最近の記事

2017年05月28日

Diamond League Eugene 2017

https://eugene.diamondleague.com/program_results_eugene/

男子100m +2.4
Ronnie Bakerが9秒86で優勝
2位は蘇炳添で9秒92
3位はChijindu Ujahで9秒95
Bakerは一週間前にほぼ無風で9秒98を記録しているので追参の割にはあまり良くない。それでも9秒台スプリンターが競う中でこれだけ抜け出せたので力は十分ある。
蘇は2年前のこの試合で初めての9秒台である9秒99(+1.5)を記録、去年は10秒04(+2.6)。レーンは毎年同じ1レーンなので風速のみを考慮すれば9秒台を出した時に近い。彼は世界大会でベストを出す選手なので世界陸上はそこそこ期待できると思う。
ジャスティン・ガトリンは9秒97で5位。後半の強さがほとんどない、世界陸上どころか国内選手権で勝てるのかも不安になる。

男子110mH +0.9
オマール・マクレオドが13秒01の今季世界最高記録で優勝
2位はRonald Levyで13秒10の自己ベスト
3位はDevon Allenで13秒11のシーズンベスト
マクレオドは今季も調子がいい、優勝候補筆頭だろう。
Levyは今季急成長の選手で今年だけで自己ベストを0.4秒も短縮している。もちろん世界大会の実績はない、どういう経緯で彼がダイヤモンドリーグに出ることになったのだろう。
Allenはセカンドベスト。今季も調子は悪くない、世界陸上ではなんとかメダルを取ってほしい。

男子三段跳
Christian Taylorが18m11(+0.8)の今季世界最高記録で優勝
2位はWill Clayeで18m05(+2.4)
3位はDong Binで17m27(+0.9)のシーズンベスト
今季特に記録を出していたわけでもないので、突然の18m台に驚いた。18m台は4回目で現時点でアベレージはジョナサン・エドワーズと遜色ない、世界記録を出せるのは彼しかいないと言っていい。
Clayeは追参とはいえ初めての18m超え、公認では17m82(+1.7)の自己ベスト。
Binは去年世界室内優勝、五輪で3位と世界レベルの活躍。今回は上位が五輪1位と2位なので順調な結果、記録は悪くない。世界陸上でも入賞はするだろう。

男子砲丸投
Ryan Crouserが22m43のシーズンベスト
2位はTomas Walshで21m71
3位はJoe Kovacsで21m44
Crouserは相変わらずのハイアベレージ、彼は恐らく世界大会で強い選手なのでまだ記録を出せると思う。

女子200m +1.5
トリ・ボウイが21秒77の自己ベストで優勝
2位はショーナ・ミラーで21秒91のバハマ記録
3位はエレイン・トンプソンで21秒98のシーズンベスト
今季好調のトンプソンが優勝と思われたがボウイの圧勝、ミラーにも勝てなかった。
ボウイは去年の同大会で21秒99の当時自己ベストを記録しているので相性がいい大会、世界大会でこのタイムが出せるかというと難しいと思う。それでも実力があるのでメダルは取ると思うが
ミラーは2013年世界陸上以外では200mに出場していないが、今年の世界陸上では200mと400mのダブルを狙っている。もし達成すれば世界陸上では初。
ダフネ・シパーズは22秒30で4位。悪いタイムではないが、上位の記録からすれば物足りない。

女子3000mSC
Celliphine Chepteek Chespolが8分58秒78の世界歴代2位&世界ジュニア記録で優勝
2位はBeatrice Chepkoechで9分00秒70の世界歴代5位
3位はRuth Jebetで9分03秒52
Chespolは去年9分24秒73の世界ジュニア歴代6位&世界ユース最高記録、世界ジュニアも制覇。今年は初戦から9分05秒70の世界ジュニア記録、そこから8分台まで記録を更新。世界ユース、世界ジュニアのタイトルは持っており、ダイヤモンドリーグでも上位に入っているので世界大会には強いだろう。世界陸上に出場すればメダル獲得するんじゃないだろうか。女子3000SCは歴史が浅いためまだまだ記録が伸びると思う。

男子200m High School +0.9
Tyrese Cooperが20秒51の世界ユース歴代8位で優勝
2位はKalon Barnesで20秒54の自己ベスト
3位はElija Godwinで20秒71の自己ベスト
Cooperは室内合わせてもう50以上試合に出ている、よく怪我しないな。アメリカは世界ユースに選手を派遣しないので彼を見ることができないのが残念だが、どこかで400mの世界ユース最高記録を出して欲しい。

女子200m High School +0.6
Tamari Davisが23秒21の自己ベストで優勝
2位はDaija Lampkinで23秒36の自己ベスト
3位はSha'Carri Richardsonで23秒39の自己ベスト
Davisの記録は14歳年齢別最高記録。
posted by クライシ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ