最近の記事

2017年07月15日

Madrid (Spain), 14.7.2017

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/07/madrid-spain-1472017.html

男子100m -0.8
Yunier Perezが10秒09で優勝
2位は謝震業で10秒11
3位はRyan Shieldsで10秒20
Perezは予選で10秒00(+2.0)の自己ベスト、キューバ記録まで0.02秒。今季7回目の自己ベスト更新、今季だけで0.22秒も更新している。
謝の記録はサードベストタイ。この向かい風でこのタイムは力がある。彼は世界大会でそれなりにタイムを出している選手なので、世界陸上も予選通過できるのではないだろうか。

男子200m 0.0
アイザック・マクワラが19秒77の今期世界最高記録で優勝
2位はBrandon Carnesで20秒42
3位はDedric Dukesで20秒50
突然の好タイムにびっくり、今回のタイムはアフリカ歴代2位。2013年世界陸上で200mに出場したことはあるが今回はどうするんだろうな、タイムだけ見ればメダルが狙える。彼が勝負強い選手であれば世界陸上はバンニーキルクとの戦いが面白いが、そううまくはいかないだろう。

男子400m
アイザック・マクワラが43秒92のシーズンベストで優勝
2位はVernon Norwoodで44秒75
3位はSamuel Garciaで45秒36
ダイヤモンドリーグローザンヌで44秒08を出していたので不思議ではないが、43秒台まで出せると思わなかった。この75分後に200mに出場し19秒77を記録。1日に200m、400mで大台を超えた選手は初めてで、合計タイムももちろん最速。以前の最高記録はマクワラ自身が2014年に出した19秒96と44秒01の合計63秒97。

男子走幅跳
Maykel Massoが8m33(+2.0)の世界ジュニア歴代3位で優勝
2位はJuan Miguel Echevarríaで8m28(+0.8)の自己ベスト
3位はZarck Visserで8m23(+3.2)
絶好の追風で自己ベスト更新、Lázaro Martinezと違いすぐに自己ベスト更新できてよかった。彼は国内選手権で優勝しているので恐らく世界陸上に出場するだろう。ただ今回の記録は今季唯一の8m台、安定感がないので予選通過も厳しいと思う。
posted by クライシ at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マルティナ毎大会出てるイメージあるのですが、今回の世界陸上も出るのでしょうか?
Posted by ターンx at 2017年07月16日 12:41
確定していませんが、出ると思います。
Posted by クライシ at 2017年07月16日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
世界陸上2017(男子) by り (08/11)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/07)
カテゴリ