最近の記事

2017年07月12日

VETTER THROWS 94.44M IN LUCERNE, MOVES TO SECOND ON ALL-TIME WORLD JAVELIN LIST

https://www.iaaf.org/news/report/vetter-throws-9444m-in-lucerne

Johannes Vetterが男子やり投で94m44の世界歴代2位&ドイツ記録。
世界パフォーマンス歴代5位。彼は今まで90m以上の投擲をしたことはなく、4m76cmという大幅自己ベスト更新。他の選手の記録を見る限り特別条件が良かったとも思えないので、今後の試合でも同じパフォーマンスが見られるか注目。
彼のSBを見ると2013年は76m58、2014年は79m75、2015年は85m40、2016年は89m57と毎年の更新幅が凄まじい。
今回のシリーズは90m75、91m06、93m06、94m44、89m50、ファール。去年、Thomas Rohlerが91m28を記録した時に1試合で複数回91m以上を投げた2人目の選手ということを書いたが、彼は3人目となった。90m以上を4回、91m以上を3回、93m以上を2回はヤン・ゼレズニー以来2人目。

以前、世界陸上において前回大会4位だった選手が優勝することが多いと書いたが、五輪を含めた世界大会でも4位の選手が優勝している例が続いている。2012年五輪と2013年世界陸上のヴィテスラフ・ヴェセリー、2013年世界陸上と2015年世界陸上のJulius Yego、2015年世界陸上と2016年五輪のThomas Rohler。2012年五輪で4位だったヴェセリーはOleksandr Pyatnytsyaの失格により3位に上がっているが、競技後の順位としてみれば継続中。Rohlerが勝ってもVetterが勝っても面白いということで紹介。

RohlerとVetterの対戦成績はRohlerから見て23勝8敗。2歳差があるのでVetterの負け越しは仕方がないが、直近は3連勝中。
posted by クライシ at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部忠平記念陸上2017

http://www.jaaf.or.jp/competition/detail/701/

男子400mH
石田裕介が49秒35の自己ベストで優勝
2位は松下祐樹で49秒41
3位は前野景で49秒48
石田が標準記録をギリギリ突破、日本選手権で2位に入っているので代表入り。
松下は日本選手権に続きあと少しで標準記録が切れなかった。
今大会で標準記録を突破したのは石田だけ。小西、前野、鍛治木はすでに標準記録を突破しているが、日本選手権で上位に入っていない、誰が選ばれるのか。

女子やり投
海老原有希が61m95のシーズンベストで優勝
2位は森友佳で58m94
3位は斉藤真理菜で56m76
海老原が標準記録突破、6大会連続の世界大会出場となった。2011年は世界陸上決勝に残るが、それ以降は予選落ちが続いている。今季は60m台を4回も投げ安定しているので、なんとか決勝進出して欲しい。
posted by クライシ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ