最近の記事

2017年07月12日

南部忠平記念陸上2017

http://www.jaaf.or.jp/competition/detail/701/

男子400mH
石田裕介が49秒35の自己ベストで優勝
2位は松下祐樹で49秒41
3位は前野景で49秒48
石田が標準記録をギリギリ突破、日本選手権で2位に入っているので代表入り。
松下は日本選手権に続きあと少しで標準記録が切れなかった。
今大会で標準記録を突破したのは石田だけ。小西、前野、鍛治木はすでに標準記録を突破しているが、日本選手権で上位に入っていない、誰が選ばれるのか。

女子やり投
海老原有希が61m95のシーズンベストで優勝
2位は森友佳で58m94
3位は斉藤真理菜で56m76
海老原が標準記録突破、6大会連続の世界大会出場となった。2011年は世界陸上決勝に残るが、それ以降は予選落ちが続いている。今季は60m台を4回も投げ安定しているので、なんとか決勝進出して欲しい。
posted by クライシ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ