最近の記事

2017年02月19日

Müller Indoor Grand Prix Birmingham 2017

https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-indoor-tour/muller-indoor-grand-prix-birmingham-6048/timetable/byday

Andrew Pozziが60mHで7秒43の自己ベスト&今季世界最高記録。
黒人選手以外としてはFalk Balzer、劉翔、Igors Kazanovsに次ぐ記録。今季だけで7秒4台を4回記録とハイアベレージ。この好調を維持すれば110mHで13秒0台も可能だろう。

エレイン・トンプソンが60mで6秒98の世界歴代7位タイ。
ジャマイカ記録まで0.02秒、シェリー=アン・フレーザー=プライスと並ぶ記録。室内シーズンは去年よりもいい、屋外では久々の10秒6台が見られるかもしれない。

Laura Muirが1000mで2分31秒93の世界歴代2位。
今季1000m、3000m、5000mと走り全て世界歴代10位以内を記録。1500mが専門で屋外でも好記録を持っているが、5000mを走らせても14分30程度で走れるだろう。
posted by クライシ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

Omar McLeod breaks Jamaica 200m indoor record

http://trackalerts.com/Articles/omar-mcleod-breaks-jamaica-200m-indoor-record/36408

Omar McLeodが室内200mで20秒48のジャマイカ記録。
従来の記録はオマー・ブラウンの20秒52。室内を走るトップジャマイカ選手が少ないとは言え記録の水準は高い。屋外でも走る機会があれば20秒2程度は出せてもおかしくない。
posted by クライシ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

Ostrava (Czech Republic), 14.2.2017 (indoor)

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/02/ostrava-czech-republic-1422017-indoor.html

男子300m
ブラロン・タプリンが31秒97の世界歴代4位で優勝
2位はPavel Maslákで32秒19のシーズンベスト
3位はRafał Omelkoで32秒73の自己ベスト
室内300mで31秒台は2006年以来、世界記録まで0.09秒。31秒台は全て同一レースで出されており、優勝したウォーレス・スピアモンが世界記録保持者。

男子砲丸投
Konrad Bukowieckiが21m15の自己ベストで優勝
2位はDavid Storlで20m97
3位はTomáš Stanekで20m69
Bukowieckiは今季初戦で21m17Aの自己ベスト、この時は屋外だったため今回は室内自己ベスト。アベレージは高いから世界陸上入賞はするだろう。
Storlは今季21m37を出しているが、調子を戻しつつあるのかどうか。
posted by クライシ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

2017年02月13日

Dacres breaks national discus record again

http://rjrnewsonline.com/sports/dacres-breaks-national-discus-record-again

Fedrick Dacresが円盤投げで68m88のジャマイカ記録。
今期に入り2度めの国内記録更新。以前は1月に投げ1月の世界最高記録であったが、今回は2月の世界最高記録。
posted by クライシ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fayetteville -AR- (United States), 10-11.2.2017 -Tyson Invitational- (indoor)

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/02/fayetteville-ar-united-states-10_12.html

Darryl Harawayが室内60mで6秒59の自己ベスト。
大した記録ではないが、なぜ取り上げたのかというと、この選手は3年前に100mで10秒20の世界ユース歴代2位を記録している。この時の記録を更新できていないが、60mで6秒59が出せるなら更新の可能性は十分ある。

Tyrese Cooperが室内400mで46秒01の世界ユース最高記録&世界ジュニア歴代9位。
William Reedの46秒84を大幅に更新。Reedは室内でこの記録を出した次の年に屋外で45秒17の当時世界ユース最高記録を出している。
追記:
リザルトを再確認すると室内200mで21秒12の世界ユース最高記録。気になって他の200mユース記録を調べていると去年Brian Herronが21秒22を記録している。以前、記事にしたがこの選手は去年15歳にして400mを46秒30で走っている。

Grant Hollowayが60mHで7秒58の自己ベスト
ハードル選手にありがちなマルチアスリートで、300mで32秒80、走高跳で2m16、走幅跳で8m05iの記録を持つ。去年は60mH(99.0)で当時世界ジュニア歴代4位を記録。

Chris Nilsenが室内棒高跳で5m70の世界ジュニア歴代2位。
Armand Duplantisが5m72を出す前の世界ジュニア記録である5m68を上回った、出すのが1週間遅かったか。
posted by クライシ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

Karsten Warholm tangerte verdensrekord: - Ganske lykkelig

http://www.aftenposten.no/100Sport/andreidretter/Karsten-Warholm-tangerte-verdensrekord---Ganske-lykkelig-230378b.html

Karsten Warholmが室内300mHで34秒92の世界最高記録タイ。
マニアックな種目であるが、もう1人の記録保持者はLlewellyn Herbertなのでそこそこ名の知れた選手。Warholmはまだ20歳と若く、去年の五輪では48秒49の自己ベストで準決勝進出と今後に期待させる活躍をしている。
posted by クライシ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NYRR Millrose Games 2017

http://results.nyrrmillrosegames.org/

Omar McLeodが室内60mHで7秒46のシーズンベスト。去年も同大会で同タイムを出し優勝している。

ショーナ・ミラーが室内300mで35秒71の世界歴代3位タイ。
200m、400m共に世界トップレベルなので走らせればこのくらいのタイムは出せるだろう。

Armand Duplantisが室内棒高跳で5m75の世界ジュニア記録。
この記録を1回目で成功、シニアとくらべても遜色ない。スウェーデン歴代3位、やらかさない限り今年の世界陸上はスウェーデン代表として出場するだろう。
posted by クライシ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tara Davis After National Record

http://tx.milesplit.com/videos/181035

Tara Davisが室内走幅跳で6m68の世界ジュニア歴代5位。
この選手は2015年世界ユース走幅跳のチャンピオン。100mHも速い選手で2年前に13秒48の記録を残している。
posted by クライシ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ