最近の記事

2017年05月22日

JAMAICA INTERNATIONAL INVITATIONAL 2017

https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/jamaica-international-invitational-6061/timetable/byday

男子100m +0.4
ヨハン・ブレークが9秒93のシーズンベストで優勝
2位はRonnie Bakerで9秒98の自己ベスト
3位はマイク・ロジャースで10秒02のシーズンベスト
ブレークは初戦でバランスを崩し最後流したとは言え10秒88だったのでまさか2戦目で10秒を切るとは思わなかった。去年は明らかに全盛期より力が落ちているとは言え9秒台を5回記録し五輪では4位。やはり実力はあるので今年も世界陸上の決勝に残る可能性は高い。

男子200m +1.2
アンドレ・ドグラスが20秒14のシーズンベストで優勝
2位はラショーン・メリットで20秒28
3位はZharnel Hughesで20秒29のシーズンベスト
ドグラスは200m初戦最高記録、とはいえ例年とそれほど差はない。彼が19秒5台に突入するようであればボルトとの試合も面白くなるが、現状あまり想像できない。19秒6台ならば可能な範囲だと思う。

男子400mH
Kyron McMasterが47秒80のイギリス領ヴァージン諸島記録
2位はJaheel Hydeで48秒52の自己ベスト
3位はバーショーン・ジャクソンで48秒63のシーズンベストタイ
McMasterは今季に入り48秒台に突入し、更に47秒台まで突入。以前の自己ベストは2016年世界ジュニアで記録した49秒56なので1.76秒の更新。シニア1年目の記録としてはカーロン・クレメント、ダニー・ハリスに次ぐ記録。
Hydeはまさか同年代のMcMasterにこれだけ差を付けられるとは思わなかっただろう、Hydeの記録もシニア1年目としては速い。
posted by クライシ at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやく、ブレイクの本来の走りが見れました。ブレイクにしては、かなりスタートが良かったように思います。年々復活しているようですが、2013年〜2014年の故障が非常にもったいなかったですね。今年の世界陸上では、100、200共にメダルをとってほしいものです。
Posted by at 2017年05月25日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
世界陸上2017(男子) by り (08/11)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/07)
カテゴリ