最近の記事

2015年03月15日

NCAA室内陸上選手権2015

http://www.ncaa.com/sites/default/files/external/track-field/results/d1/indoor15/index.htm

男子200m
Trayvon Bromellが20秒19の世界歴代3位で優勝
2位はAndre De Grasseで20秒26の世界歴代5位タイ
3位はBryce Robinsonで20秒75
Trayvon Bromellは予選で20秒23の世界歴代3位、それを更新した。。予選レースの40分前に60mの試合があってそこではフライング失格、この調子だとどんなタイム出せたか気になる。Bromellはあまり期待していなかったがどうなるか分からんな、個人的に期待していたTrentavis Fridayは20秒96で予選落ち。室内でこれだけのタイムが出せれば屋外でも十分結果を残せるだろう、全米で上位に入る可能性もある。
Andre De Grasseも好記録、屋外カナダ記録が去年更新されたがそれを更新する力は十分あるだろう。カナダのリレーが最近結果を残しているが更に強くなりそうだ。

男子棒高跳
Shawnacy Barberが5m91のカナダ記録で優勝
2位はJake Blankenshipで5m80
3位はAndrew Irwinで5m50
今季7回も5m80以上跳んでるBarberが予想通りの強さ。ジュニア時代から活躍していて2012年世界ジュニアでは3位、2013年の世界陸上にも出場している。室内屋外通じてシニア2年目で5m91以上を跳んだ選手はセルゲイ・ブブカとDanny Eckerしかいない、どちらも6mボールター。今季の調子を見ると世界陸上でもいい結果が得られると思う。

男子三段跳
Marquis Dendyが17m37の自己ベストで優勝
2位はDonald Scottで16m84
3位はBen Williamsで16m53
Marquis Dendyは今季成長した選手で屋外自己ベストよりも85cmも伸ばしている。これだけの記録が出せれば代表入りもあり得る。元々走幅跳で2013年世界陸上に出場している、今回は走幅跳でも優勝して2冠。

女子60mH
Dior Hallが予選で8秒01の世界ジュニア記録。気づいてなかったが2月の時点で8秒07と世界ジュニア記録まで0.01秒の記録を出していた。室内では去年よりも明らかに速くなっている、屋外では去年世界ジュニア歴代6位の記録を出したのでそれを更新できるかどうか。

女子三段跳
Ciarra Brewerが14m01の自己ベストで優勝
2位はKeturah Orjiで13m77
3位はNadia Ekeで13m32
記録自体は特筆すべきものではないがBrewerは2006年に屋外12歳年齢別最高記録の11m74を跳んでいる。世界ユース、世界ジュニアの出場経験がありどちらも入賞している。ポテンシャルは高いんだろうが現在の記録ではまだ世界は遠い。

女子砲丸投
Raven Saundersが18m62のジュニア歴代3位
2位はTori Blissで18m47
3位はBrittany Mannで17m40
室内ジュニア歴代3位だが屋外では20位以内にも入らない、室内ジュニア記録は20m51。現在の記録では世界どうこうのレベルではないが19m台に乗るようになれば代表入りもありえるだろう。正直この記録だけではなんとも言えない。アメリカ男子は常に記録上で優勝もあり得る選手が複数いるが女子はそういった選手がいない、そういうレベルになって欲しい。
ラベル:室内
posted by クライシ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(NCAA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
検索
 
最近のコメント
カテゴリ