最近の記事

2017年06月13日

FBK GAMES 2017

https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/fbk-games-6057/timetable/byday

男子200m -1.2
Daniel Talbotが20秒36で優勝
2位はアナソ・ジョボドワナで20秒62のシーズンベスト
3位はAdam Gemiliで20秒64
そこそこ強豪がいた中でTalbotの圧勝は意外、風速を考慮すれば自己ベストに近い走りだったのではないだろうか。
ジョボドワナは去年からまともな記録を残せていない、このままでは世界陸上出場すら危うい。
サニブラウン・アブデル・ハキームは21秒10で7位。
完全に失敗レース、何があったのか。

男子走幅跳
Luvo Manyongaが8m62(+0.8)で優勝
2位はRushwal Samaaiで8m34(+1.0)
3位はDamar Forbesで8m29(+0.7)の自己ベスト
Manyongaは4試合連続の8m60超え。これは予選での記録を除けば1987年カール・ルイス以来の出来事。また1年に8m60を4回越えた例も前述のカール・ルイスと1995年イバン・ペドロソしか例がない。走幅跳でこれだけアベレージが高いというのは珍しい、彼は競技に復帰した2016年から1度も記録なしがなく、2016年6月以降は全て8m以上跳んでいる。

3000m障害ではGetnet Waleが8分12秒28の世界ユース最高記録。
これは世界ジュニア歴代11位でもある。彼は去年の世界ジュニアで8分22秒82で銅メダルを獲得している。
posted by クライシ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
世界陸上2017(男子) by り (08/11)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/07)
カテゴリ