最近の記事

2018年03月14日

New York -NY- (United States), 9-11.3.2018 -New Balance Nationals-

http://trackinsun.blogspot.jp/2018/03/new-york-ny-united-states-9-1132018-new_12.html

Marcellus Mooreが男子200mで21秒32を記録
IAAFに載っていないが今季21秒30の世界ユース歴代10位を出している選手。彼は2002年生まれなので来年までユース。U-17としてはTyrese Cooper、Brian Herronの21秒22に次ぐ記録。

Nicholas Rameyが男子400mで46秒78の世界ユース歴代3位
世界ユース歴代1位と2位は前述のTyrese Cooper、Brian Herron。ちなみにこの試合Herronは46秒31の自己ベストで優勝。

Tamari Davisが女子60mで7秒25の世界ユース歴代2位タイ
再来年までユースにもかかわらず、世界ユース最高に0.01秒迫る記録。彼女は2003年2月15日生まれですでに15歳であるが、2月10日に7秒30の14歳年齢別最高記録を出している。
また、200mも23秒46で優勝。予選は23秒24の世界ユース歴代4位。

Arria Minorが女子400mで52秒74の世界ユース歴代4位
100mの自己ベストが11秒54A、200mが23秒42A、400mが52秒05と全体的にハイレベル。特に200mは15歳のときの記録で、400mは当時52秒50Aを記録。

女子60mH
Tia Jonesが8秒05で優勝
2位はGrace Starkでで8秒05の世界ジュニア歴代7位タイ&世界ユース最高記録
3位はJasmine Jonesで8秒17の世界ユース歴代2位タイ
Starkは先月8秒12を記録し、世界ユース最高記録を更新。今回はその記録を更に上回った。
JonesはDior Hall、Sydney McLaughlinに並ぶ記録。
posted by クライシ at 19:08| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

MÜLLER INDOOR GRAND PRIX GLASGOW 2018

https://www.iaaf.org/results/iaaf-world-indoor-tour/2018/muller-indoor-grand-prix-glasgow-6311

男子60m
蘇炳添が6秒50で優勝
2位はマイク・ロジャースで6秒54
3位はBryce Robinsonで6秒56
蘇は室内ツアー総合優勝、今季出場した試合はすべて優勝。6秒4台こそ出なかったが最後は流し気味なので少しは余裕がある。世界室内はコールマンが抜けているとはいえメダルの有力候補であることは間違いない。2014年、2016年と決勝進出しているがあと少しでメダル獲得ならず、3度目の正直となるか。
posted by クライシ at 22:42| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

Clermont-Ferrand (France), 25.2.2018 -All Star Perche-

http://trackinsun.blogspot.jp/2018/02/clermont-ferrand-france-2522018-all.html

Sam Kendricksが5m93の今季世界最高&自己ベストで優勝
2位はルノー・ラビレニで5m93のシーズンベスト
3位はPaweł Wojciechowskiで5m88の自己ベスト
4位のAxel Chapelle、5位のArmand Duplantis、6位のPiotr Lisek、7位のKévin Menaldoまで5m88を超える過去最高レベルの試合。また、8位のShawn Barberが5m81と8人が5m80超え。8位まで5m81を超えたのは2007年世界陸上以来で7位まで5m88を超えたのは例がない。
Duplantisは世界ジュニア記録。去年5m82、今年5m83を跳んでいるが5m82は世界ジュニア記録公認のための規定を満たさず、もう1つはバー止の長さが規定外だったため非公認。
posted by クライシ at 21:33| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sankt Peterburg (Russia), 23.2.2018 -Pole Vault Festival-

http://trackinsun.blogspot.jp/2018/02/sankt-peterburg-russia-2322018-pole.html

Aksana Gataullinaが女子棒高跳で4m55の世界ジュニア歴代5位タイ
posted by クライシ at 19:17| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Solomon breaks Australian 400m indoor record

http://athletics.com.au/News/solomon-breaks-australian-400m-indoor-record

Steve Solomonが室内400mで45秒44のオーストラリア記録
彼が室内を走るのは恐らく初。ジュニア時代に44秒台に突入し2012年五輪では8位入賞。白人のスプリンターとして期待したが五輪後は44秒台どころか45秒台前半もなかなか出せずにいた。去年のSBは45秒19で2013年以降最高、今季はどこまで伸ばせるか。
posted by クライシ at 19:10| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

Sensational! 15-Year-Old Dominic Ogbechie Flies 2.22m in High Jump and Breaks U17 WR

http://www.watchathletics.com/video/tag/Dominic%20Ogbechie

Dominic Ogbechieが走高跳で2m22の15歳年齢別最高記録。
彼は去年2m07のイギリス14歳年齢別最高記録を跳び、その際も記事を書いた。
彼はスプリント力もあり、200mの自己ベストは21秒52。日本だと中学歴代5位相当。
また1日後、走幅跳で7m53を記録。
posted by クライシ at 16:58| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

COPERNICUS CUP 2018

https://www.iaaf.org/results/iaaf-world-indoor-tour/2018/copernicus-cup-6310

男子砲丸投
Konrad Bukowieckiが22m00のポーランド記録で優勝
2位はTomáš Staněkで21m83
3位はMichał Haratykで21m12
室内自己ベストを3cm更新。以前の自己ベストである21m97は当時の自己ベストを80cmも更新する大投擲で、この記録を超えるそう簡単ではないと思われたが1年で上回った。屋外で記録を出していないのは気になるが、それでも21m59を出しているので世界で十分戦えるレベル。
Staněkは今季全て21m60以上の投擲をしており、非常にアベレージが高い。数年前ならば世界大会の金メダル候補だっただろう。
posted by クライシ at 19:33| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

2018年02月12日

Now Luvo Manyonga leaps to new African indoor record!

https://www.iol.co.za/sport/athletics/now-luvo-manyonga-leaps-to-new-african-indoor-record-13229159

Luvo Manyongaが室内男子走幅跳で8m40の自己ベスト&アフリカ記録
Manyongaは今季から室内シーズンに取り組み始め、すでに8m32を記録していた。世界室内に出場するだろうから優勝候補筆頭。
2位はJuan Miguel Echevarríaで8m34の自己ベスト
Echevarríaは去年屋外で8m28の世界ジュニア歴代6位タイを記録、その記録をあっさり越えた。
posted by クライシ at 19:44| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

Warholm tidenes raskeste på 300 meter hekk: – Helt fantastisk

https://www.nrk.no/sport/warholm-satte-verdensrekord-1.13909045

Karsten Warholmが300mHで34秒26の世界最高記録。
自身が持つ世界記録を0.66秒更新、屋外世界記録の34秒48も上回った。今季は室内400mで45秒台を連発し好調、400mHでは47秒台の記録を期待したい。
posted by クライシ at 17:27| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ