最近の記事

2016年05月20日

2016 IAAF WORLD CHALLENGE BEIJING

http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-challenge-meetings/2016/2016-iaaf-world-challenge-beijing-5872

男子100m -0.1
ジャスティン・ガトリンが9秒94のシーズンベストタイで優勝
2位はマイク・ロジャースで9秒97のシーズンベスト
3位は謝震業で10秒12の自己ベスト
Diondre Batsonが失格になったがスローで見ても分からない、何度か機械の不調があり本人も納得言っていない様子。仕切り直しが何度もあり、待たされる中、相変わらずの強さ。
謝はやはり室内での記録からこのくらい記録は出すだろう、200mも中国記録更新の期待が高まる。

女子200m +0.2
ベロニカ・キャンベル=ブラウンが22秒29のシーズンベストタイで優勝
2位はSimone Faceyで22秒63のシーズンベスト
3位はTiffany Townsendで23秒06
ガトリン同様2004年のアテネ五輪から活躍し、未だにメダル争いに絡める選手。去年の世界陸上ではインレーンにも関わらず21秒台を出し、今季も4月から好タイムを出し好調。今季のアリソン・フェリックスの調子は分からないがダフネ・シパーズ、Tori Bowie、Felicia Brownが22秒2台を既に出していて五輪ではレベルの高いレースが見られる可能性が高い。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ