最近の記事

2016年08月27日

Diamond League Lausanne 2016

http://lausanne.diamondleague.com/en/programme_results_lausanne/

男子100m +0.5
アサファ・パウエルが9秒96で優勝
2位はベン=ユスフ・メイテで10秒01
3位はJoel Fearonで10秒05
衰えたといえども9秒台を出すのは流石、96回目の9秒台でもう100回目は目前。
Fearonは今季9秒台に突入するも国内選考会にも出ていないのでリレーメンバーにすら選ばれていない。ダイヤモンドリーグでも結果を残したし、今後は活躍が見られるかもしれない。

男子200m +0.4
チュランディ・マルティナが19秒81のオランダ記録で優勝
2位はアロンソ・エドワードで19秒92のシーズンベスト
3位はJulian Forteで20秒16のシーズンベスト
マルティナは北京での失格記録を上回った。以前の自己ベストは2012年で同じく五輪後のローザンヌ、五輪年になると調子を上げる典型的な選手。

男子110mH +0.5
オルランド・オルテガが13秒11で優勝
2位はOmar McLeodで13秒12
3位はDimitri Bascouで13秒25
五輪のメダリストがそのまま上位3人、記録も五輪とさほど変わらない。
Wilhem Belocianが13秒25の自己ベストで4位。自己ベストを0.03秒更新。五輪では予選でフライング失格、もしこれがなければ決勝進出の可能性があったんだろうな。

女子100m +0.8
エレイン・トンプソンが10秒78で優勝
2位はJenna Prandiniで11秒11
3位はMorolake Akinosunで11秒16
トンプソンは今季3回目の10秒7台とハイアベレージ。去年も100m走る機会があれば10秒7台出してもおかしくなかったし、世界陸上に出ていればメダルが取れていただろう。
posted by クライシ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ