最近の記事

2016年11月26日

大谷vs松山vs錦織 一番稼げない競技を選んだのは大谷

http://news.livedoor.com/article/detail/12315471/

それぞれのトップ選手を比較して、野球が最も稼げない競技というのはとてもじゃないがまともな理屈ではない。

フォーブスのランキングを見てみよう。
http://www.topendsports.com/world/lists/earnings/forbes-index.htm

2016年のスポーツ別ランキングはサッカー、バスケットボール、テニス、アメリカンフットボール、ゴルフ、モータースポーツ、ボクシング、陸上競技、野球、総合格闘技の順である。
この記事の言うとおりであれば陸上競技は野球よりも稼げる競技になる。この時点で違和感がないだろうか。歴史上で見ても300万ドル以上稼ぐ陸上選手なんてものはボルト唯一で、他の大半の選手は日本のプロ野球選手にも劣る。

同様のことはテニス選手にも言える。もちろん、陸上選手と比較すれば確実に儲かる競技だろう。しかし、野球と比べてみれば大半の選手は稼ぐことはできない。GSに出られるか出られないランキング100位以下の選手となると、大半は賞金額の安い大会を回ることになる。さらにスポンサーも付かなければツアーを回ることさえ困難。野球において世界で100番目の選手がそんなギリギリの生活をしているだろうか。
テニスのプロ活動の難しさを書いているブログ記事があったので貼っておく。
http://love-30.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/2-b3b4.html

錦織はテニス選手の中でもスポンサー契約料が多い選手で、マレーの倍も貰っている。フェデラーは別格としても、ジョコビッチやナダルと大差ない。
posted by クライシ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ