最近の記事

2017年07月11日

ドイツ陸上競技選手権2017

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/07/erfurt-germany-8-972017-national_9.html

男子100m +0.2
ユリアン・ロイスが10秒10のシーズンベストで優勝
2位はMichael Pohlで10秒26の自己ベスト
3位はRoy Schmidtで10秒28の自己ベストタイ
ロイスはまだ標準記録を突破していなかったのでどうなることかと思ったが、しっかり切ってきた。ただ彼はそれほど勝負強い選手ではなく、世界大会の最高成績は2015年世界陸上の準決1組8位。

男子200m +1.0
ユリアン・ロイスが20秒29の自己ベストで優勝
2位はRobin Erewaで20秒50のシーズンベスト
3位はアレイショ=プラティニ・メンガで20秒55
ロイスの記録はドイツ歴代4位。元々200mも速く、去年は五輪にも出場し20秒39を記録している。もしかしたらこの種目でも世界陸上に出場するかも。

女子100m -0.7
Gina Luckenkemperが11秒10で優勝
2位はRebekka Haaseで11秒22
3位はTatjana Pintoで11秒27のシーズンベスト
Luckenkemperが予選で11秒01(0.0)の自己ベスト。追風であれば10秒台が出ただろう。
彼女は100mよりも200mを得意としており、2013年世界ユース5位、2014年世界ジュニア8位、2015年ヨーロッパジュニア優勝などの実績がある。去年の五輪でも100mで11秒04のSBを持ちながら出場せずに200mに出場、22秒73で準決3組5位だった。
posted by クライシ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ