最近の記事

2017年06月26日

ジャマイカ陸上選手権2017

http://www.trackandfieldjm.com/results/

男子100m +0.9
ヨハン・ブレークが9秒90のシーズンベストで優勝
2位はJulian Forteで10秒04
3位はSenoj-Jay Givansで10秒05
ブレークは2012年以来の好記録、世界陸上のメダルも期待できる記録である。
Forteは準決で9秒99(+0.8)の自己ベスト、3年ぶりの自己ベスト更新。200mではすでに2015年世界陸上で代表入りしており、2016年ジャマイカ選手権でも3位に入っている。100mでの強さは不明なので、決勝進出できればいい程度だろう。
Givansは9秒台の選手だが今まで世界大会個人種目の出場はない。
オディーン・スキーンは足を痛めて途中棄権、相当悔しそうだっった。今期は9秒台に突入し、代表入りの可能性も高かった。
アサファ・パウエルは決勝に進出するも棄権。

男子200m +1.0
ヨハン・ブレークが19秒97のシーズンベストで優勝
2位はラシード・ドワイヤーで20秒29
3位はウォーレン・ウィアで20秒39
ブレークが5年ぶりの19秒台で快勝、最後は流す余裕もあった。去年の五輪は決勝進出すらできなかったが、世界陸上ではメダルが期待できるパフォーマンス。彼は世界歴代2位の記録を持っているが、まだ世界陸上のメダルは持っていない。
ワイヤーは初の代表入り。19秒80の自己ベストを持つが今季のパフォーマンスを見る限りではあまり強くなさそう。
ウィアは世界陸上3大会連続の代表入り。ただ彼も本来の力からすれば遅い、2015年世界陸上は準決しており今回もそうなると思う。
Julian Forteは20秒46で5位。
元々200mが得意な選手ですでに代表経験もあるのにこちらでは奮わなかった。

男子110mH +0.7
オマール・マクレオドが12秒90の世界歴代5位タイで優勝
2位はRonald Levyで13秒13
3位はハンズル・パーチメントで13秒19のシーズンベストタイ
マクレオドが2年ぶりに自己ベスト更新。この種目は安定して世界大会で優勝することが珍しく、もしマクレオドが今年の世界陸上優勝すれば2001年世界陸上・2003年世界陸上のアレン・ジョンソン以来、五輪・世界陸上の連続優勝は1996年五輪・1997年世界陸上のアレン・ジョンソン以来となる。
Dejour Russellは13秒32の世界ジュニア歴代3位&世界ユース最高記録で4位。
世界ユースでの活躍を期待していたが、すでにシニアレベルに達している。アンドリュー・ライリーやDeuce Carterに勝利するユース選手というのは恐ろしい。今季彼以外にユース規格のハードルでこれ以上のタイムを出した選手はおらず、世界ユースで1人だけシニア規格のハードルで走らせても彼なら優勝しかねない。

男子400mH
Jaheel Hydeが48秒53で優勝
2位はKemar Mowattで48秒53
3位はRicardo Cunninghamで48秒83の自己ベスト
Hydeは自己ベストに0.01秒と迫る好記録、世界陸上では48秒台前半を出し決勝進出して欲しい。
Mowattは後半追い込みあと少しで優勝だった。
Cunninghamは36歳にして自己ベスト更新。どうやら彼は元々800mランナーで、400mHに取り組み始めたのは近年。800mの自己ベストは1分47秒14Aで世界大会の実績はないが、この年齢で転向して世界大会代表になるのだから凄い。逆のパターンではBrandon Johnsonが400mHから800mに転向し世界陸上に出場した例がある。

女子100m +0.8
エレイン・トンプソンが10秒71の今期世界最高記録で優勝
2位はSimone Faceyで11秒04のシーズンベスト
3位はJura Levyで11秒06の自己ベスト
トンプソンは今期もずば抜けている、久々の10秒6台を期待したい。
Faceyは100mで初の代表入り。シニア以外の大会では2001年世界ユース、2002年世界ジュニアに出場している。

女子200m +0.8
Sashalee Forbesが22秒71の自己ベストで優勝
2位はSimone Faceyで22秒74
3位はJodean Williamsで22秒95の自己ベスト
まずトンプソンが出場していないことに驚いた、彼女はダイヤモンドリーグ総合優勝もしていないので今回は100mのみ。世界陸上に出場すればかなりの確率で優勝しただろう。
Forbesは100mで5位に入った選手。まだ21歳と若いがジャマイカ選手としては歴代でも速い選手ではない。22秒71は今季ランキング31位で、とてもじゃないかメダルを取れるレベルではない。
posted by クライシ at 21:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界陸上でボルトは、200に出場しないみたいですが、ジャマイカはワイルドカードで4人出場できるのですか?
Posted by at 2017年06月26日 22:08
ジャマイカにはダイヤモンドリーグ総合優勝者はいないので、ボルトが出場しないとなると3人までしか出場できません。
Posted by クライシ at 2017年06月26日 23:09
ボルトやガトリンが200に出ないとなると、世界陸上の200はブレークが金メダル濃厚ですね。ドグラスの可能性も無くは無いと思いますが、普通に走ればブレークでしょう。100もボルトに勝って欲しいです。
Posted by at 2017年06月28日 13:34
200mではそれに加えてバンニーキルクも有力ですね。
Posted by クライシ at 2017年06月28日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ