最近の記事

2017年05月29日

Slovenska Bistrica (Slovenia), 27.5.2017

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/05/slovenska-bistrica-slovenia-2752017.html

Luka Janezicが男子300mで31秒89のスロバキア記録
彼の200mの自己ベストが20秒88(-1.2)、400mが45秒07なのでその記録からすると速いように思える。Karol Zalewskiも当時200mが20秒41(-0.3)、400mが46秒05とあまり速くなかったが300mで31秒93を記録している。300mの31秒台というのは1つの大台のようなイメージだが、意外にハードルは高くない。
posted by クライシ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Austin -TX- (United States), 25-27.5.2017 -NCAA Division I Preliminaries West-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/05/austin-tx-united-states-25-2752017-ncaa_28.html

Fred Kerleyが男子400mで43秒70の世界歴代7位
44秒09を出したときの走りから43秒台のポテンシャルは十分であったが、こうもあっさりと出すとは思わなかった。走幅跳で2m40台が久しぶりに出てから2m40を越える選手が続出したが、400mも似た様相を見せている。彼の実力は世界大会の実績がないので分からない、もしバンニーキルクのように本番でも強い選手であれば世界陸上は面白くなる。
それにしてもキラニ・ジェームスの記録を越える選手が数年でこんなに現れるとは思わなかった、彼が2012年五輪を獲ったときは彼の時代が来ると思ったのに。今も遅いわけではないが、43秒7台では勝てない時代になっている。
posted by クライシ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(NCAA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lexington -KY- (United States), 25-27.5.2017 -NCAA Division I Preliminaries East-

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/05/lexington-ky-united-states-25-2752017_28.html

Christian Colemanが男子200mで19秒85(-0.5)の今季世界最高記録
ついこの間19秒98の自己ベストを記録したばかりだが、19秒85まで短縮。今年の世界陸上で彼を見られる可能性は高そうだ。
また、Jereem Richardsが19秒97(+0.2)の自己ベスト。彼は今年になり室内シーズンからバンバン記録を更新し、今季だけで0.61秒も記録を伸ばしている。

Akeem Bloomfieldが男子400mで44秒74の自己ベスト。
怪我から回復したことで、今季は順調に記録を伸ばしている。
posted by クライシ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(NCAA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ