最近の記事

2017年06月11日

NCAA陸上選手権2017

http://www.ncaa.com/sites/default/files/external/track-field/results/d1/outdoor17/final/index.htm

男子100m -2.1
Christian Colemanが10秒04で優勝
2位はCameron Burrellで10秒12
3位はChristopher Belcherで10秒19
Colemanは準決で9秒82(+1.3)の世界歴代9位タイを記録。以前の自己ベストは去年の全米選手権で記録した9秒95(+1.7)、同じくここのトラック。確実に地力は付いている、代表入りの可能性は高い。あとはこれだけの記録を持っている以上メダルも期待したいが、世界大会での実績がないので力を発揮できるかどうかはまだ分からない。
Burrellは準決で9秒93(+0.8)の自己ベスト。彼はリロイ・バレルの息子で親子二代で9秒台を記録、将来的に父親の記録を越えるかもしれない。

男子200m -3.1
Christian Colemanが20秒25で優勝
2位はNethaneel Mitchell-Blakeで20秒29
3位はJereem Richardsで20秒55
100m同様コンディションが悪い、19秒台は確実に出ただろう。走りは後半ガタガタで、よくこれでこのタイムが出せたと思う、本来は100mの選手という感じがする。200mで全米選手権に出場したことはないが、今年出場すればほぼ間違いなく代表入りするだろう。

男子400m
Fred Kerleyが44秒10で優勝
2位はNathon Allenで44秒69
3位はMichael Cherryで44秒77
Kerleyは今季初めて44秒台、43秒台を記録したが安定して好記録を出している。まだバンニーキルク、メリット、ジェームスがまともな記録を出していないとはいえトップ3までがKerleyの記録。代表入りは怪我でもしない限り確実だろうし、世界陸上で彼らにどれだけ通用するのか見てみたい。
Michael Normanが44秒88の自己ベストで4位。
去年は200mで全米6位、世界ジュニア優勝、400mは全米予選落ちだったのだが今季は400mをメインで走っている。どちらも代表入りは難しいと思うが、400mにかけているのだろうか。

男子400mH
Eric Futchが48秒32の自己ベストで優勝
2位はRai Benjaminで48秒33のアンティグア・バーブーダ記録
3位はKemar Mowattで48秒49の自己ベスト
Futchは2012年世界ジュニアのチャンピオン、優勝記録は50秒24と遅くその後もあまり注目していなかった。去年はNCAA優勝するも、全米では決勝棄権。記録上は代表入りできるところまで来ている。
Benjaminは今季シニアになったばかりで、今年だけで1.49秒も自己ベストを伸ばしている。
Mowattは去年まで50秒66の選手、今年だけで2.17秒も自己ベストを伸ばしている。

女子200m +1.1
Kyra Jeffersonが22秒02の自己ベストで優勝
2位はAriana Washingtonで22秒39のシーズンベスト
3位はGabrielle Thomasで22秒61
Jeffersonは自己ベストを2年ぶりに更新。100mが11秒17の選手としては速い、走る機会があれば10秒台は出せるだろう。
Deajah StevensはJeffersonと最後まで競り合い転倒し、レーン侵害で失格。なぜ転倒したのかよく分からないが、Stevensは室内NCAAでもアメリカ記録を出していたがレーン侵害で失格している。実力はあるのだから、全米選手権ではまともに走って欲しい。
posted by クライシ at 15:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 陸上競技(NCAA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コールマンは昔のガトリンを彷彿させます個人的にですが、

100m型だけど200mも強い的な
Posted by リ at 2017年06月12日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450753354

この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ