最近の記事

2017年06月17日

Sao Bernardo do Campo (Brazil), 9-11.6.2017 -36 Trofeo Brasil - National Championships-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/06/sao-bernardo-do-campo-brazil-9-1162017.html

男子100m +0.5
Paulo André de Oliveiraが10秒18の南アメリカジュニア記録で優勝
2位はブルーノ・デ・バロスで10秒22のシーズンベスト
3位はFelipe dos Santosで10秒27の自己ベスト
de Oliveiraは2015年世界ユース8位、2016年世界ジュニア5位とすでにそこそこの実績を残している。200mの自己ベストは20秒75であるが、追風参考で20秒3台を2回記録しており、好条件に恵まれれば20秒台前半を出せると思う。

男子200m +1.3
Aldemir da Silva Juniorが20秒15の自己ベストで優勝
2位はブルーノ・デ・バロスで20秒61のシーズンベスト
3位はDerick Silvaで20秒61の自己ベスト
da Silva Juniorの記録は南アフリカ歴代3位タイ。シニア1年目から20秒3台を記録していたが、なかなか記録が上がらなかった。
posted by クライシ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Diamond League Oslo 2017

https://oslo.diamondleague.com/en/programme-results/programme-2017/

男子100m +0.2
アンドレ・ドグラスが10秒01のシーズンベストで優勝
2位はChijindu Ujahで10秒02のシーズンベストタイ
3位はベン=ユスフ・メイテで10秒03のシーズンベスト
ドグラスも段々調子を上げてきている。去年の今頃は10秒07(+0.6)だったので世界大会では今年も上位に絡むだろう。

男子400mH
Karsten Warholmが48秒25のノルウェー記録で優勝
2位はYasmani Copelloで48秒44のシーズンベスト
3位はThomas Barrで48秒95のシーズンベスト
1週間前に400mで44秒87のノルウェー記録をだしたWarholmが地元のダイヤモンドリーグで初優勝。今年の世界陸上が去年の五輪と同レベルであれば決勝進出も狙える。まだ若く、400mの持ちタイムからすれば将来的には47秒台に突入して欲しい。

Jakob Ingebrigtsenが男子1マイルで3分56秒29のユース歴代2位&16歳年齢別最高記録
先月のダイヤモンドリーグユージーンでも4分切りの3分58秒07を記録。彼は去年、15歳ながら世界ジュニアに出場し、1500mで9位に入っている。
posted by クライシ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ