最近の記事

2017年06月29日

OSTRAVA GOLDEN SPIKE 2017

https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/56th-ostrava-golden-spike-6058/timetable/byday

男子100m -0.3
ウサイン・ボルトが10秒06で優勝
2位はYunier Perezで10秒09の自己ベスト
3位はジャック・ハーヴェイで10秒26
スタートからかなり遅れ60m地点でPerezを捉え、その後は流し気味でフィニッシュ。状態がいいようには見えない、このままだと世界陸上は9秒8台中盤程度しか出せないかもしれない。
Perezは今季になり10秒1台、10秒0台に初めて突入。元々室内60mは速い選手だったのでうまく噛み合いだしたのだと思う。

男子300m
ウェイド・バンニーキルクが30秒81の世界最高記録で優勝
2位はアイザック・マクワラで31秒44の世界歴代5位
3位はClarence Munyaiで31秒61の世界歴代9位&世界ジュニア最高記録
今季好調だったので30秒台の可能性は十分、世界記録も射程圏内と思っていたのでそれほど驚きではない。全体的に記録も出ているし、コンディションはよかったのだろう。この調子で400mでも世界記録を更新してもらいたい。少し気になるのはスタートをスローで見ると他の選手よりも明らかに早く出ているようにみえる。リアクションタイムは0.152秒で他の選手が0.2秒程度かかっているので早いと言えば早いのだが、うーん。
マクワラは今季200mも400mも大したタイムで走っていないのでこの記録は意外、世界陸上ではそこそこのタイム出してくるのだろうか。
Munyaiは今季200mで20秒10を記録しているとはいえこの記録は予想外。400mの記録は見つからないが、45秒台の力はあるだろう。

男子110mH +0.6
Garfield Darienが13秒09の自己ベストで優勝
2位はBalázs Bajiで13秒23のハンガリー記録
3位はMilan Trajkovicで13秒34
Darienの記録はフランス歴代3位、2012年の自己記録を5年ぶりに更新。ヨーロッパだとそこそこ強い選手だが、あまり印象に残っていない。世界大会では2015年世界陸上で決勝に残り8位。

男子ハンマー投
Pawel Fajdekが83m44の今期世界最高記録で優勝
2位はWojciech Nowickiで80m31の自己ベスト
3位はBence Halaszで78m85の自己ベスト
Fajdekの記録は自己3番目、そろそろ84m台を投げて欲しい。
Nowickiは勝手に若手だと思っていたが、Fajdekと同世代、誕生日はNowickiの方が早い。彼は2015年世界陸上、2016年ヨーロッパ選手権、2016年五輪と全て3位。実力は上がっているようなので、今年の世界陸上は2位が狙えると思う。
Halaszの記録は今季ランキング3位、シニア1年目としては歴代4番目の記録。5kgの世界ユース最高記録保持者だが、こういう選手はシニアになると伸びない場合が多いのでそれほど期待していなかった。シニアになり5m近く記録更新、記録上は世界陸上のメダルも狙える。

男子やり投
Thomas Rohlerが91m53で優勝
2位はJohannes Vetterで87m88
3位はJakub Vadlejchで86m43
Rohlerは今季3回目の90m超え、これは2006年のアンドレアス・トルキルドセン以来。今季はまだ90m以上の投擲をすると思う。
posted by クライシ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rising long jumper Shi Yuhao breaks Asian junior record

http://www.ecns.cn/2017/06-26/262878.shtml

Shi Yuhaoが男子走幅跳で8m31(+0.8)の世界ジュニア歴代3位&アジアジュニア記録。
posted by クライシ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謝震業が男子100mで10秒09A(+0.3)のシーズンベスト。

https://www.iaaf.org/records/toplists/sprints/100-metres/outdoor/men/senior/2017

なぜかググってもリザルトが出ないのでIAAFのトップリストから。
今季は200mで20秒40の中国記録を樹立するも、100mはまだ標準記録を切っていなかった。去年の五輪では素晴らしい走りを披露していたので、今年の世界陸上も期待したい。
posted by クライシ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男子4x100mリレーの世界ユース最高記録

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_world_youth_bests_in_athletics

以前、Carifta Games 2017の記事において軽く触れたが、やはり洛南高校の記録ではなくジャマイカの記録が認知されている模様。
洛南高校のメンバーの年齢が調べられないから仕方がないと言えば仕方がない。
posted by クライシ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

ケニア陸上選手権2017

http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Kenya-names-team-for-world-Championships/1100-3985648-of8hqdz/index.html

Julius Yegoが男子やり投で87m97Aのシーズンベスト。
不調かと思いきや、ここで大投擲。2週間前は82m60しか投げられず、世界陸上のメダルも難しいのではないかと思われた。この調子だと五輪同様メダルに食い込みそう。
posted by クライシ at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸上男子100m 金国栄が10秒07で韓国記録更新

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0627/10192786.html

金国栄が男子100mで10秒07(+0.8)の韓国記録。
2日前に10秒13(+0.2)を記録し、韓国記録を0.03秒更新、そこから更に伸ばした。
彼が初めて韓国記録を更新したのは2010年、当時の韓国記録は徐末九の10秒34(0.0)。末九の記録は当時の日本記録と全く同じだったが、そこから31年間破られずに随分差が付いてしまっていた。そこから国栄が0.07秒まで迫った。
今の高い水準の標準記録を破ったのも驚きだが、追風1.0m/s以内で10秒0台はなかなか速い。
posted by クライシ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ジャマイカジュニア陸上選手権2017

http://www.trackandfieldjm.com/component/jdownloads/send/7-events/389-2017-national-junior-champs-results.html

男子砲丸投(6kg)
Kevin Nedrickが20m94のジャマイカジュニア記録で優勝
2位はKyle Mitchellで19m58の自己ベスト
3位はCourtney Lawrenceで17m52の自己ベスト
Nedrickの記録は今季ジュニアランク4位、同世代では世界トップレベル。ジャマイカ選手がこういった種目で活躍しだすのは面白い。

女子100m +1.6
Kevona Davisが11秒24の世界ユース歴代10位タイで優勝
2位はBriana Williamsで11秒30の自己ベスト
3位はAckera Nugentで11秒83の自己ベスト
Davisは2001年生まれの15歳、今回の記録はマリオン・ジョーンズの11秒17に次ぐ15歳歴代2位。
Williamsは2002年生まれの15歳、今回の記録はU16歴代最高&15歳歴代3位。

女子200m +0.5
Kevona Davisが22秒97の今季世界ユース最高記録で優勝
2位はBriana Williamsで23秒57の自己ベスト
3位はLeyone Smithで24秒86
Davisの記録はマリオン・ジョーンズの22秒76、Lauren Rain Williamsの22秒90に次ぐ15歳歴代3位。
posted by クライシ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全米ジュニア陸上選手権2017

http://results.usatf.org/2017JrOutdoors/

女子100mH -0.7
Tara Davisが13秒01で優勝
2位はTia Jonesで13秒02
Davisは予選で12秒95(+0.5)の自己ベスト。彼女は今季室内走幅跳では6m68の世界ジュニア歴代5位、屋外では6m73(+1.9)を記録している。全米選手権では走幅跳に出場し6m64(+2.9)で5位。
Jonesはまだユースの選手だが去年12秒84の世界ユース最高記録を樹立。
posted by クライシ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

European Team Championships Super League 2017

http://www.lillemetropole2017.com/en/

男子110mH +0.2
オルランド・オルテガが13秒20で優勝
2位はAurel Mangaで13秒35
3位はDavid Omoregieで13秒36
オルテガが無難に優勝。SBは13秒15とまだまだ、去年は7月からタイムを上げてきたからそろそろ13秒0台を記録して欲しいところ。彼は早くから頭角を現し2012年五輪ですでに決勝進出しているが、国籍変更などもあり世界陸上ではまだ準決勝にすら進んでいない。去年の五輪メダリストとして今年の世界陸上もメダルを獲得して欲しい。

男子棒高跳
ルノー・ラビレニが5m80で優勝
2位はHendrik Gruberで5m55
3位はIgor Bychkovで5m55
ラビレニは室内含めてSBが5m83と、この時期としては2008年以来の低記録。
posted by クライシ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(地域大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

トリニダード・トバゴ陸上選手権2017

http://www.naaatt.org/results/2017/naaa_open/

Anderson Petersが男子やり投で83m36のグレナダ記録。
Petersは去年の世界ジュニア3位。今年に入り初めて80mを超え、世界陸上標準記録まで突破した。

女子100m +0.9
Michelle-Lee Ahyeが10秒82のトリニダード・トバゴ記録で優勝
2位はKelly-Ann Baptisteで10秒88
3位はKhalifa St Fortで11秒06の世界ジュニア歴代8位
上位3人だけ見ると全米選手権よりもハイレベルに見える。
Ahyeは2015年世界陸上、2016年五輪と決勝進出しているため今回も期待できる。記録上はメダルも十分狙える。
Baptisteは以前のトリニダード・トバゴ記録保持者。今回のタイムも例年なら優勝している。
posted by クライシ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ