400mで44秒87のノルウェー記録
今季は室内で45秒96のノルウェー記録、300mHで34秒92の世界記録タイと好調。今までの屋外400mのノルウェー記録は46秒10で本人のもの、つまり1年で1.23秒も更新。昔は混成競技の選手であったが現在は400mHを専門としている。これだけスプリント力が上がれば48秒1台くらいは期待したい。
posted by クライシ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

Memoriál Josefa Odložila 2017

http://www.memorial-odlozil.cz/en/vysledky/

男子100m +0.4
モシト・レハタが10秒11のレソト記録タイで優勝
2位は桐生祥秀で10秒11
3位はThando Rotoで10秒15
桐生は海外の記録としてはまずまず、以前よりは強くなっているように思える。優勝できなかったのは残念だが、次のローマに期待。

男子110mH +1.8
Antonio Alkanaが13秒11のアフリカ記録で優勝
2位はBalázs Bajiで13秒24のハンガリー記録
3位はMikel Thomasで13秒33のシーズンベスト
Alkanaの以前の自己ベストは13秒28(+1.4)。そこそこ速いが五輪では13秒55で準決落ちとあまり勝負強くない選手。
posted by クライシ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

MCLAUGHLIN BREAKS WORLD U20 400M HURDLES RECORD

https://www.iaaf.org/news/report/sydney-mclaughlin-world-u20-400m-hurdles-reco

Sydney McLaughlinが女子400mHで54秒03の世界ジュニア記録。
今季屋外初戦でいきなり世界ジュニア記録。去年は全米選手権で当時の世界ジュニア記録である54秒15を記録し、3位で代表入りを果たした。この調子であれば53秒台中盤辺りまで記録を伸ばして欲しい。
去年、彼女は五輪こそ出たが56秒台で準決勝敗退、世界陸上では54秒台を期待する。
posted by クライシ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

Schönebeck (Germany), 2.6.2017 -Sole Cup-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/06/schonebeck-germany-262017-sole-cup.html

Tomáš Stanekが男子砲丸投で22m01のチェコ記録。
今季はすでに屋外室内合わせて6回も21m台を記録、去年に比べてアベレージを上げている。今回の記録はハマった投擲だと思うが、それだけ力がついてきていると言える。
posted by クライシ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

Götzis (Austria), 27-28.5.2017 -Hypomeeting-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/05/gotzis-austria-27-2852017-hypomeeting.html

男子十種競技
Damian Warnerが8591点の今季世界最高記録で優勝
2位はEelco Sintnicolaasで8539点のオランダ記録
3位はRico Freimuthで8365点のシーズンベスト
Warnerは2012年から2014年以外毎年この試合に出ており、今回は最高記録。とはいえ十種競技は試合の数が少なく、この大会は記録が出やすいので今後を占う上ではあまり参考にはならないだろう。この選手は8600点台で安定しているが、少し物足りない。アシュトン・イートンのいない今は優勝候補の1人であるが、8600点程度だと他にも上回る可能性のある選手はいる。

女子七種競技
Nafissatou Thiamが7013点の世界歴代3位で優勝
2位はCarolin Schaferで6836点の自己ベスト
3位はラウラ・イカウニセ=アドミディナで6815点のラトビア記録
前半から点数を稼いでいたが、それでも7000点超えは予想以上の結果。特にやり投の59m32はバルボラ・シュポタコバの60m90に次ぐ記録、つまり七種競技専門の選手の記録としては最高。このやり投の記録はベルギー記録でもある、さらに彼女は室内走幅跳のベルギー記録保持者でもある。
彼女はシニア4年目でまだ23歳、ジャッキー・ジョイナー=カーシーの記録を上回るのは難しいにしても、カロリナ・クリュフトの記録は十分射程内だろう。
Schaferは2015年、2016年と同大会で自己ベストを記録している。今回の記録はThiamが記録した7013点を除けば2013年以降最高。
イカウニセ=アドミディナはWikipediaに日本語版があったので不思議だったが、以前日本のテレビ番組に出たことのある選手だった。すでに世界大会の実績は十分で2015年世界陸上銅メダルがある。
Katarina Johnson-Thompsonは6691点の自己ベストで4位。
彼女はシニア2年目に6682点を記録、これはクリュフトに次ぐU22歴代2位。それからすると今回の記録でも物足りない、すでに年下のThiamが結果を残しておりもう若くない。それでも200mで22秒81(-2.9)を記録しており、記録の伸びしろはあると思う。
Géraldine Ruckstuhlが6291点の世界ジュニア歴代7位。
2015年世界ユースのチャンピオンであるが、去年の世界ジュニアではやり投に出場し7位。彼女は今回やり投で58m31のスイス記録、この記録を出した時点では七種中歴代2位だった。ひとつ下にAlina Shukh、Sarah Laggerといった有力選手がいたので彼女はあまり目立っていなかった。ちなみに今大会Shukhは6106点、Laggerは6012点の共に自己ベストを記録している。
posted by クライシ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

Slovenska Bistrica (Slovenia), 27.5.2017

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/05/slovenska-bistrica-slovenia-2752017.html

Luka Janezicが男子300mで31秒89のスロバキア記録
彼の200mの自己ベストが20秒88(-1.2)、400mが45秒07なのでその記録からすると速いように思える。Karol Zalewskiも当時200mが20秒41(-0.3)、400mが46秒05とあまり速くなかったが300mで31秒93を記録している。300mの31秒台というのは1つの大台のようなイメージだが、意外にハードルは高くない。
posted by クライシ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ