最近の記事

2017年06月29日

OSTRAVA GOLDEN SPIKE 2017

https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/56th-ostrava-golden-spike-6058/timetable/byday

男子100m -0.3
ウサイン・ボルトが10秒06で優勝
2位はYunier Perezで10秒09の自己ベスト
3位はジャック・ハーヴェイで10秒26
スタートからかなり遅れ60m地点でPerezを捉え、その後は流し気味でフィニッシュ。状態がいいようには見えない、このままだと世界陸上は9秒8台中盤程度しか出せないかもしれない。
Perezは今季になり10秒1台、10秒0台に初めて突入。元々室内60mは速い選手だったのでうまく噛み合いだしたのだと思う。

男子300m
ウェイド・バンニーキルクが30秒81の世界最高記録で優勝
2位はアイザック・マクワラで31秒44の世界歴代5位
3位はClarence Munyaiで31秒61の世界歴代9位&世界ジュニア最高記録
今季好調だったので30秒台の可能性は十分、世界記録も射程圏内と思っていたのでそれほど驚きではない。全体的に記録も出ているし、コンディションはよかったのだろう。この調子で400mでも世界記録を更新してもらいたい。少し気になるのはスタートをスローで見ると他の選手よりも明らかに早く出ているようにみえる。リアクションタイムは0.152秒で他の選手が0.2秒程度かかっているので早いと言えば早いのだが、うーん。
マクワラは今季200mも400mも大したタイムで走っていないのでこの記録は意外、世界陸上ではそこそこのタイム出してくるのだろうか。
Munyaiは今季200mで20秒10を記録しているとはいえこの記録は予想外。400mの記録は見つからないが、45秒台の力はあるだろう。

男子110mH +0.6
Garfield Darienが13秒09の自己ベストで優勝
2位はBalázs Bajiで13秒23のハンガリー記録
3位はMilan Trajkovicで13秒34
Darienの記録はフランス歴代3位、2012年の自己記録を5年ぶりに更新。ヨーロッパだとそこそこ強い選手だが、あまり印象に残っていない。世界大会では2015年世界陸上で決勝に残り8位。

男子ハンマー投
Pawel Fajdekが83m44の今期世界最高記録で優勝
2位はWojciech Nowickiで80m31の自己ベスト
3位はBence Halaszで78m85の自己ベスト
Fajdekの記録は自己3番目、そろそろ84m台を投げて欲しい。
Nowickiは勝手に若手だと思っていたが、Fajdekと同世代、誕生日はNowickiの方が早い。彼は2015年世界陸上、2016年ヨーロッパ選手権、2016年五輪と全て3位。実力は上がっているようなので、今年の世界陸上は2位が狙えると思う。
Halaszの記録は今季ランキング3位、シニア1年目としては歴代4番目の記録。5kgの世界ユース最高記録保持者だが、こういう選手はシニアになると伸びない場合が多いのでそれほど期待していなかった。シニアになり5m近く記録更新、記録上は世界陸上のメダルも狙える。

男子やり投
Thomas Rohlerが91m53で優勝
2位はJohannes Vetterで87m88
3位はJakub Vadlejchで86m43
Rohlerは今季3回目の90m超え、これは2006年のアンドレアス・トルキルドセン以来。今季はまだ90m以上の投擲をすると思う。
posted by クライシ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ