最近の記事

2017年04月18日

TRACK AND FIELD: CEJHAE GREENE WINS 100-METER AT GAMECOCK INVITATIONAL

https://www.bulldawgillustrated.com/track-field-cejhae-greene-wins-100-meter-gamecock-invitational/

Ncincihli Titiが200mで20秒14(+1.7)の自己ベスト。
IAAFに記録が載っているにも関わらずググってもリザルトが出ないので、仕方なく同じ試合の記事を載せた。この記事にも2位のKendal Williamsのことは書いているが、Titiの名前はない。
この記録は南アフリカ歴代6位。上位4人は現役選手であることを見れば、現在の南アフリカは非常にレベルが高い。100mはサイモン・マガクウェが2014年に初めて南アフリカ選手として10秒を突破、そこから4人が新たに10秒を突破している。100m・200mの上位記録を羅列すると

100m
9.89 +1.9 Akani SIMBINE 1 Székesfehérvár (Sóstói Stadion) 18 JUL 2016
9.95A +1.2 Thando ROTO 2 Pretoria (Tuks) 18 MAR 2017
9.97 +0.8 Henricho BRUINTJIES 1h1 La Chaux-de-Fonds (La Charrière) 05 JUL 2015
9.98A +1.4 Simon MAGAKWE 1 Pretoria (ABSA) 12 APR 2014
9.98A +1.5 Wayde VAN NIEKERK 1 Bloemfontein 12 MAR 2016

200m
19.87 -0.1 Anaso JOBODWANA 3 Beijing (National Stadium) 27 AUG 2015
19.94 +0.6 Wayde VAN NIEKERK 1r2 Luzern 14 JUL 2015
19.95A +1.7 Akani SIMBINE 1r5 Pretoria (Tuks) 04 MAR 2017
20.10A +1.7 Clarence MUNYAI 2r5 Pretoria (Tuks) 04 MAR 2017
20.11A -0.8 Morne NAGEL 1 Germiston 05 APR 2002
20.14 +1.7 Ncincihli TITI 1r1 Columbia, SC 15 APR 2017

モーネ・ナゲルを除けば全員現役選手(マガクウェは今季から資格停止処分が解けるが現役か分からない)。普通に考えればリレーは強いはずだが、出場すらできていない。今年の世界リレーにはアカニ・シンビネ、ウェイド・バンニーキルク、ヘンリコ・ブラインキス、アナソ・ジョボドワナと37秒台出せるようなメンバー。バトンがまともに渡れば十分可能だろう。

Titiの話に戻す。彼の今までの自己ベストは3年前に記録した20秒41A(+1.9)。国際大会の実績は2015年ユニバシアード200mで4位になったことくらい。
posted by クライシ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ