最近の記事

2017年06月19日

ページランクアルゴリズムとuser preferenceアルゴリズムによる陸上競技選手の評価

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0178458

以前から陸上競技選手のランキングに関する記事を書いているが、今回はページランクアルゴリズムなどを使った選手評価の論文の紹介。

ページランクはその名の通り、ページの重要度を決定することに使う技術であり、Googleの検索エンジンなどに使われている。すでにスポーツにおいてチームの評価などに使われている。

既存のランキングシステム(http://www.all-athletics.com/en-us/rules-all-athletics-world-rankings-2016)は、タイムや風速、スコアリングテーブルを用い、試合のポイントが大会によって違う等主観的要素が入っている。今回用いたアルゴリズムでは誰が誰に勝ったかという点でランク付けを行う。

イロレーティングについてはページランクアルゴリズムが試合のたびに全体が更新されるのに対し、試合に出た選手しか変動がないため使用しなかったとのこと。

かなりざっくりとしか読んでいないが、1度しか試合に出ずに優勝した選手(Marvin Bracyやウサイン・ボルト)の評価が高いuser preferenceアルゴリズムの方が個人的には知りたい指標である。もし、ダイヤモンドリーグが有力選手すべて平均的に出場する大会であればページランクアルゴリズムの方が正確な評価が出るだろう。しかし、ボルトのような選手はほとんど試合に出ないのでこういった数字に現れにくい。
posted by クライシ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(データ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男子やり投で高校1年生15歳の中村健太郎(清風南海高1)が68m65のビッグスロー




ニュースソースが見つからなかったのでツイッターから。
この記録は15歳年齢別最高記録。
posted by クライシ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Diamond League Stockholm 2016

https://stockholm.diamondleague.com/en/lists_results_stockholm/

男子100m +4.8
アンドレ・ドグラスが9秒69で優勝
2位はベン=ユスフ・メイテで9秒84
3位はRyan Shieldsで9秒89
無風で9秒9台前半くらいか。追風参考でも9秒6台は過去2回しか出ていないが、これだけの追風に恵まれるほうが稀なので特に記録的に価値があるとは思えない。ドグラスは2年前のNCAAで9秒75(+2.7)を記録しているのでそちらのほうが風速を考慮すれば上だと思う。
8レーンをユリアン・ロイスが走っていて、レース後に7レーンの選手と接触するのを避けてトラックの外側に避けていったのだが、カメラに接触しそうで危なかった。9秒99で走るようなスピードで人に当たれば非常に危険。
posted by クライシ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Castellón (Spain), 10.6.2017 -Clubs League-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/06/castellon-spain-1062017-clubs-league.html

Yunier Perezが男子100mで10秒10(+1.8)の自己ベスト。
記録上は特に大したことないが、彼は室内60mの自己ベストが6秒49にも関わらず100mは10秒22と遅いことで個人的に印象に残っている選手。室内60mで6秒4台を出しながら、10秒2台を切れていないのは本職がハードルのコリン・ジャクソンを除けば彼だけだった。

今期は屋外初戦で10秒19の自己ベスト、次の大会で10秒12と標準記録突破。彼は個人種目では世界大会に出たことはなく、今年初めて出場するかもしれない。
posted by クライシ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ