最近の記事

2017年07月09日

神さまの言うとおり弐

今まで漫画に関する記事を書いたが、その中で最もつまらない漫画。もうこれだけでレビューが済んでしまいそうなくらい。

あらすじはある日突然ゲームに巻き込まれ、最終的に勝ち残った3人が神になって、なんやかんやあって最初の日に戻るという話。
前半はまだゲームしているが、後半はバトル漫画の要素が強くなる。ゲーム全体に言えるが内容がスカスカで、ルールもメチャクチャ。作者が作った都合のいいルールにキャラクターを乗せてるだけ、読者が考えて攻略できるものではない。原作者がちゃんと関わった上でこういう話作りをしたとしたら向いてないのではないだろうか。

次々と人が死んでいく展開は悪いと思わないが、キャラクターの掘り下げがほぼされていないので死んでもなんとも思わない。

序盤は特に顕著だが、絵やテンポがギャグ調なので寒い。最終的な展開を見る限りシリアスな方がいいと思うんだが、なぜ緊張感をなくすようなことをしているんだろう。

画力は特別低くないが、キャラクターの区別がつきにくい。それでも後半は随分うまくなったと思う。最後まで読む気になったのは作画のおかげ。

こんな漫画でもAmazonレビューだと絶賛なんだろうなと思い確認したが、1巻のレビューは3.1/5と評価は高くない。その他の巻もこれだけ話題になっている漫画にも関わらず低い。


デスゲームならGANTZを読めばいいし、謎解きなら嘘喰いでも読んでたほうがいい。
posted by クライシ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451575007

この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ