最近の記事

2017年04月30日

織田記念国際陸上 2017

http://hiroshimatf.org/schedule/2362/

以前もリザルトに関して文句を書いたがリザルトの場所が分かりづらい。

男子100m -0.3
桐生祥秀が10秒04のシーズンベストタイで優勝
2位は多田修平で10秒24の自己ベスト
3位はSean McLeanで10秒24
桐生の記録は向かい風日本最高記録。織田記念は高速トラックで有名なのでここで9秒台を出しておきたかった、追風1m/sあれば確実に出ていただろう。桐生が今後も似たようなタイムで走れるようであれば9秒台は時間の問題、だが織田記念ほど記録が出やすいトラックはそう多くない。

山本凌雅が男子三段跳で16m91(+4.7)で優勝、公認で16m87(+1.8)の日本歴代2位を記録。
山本は2017年世界陸上標準記録突破。またファールで17m15程度を跳んでいたらしく、まだ若いこともあり日本記録更新の期待がかかる。
posted by クライシ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(国内リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ