最近の記事

2016年06月24日

34TH MEETING MADRID 2016

http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-challenge-meetings/2016/34th-meeting-madrid-2016-5866

男子100m +1.0
ハッサン・タフティアンが10秒04のアジア歴代9位タイ&イラン記録で優勝
2位はBruno Hortelanoで10秒06のスペイン記録
3位はケマー・ハイマンで10秒13
室内で好調だったタフティアンが10秒0台前半に突入。屋外初戦で10秒13(-0.3)と好記録を出す予兆はあった。
Hortelanoは200mを主に走っている選手でこの種目のスペイン記録保持者、2013年世界陸上で準決勝進出の実績がある。自己ベストはこの時予選で出した20秒47だからそう速くない。100mでこれだけのタイムが出せれば200mでも20秒2〜3程度は狙える。
元スペイン記録保持者のアンヘル・ダビド・ロドリゲスも出場していて予選で10秒24、決勝は棄権。もう36歳と高齢なのでいつ引退してもおかしくない。

女子三段跳
Yulimar Rojasが15m02(-0.4)のベネズエラ記録で優勝
2位はSusana Costaで14m31(+0.2)
3位はAna José Timaで14m22のドミニカ共和国記録
Rojasが初の15m超え、今季だけで82cmも自己ベストを伸ばしている。最も若い15mジャンパーとなった。
posted by クライシ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ