最近の記事

2018年06月03日

2018年05月29日

Gotzis (Austria), 26-27.5.2018 -44th Hypo-Meeting-

https://trackinsun.blogspot.jp/2018/05/gotzis-austria-26-2752018-44th-hypo.html

男子十種競技
Damian Warnerが8795点の世界歴代9位タイ&カナダ記録で優勝
2位はMaicel Uiboで8514点の自己ベスト
3位はPieter Braunで8342点の自己ベスト
Warnerは唯一棒高跳のみ自己ベストを記録。現役ではKevin Mayerに次ぐ記録。

女子七種競技
Nafissatou Thiamが6808点の今季世界最高記録で優勝
2位はYorgelis Rodríguezで6742点のキューバ記録
3位はErica Bougardで6725点の自己ベスト
Thiamは走高跳で2m01の七種最高記録&今季世界最高記録。走高跳だけでなく、砲丸投、走幅跳なども屋外自己ベスト更新、途中まで7000点オーバーペースだった。しかし、去年この大会で59m32の大幅自己ベスト更新したやり投で47m20に終わった。
posted by クライシ at 19:49| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

China's Lyu breaks women's javelin Asian record

https://www.chinadailyhk.com/articles/68/181/190/1527408868815.html

Lyu Huihuiが女子やり投で67m69の世界歴代10位タイ
自身のアジア記録を10cm更新。2012年に従来のアジア記録を12年ぶりに更新してから未だにアジアのトップにいる。その間もLi Lingwei、Zhang Li、Liu Shiyingといった選手にアジア記録を奪われたが奪い返している。世界大会でもメダルを獲得し、そこそこ強い。

今年はLiu Shiyingが67m12を記録し、アジア記録近くまで投げている。彼女はまだ24歳なのでアジア記録更新の可能性はあるだろう。
posted by クライシ at 18:40| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

Tortu just misses Mennea’s Italian 100m record in Savona

http://www.european-athletics.org/news/article=tortu-just-misses-mennea-italian-100m-record-savona/index.html

Filippo Tortuが男子100mで10秒03の自己ベスト
今大会で自己ベストを0.12秒更新、9秒台も間近となった。19歳としては歴代10位の記録。
今となっては非黒人選手の9秒台も何人か出てきているので、彼が10秒の壁を破っても不思議ではない。また彼は100mだけではなく、200mもそこそこ得意で去年の世界陸上は準決勝進出している。
posted by クライシ at 22:53| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ATLETISMO: RECORD SUDAMERICANO DE DARLAN ROMANI EN BALA

http://www.deportelauquen.com.ar/atletismo-record-sudamericano-de-darlan-romani-en-bala/

Darlan Romaniが男子砲丸投で21m94の南アメリカ記録
去年、21m82の大投擲を見せ、21m台を何度か記録。自己ベストが突出していたが、今季は室内で21m68を記録するなど好調、自己ベストも更新した。
彼が登場する以前のブラジル記録は18m78、彼1人で3m以上も記録を伸ばしている。
posted by クライシ at 22:07| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cambridge -MA- (United States), 20.5.2018 -adidas Boost Boston Games-

https://trackinsun.blogspot.jp/2018/05/cambridge-ma-united-states-2052018.html

男子150m +0.2
Noah Lylesが14秒77の自己ベストで優勝
2位はNethaneel Mitchell-Blakeで14秒81の自己ベスト
3位はKyle Greauxで15秒03の自己ベスト
直線150mはマイナー種目なのでこのタイムの評価が難しい。あまり強くなかった2014年のヨハン・ブレークが14秒71で走っているのであまりいいタイムとは思えない。Lylesは今季200mで19秒83を記録しているので、もっと出せると思う。

女子150m -0.7
Shaunae Miller-Uiboが16秒23の自己ベストで優勝
2位はMichelle-Lee Ahyeで16秒57の自己ベスト
3位はShashalee Forbesで16秒75の自己ベスト
Miller-Uiboのタイムは世界記録。だが、200mの通過タイムではこれより速いものがあり、1988年五輪のフローレンス・ジョイナーが16秒10を記録している。これは例外のような記録なので、16秒23というタイムは直線を考慮しても速いと思う。
posted by クライシ at 21:46| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

Hofmann improves to 91.44m in Rehlingen

http://www.european-athletics.org/news/article=hofmann-improves-44m-rehlingen/index.html

Andreas Hofmannが男子やり投で91m44の自己ベスト
あっさり投げているに見えて好記録。コンディションはよかったと思うが、90m台を普通に投げているのでかなり力が付いてきている。
posted by クライシ at 19:35| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

Max Burgin runs world age 15 800m best at BMC Grand Prix

http://www.athleticsweekly.com/event-news/max-burgin-runs-world-age-15-800m-best-bmc-grand-prix-97613

Max Burginが800mで1分47秒50の今季世界ユース最高記録
タイトルは15歳年齢別最高記録となっているが、調べた限りでは15歳では以下の記録が確認できる。

手動
1:46.8 A John Kipkorir YEGO 17 OCT 1988 KEN KEN 1 Nairobi 15 MAY 2004
1:47.0 A Wilson KIPKETER 12 DEC 1972 KEN KEN 1h1 Nairobi 17 JUN 1988
電動
1:46.34 Mohammed AMAN 10 JAN 1994 Ethiopia ETH 4 Rio de Janeiro 17 MAY 2009
1:46.85 Hamza DRIOUCH 16 NOV 1994 Qatar QAT 6r1 Torino 12 JUN 2010

とはいえ15歳としてはとんでもない記録であることは変わりない。今季ジュニアランキング6位で、世界ジュニアに出場する可能性もある。
posted by クライシ at 21:13| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

Jacksonville -FL- (United States), 4-5.4.2018 -FHSAA Florida Finals- High School

https://trackinsun.blogspot.jp/2018/05/jacksonville-fl-united-states-4-542018_6.html

Tamari Davisが女子200mで22秒48(+1.9)の世界ジュニア歴代10位&世界ユース歴代3位。
100mで11秒29を記録しているとはいえ、この記録は予想外。世界ユース最高記録まで0.05秒。彼女は再来年までユースだが、この年齢でこんな記録を出してもまだ伸びるのだろうか。ユースで好記録を出したCandace Hill、Kaylin Whitneyは全く伸びていない。
posted by クライシ at 21:34| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

Potchefstroom (South Africa), 19.4.2018

https://trackinsun.blogspot.jp/2018/04/potchefstroom-south-africa-1942018.html

アブデラマン・サンバが男子400mHで47秒90のアジア歴代3位&カタール記録
4月19日に記録していたが、気づかなかった。彼はこの1週間前に400mで45秒47の自己ベスト。
すでに400mHでは実績を積んでおり、去年の世界陸上では7位。去年まで全く無名の選手で急激に伸びてきている。アジア大会では優勝候補筆頭。
posted by クライシ at 20:54| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ