最近の記事

2017年06月10日

Diamond League Rome 2017

https://rome.diamondleague.com/en/programme-results/programme-results-rome/

男子100m -0.2
Chijindu Ujahが10秒02のシーズンベストで優勝
2位はジミー・ヴィコで10秒05
3位はRonnie Bakerで10秒05
優勝記録が10秒を切らなかったのは残念だが、Ujahの記録としてはいい。彼はシニア1年目で9秒台を記録し、その後伸びるかと思いきや力をただ維持してるような状態。世界大会に弱いわけではなく、2015年世界陸上は10秒05、2016年五輪は10秒01と決勝まであと少し。
桐生祥秀は10秒18で6位。タイムは正直良くないが、現状こんなものだろう。以前に比べれば随分マシになっているが、世界陸上でこの走りであれば予選落ちの可能性もある。インタビューを見る限り9秒台が出なくて残念というよりは、これからに向けてそれなりの収穫があったようなコメントをしている。現状の自分の立ち位置が分かっているようなので、変に期待させるようなコメントよりも好印象。

男子200m +0.6
アンドレ・ドグラスが20秒01のシーズンベストで優勝
2位はクリストフ・ルメートルで20秒29のシーズンベスト
3位はアミール・ウェブで20秒33のシーズンベスト
ドグラスは余裕の走り、最後は隣を見る余裕もあった。
ルメートルは一時期怪我をしていたので、もしかすると標準記録を切れないのではないかと心配していたが全く問題なかった。相変わらず後半まくり上げるレース展開。
Filippo Tortuが20秒34の自己ベストで4位。
2年前のユース時代に20秒92を記録していたので適正はあったのだろうが予想以上の好記録。これはヨーロッパジュニア歴代5位。100m通過はほとんどトップと変わらず、チャンスが有れば100mも標準記録を切るのではないだろうか。200mは恐らく世界陸上に出るだろう、予選通過を期待したい。

男子やり投
Thomas Röhlerが90m06で優勝
2位はJohannes Vetterで88m15
3位はKeshorn Walcottで86m61のシーズンベスト
最終投擲で90mを超える辺りは流石。しかし、世界陸上の優勝候補筆頭ではあるが、ずば抜けているわけではないので安泰ではない。
Vetterは実力は十分なのだが、若いこともありまだ世界大会のメダルはない。
Walcottの記録はサードベスト。五輪は2大会でメダル獲得しているが、世界陸上は決勝進出さえない。
posted by クライシ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ