最近の記事

2017年07月06日

Gyulai István Memorial - Hungarian Athletics Grand Prix 2017

http://gyulaimemorial.hu/results

男子100m +0.9
ジャスティン・ガトリンが9秒98で優勝
2位はアカニ・シンビネで9秒99
3位はアイザイア・ヤングで10秒10
前半ガトリンが抜き出る展開だったが、後半シンビネがあと少しまで詰めていた。ガトリンは全米時よりも調子を落としていると思うが、世界陸上ではまた上げてくるだろう。
シンビネは今季7回目の9秒台と非常に安定している。自己ベストこそ更新できていないが去年よりも強さを感じる。

男子110mH +0.3
オマール・マクレオドが12秒96で優勝
2位はSergey Shubenkovで13秒01のシーズンベスト
3位はアリエス・メリットで13秒11のシーズンベスト
この前の試合で失敗レースをしてしまったので少し心配だったが全く気にする必要なかった。今季は自己ベストも記録し、アベレージも高い。前回の世界陸上では優勝候補の1人として臨むも6位、今年の世界陸上ではどうなるか。
Shubenkovは自己2番目の記録。去年はロシアのドーピング問題により五輪には出られず、シーズンベストも13秒20とかなり落ちていた。このまま消えていくのかと思いきや自己ベスト付近まで戻してきている。メダル獲得も可能かもしれない。
Balázs Bajiは13秒15のハンガリー記録で4位。
この記録は黒人系以外の記録としては9位タイ。今季は室内から7秒53のハンガリー記録と好調。去年は13秒29のハンガリー記録を樹立するも、五輪では13秒52で準決敗退。勝負強い選手ではないが、記録自体は伸びているので決勝進出の可能性もあると思う。

女子100mH +0.1
Kendra Harrisonが12秒28の今期世界最高記録で優勝
2位はJasmin Stowersで12秒66
3位はSharika Nelvisで12秒69
Harrisonは3回目の12秒2台。彼女は去年世界記録を樹立するも全米で3位以内に入れず五輪には出られなかった。2015年世界陸上では準決失格と世界大会ではまだ成績を残せていない。
posted by クライシ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

OIGLANE AND SHUKH TAKE EUROPEAN SUPER LEAGUE COMBINED EVENTS TITLES IN TALLINN

https://www.iaaf.org/news/report/european-cup-combined-events-2017-tallinn-day

Alina Shukhが女子七種競技で6208点の自己ベスト
彼女は去年ユース規格で6186点の世界ユース最高記録、シニア規格では6099点の世界ユース歴代3位を記録。今年もすでに6000点超えの6106点を記録しており調子はいい。今季中に世界ジュニア歴代10位以内に入るのではないだろうか。

補足
Valentina Savchenkoが1984年に記録した6179点がシニア規格の世界ユース歴代2位となっているのもあるが、IAAFでは彼女の誕生年が1968年ではなく1965年生まれになっているため含めなかった。
posted by クライシ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

17 year old Samuel Purola 100m PB 10,31 Mannheim 1.7.2017

https://www.youtube.com/watch?v=ZZapX0vPfrU

Samuel Purolaが男子100mで10秒31(+0.2)のヨーロッパユース最高記録。
今季は100m、200m共に走るたびに自己ベストを更新している。この調子が続けば世界ユース歴代10位以内に入るかもしれない。
posted by クライシ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

Världsrekordhopp av Melwin Holm

http://www.aftonbladet.se/sportbladet/a/JaBL6/varldsrekordhopp-av-melwin-holm

ステファン・ホルムの息子、Melwin Holmが走高跳で1m87
12歳年齢別最高記録と書いてあるが、WORLD TEENAGE BESTS BY AGEにはCai Guojunの2m00となっている。
それでも12歳としては世界トップレベルなのは間違いない。練習ではこれよりも高い記録を跳んでいるらしい。
ステファン・ホルムがこの記録を初めて跳んだのは1991年2月で当時14歳。

記事には13歳年齢別最高記録保持者の山本寿徳の記述がある。
posted by クライシ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

STAHL BREAKS SWEDISH DISCUS RECORD WITH WORLD-LEADING 71.29M

https://www.iaaf.org/news/report/daniel-stahl-discus-7129-sollentuna

Daniel Stahlが男子円盤投で71m29の世界歴代9位
以前の自己ベストは68m72で2m57の自己ベスト更新。去年のランキング1位だが五輪では予選落ち、2015年世界陸上は5位。
今季は68m台を連発し、安定感も実力もついてきている。彼はまだ24歳と若く、これからの成績も十分期待できる。
posted by クライシ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

Rising long jumper Shi Yuhao breaks Asian junior record

http://www.ecns.cn/2017/06-26/262878.shtml

Shi Yuhaoが男子走幅跳で8m31(+0.8)の世界ジュニア歴代3位&アジアジュニア記録。
posted by クライシ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謝震業が男子100mで10秒09A(+0.3)のシーズンベスト。

https://www.iaaf.org/records/toplists/sprints/100-metres/outdoor/men/senior/2017

なぜかググってもリザルトが出ないのでIAAFのトップリストから。
今季は200mで20秒40の中国記録を樹立するも、100mはまだ標準記録を切っていなかった。去年の五輪では素晴らしい走りを披露していたので、今年の世界陸上も期待したい。
posted by クライシ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

陸上男子100m 金国栄が10秒07で韓国記録更新

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0627/10192786.html

金国栄が男子100mで10秒07(+0.8)の韓国記録。
2日前に10秒13(+0.2)を記録し、韓国記録を0.03秒更新、そこから更に伸ばした。
彼が初めて韓国記録を更新したのは2010年、当時の韓国記録は徐末九の10秒34(0.0)。末九の記録は当時の日本記録と全く同じだったが、そこから31年間破られずに随分差が付いてしまっていた。そこから国栄が0.07秒まで迫った。
今の高い水準の標準記録を破ったのも驚きだが、追風1.0m/s以内で10秒0台はなかなか速い。
posted by クライシ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

VAN NIEKERK CLOCKS 9.94 PERSONAL BEST IN VELENJE

https://www.iaaf.org/news/report/van-niekerk-994-velenje

ウェイド・バンニーキルクが男子100mで9秒94(+0.9)の自己ベスト
南アフリカ選手権でも好調で9秒台を出しそうな勢いがあったが、平地の追風1m/s以内でこの記録はレベルが高い。100mで世界陸上に出場しても決勝に行ける力があると思う。
400mはワイルドカードがあるからか、今年は100m・200mをメインで走っており400mのSBは46秒28。走れば44秒台は確実に出るだろうが、世界陸上でどのくらいのタイムを出せるか予想ができない。オストラヴァでは300mに出るらしく、そこで30秒台が出せるようであれば世界陸上での世界記録も期待できる。
posted by クライシ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

LJ Wars on on again! Brittney Reese leaps 7.13 meters!

http://www.runblogrun.com/2017/06/lj-wars-on-on-again-brittney-reese-leaps-713-meters.html

ブリトニー・リースが女子走幅跳で7m13(2.0)の今期世界最高記録
リースは2015年世界陸上、2016年五輪と勝てていないが、今年の世界陸上は優勝候補の1人であることは間違いない。

室内で7m24を記録したIvana Spanovicは怪我のため屋外の試合にまだ出ていない。彼女が室内と同様のパフォーマンスが出来れば、世界陸上も去年の五輪と同様ハイレベルな戦いになるだろう。
posted by クライシ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ