最近の記事

2017年02月27日

Ryan Crouser monsters Tom Walsh again, then predicts dual world record assault

http://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/89823452/ryan-crouser-monsters-tom-walsh-again-then-predicts-dual-world-record-assault

男子砲丸投
Ryan Crouserが22m15の今季世界最高記録で優勝
2位はTomas Walshで21m80のシーズンベスト
3位はJacko Gillで20m92
Crouserは今季初戦で22m超えも驚いたが、2戦目はさらに記録を伸ばした。怪我でもしない限り今年の世界陸上の優勝は確実であろう。
Walshの記録も素晴らしい。今季も22m以上の投擲を見せてくれるだろう。
Gillは上に比べると差はあるが、今季21m台に突入したばかりのことを考えれば悪い記録ではない。

Eliza McCartneyが女子棒高跳で4m82のオーストラリア記録。
世界歴代11位と歴代10傑まであと1cm。去年4m80を出しているので今回の記録は驚くほどのものではない。
去年は五輪で自己ベストタイで3位、今年の世界陸上もメダル候補。
posted by クライシ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

Sandra Perković: Mršavija sam pet kilograma, ali i brža

http://www.vecernji.hr/ostali-sportovi/sandra-perkovic-mrsavija-sam-pet-kilograma-ali-i-brza-1152114

サンドラ・ペルコビッチが女子円盤投で70m23の今季世界最高記録。
もう4年連続、同大会のシーズン初戦で70m越え。2月の記録としては世界最高。
2015年世界陸上はDenia Caballeroに敗戦、とはいえ今年の世界陸上は安定感から言って優勝候補筆頭だろう。あの敗戦から14連勝継続中。
posted by クライシ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Albuquerque -NM- (United States), 23-25.2.2017 -Mountain West Conference Championships- (indoor)

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/02/albuquerque-nm-united-states-23-2522017_26.html

Mostafa Amr Hassanが男子砲丸投で21m30Aのエジプト記録
Hassanにとって初の21m台で、自己ベストを73pも更新する大幅自己ベスト。
Ryan Crouser、Tomas Walshといった選手が22m台を投げている今では世界大会のメダルは厳しいが、年齢を考えるとこれから非常に期待できる。Hassanはまだ21歳、同時期のCrouserやWalshと比べても遜色ない。ただ、今回の記録が突出しているのでフロックの可能性がある。
posted by クライシ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

Sofia Palkina 68.82

https://www.iaaf.org/records/toplists/throws/hammer-throw/outdoor/women/u20/2017

リザルトが見つからなかったのでトップリストから。
Sofia Palkinaが女子ハンマー投で68m82の世界ジュニア歴代10位相当。
現在ロシア陸連が資格停止中のため公認されない。
posted by クライシ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

Emmanouil karalis 5.70m

https://www.youtube.com/watch?v=GTxEJtz37HA

Emmanouil Karalisが室内棒高跳びで5m70の世界ジュニア歴代2位タイ。
今季だけで従来の世界ジュニア記録を3人も更新。その中でもArmand DuplantisとKaralisはまだ1999年生まれで来年までジュニア、良いライバル関係となって欲しい。特にDuplantisは室内での記録が屋外ジュニア記録まで5cmと迫っている、今季中に更新の可能性もある。
posted by クライシ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

Lisa Gunnarsson satte personligt rekord

http://www.friidrottaren.com/lisa-gunnarsson-satte-personligt-rekord/

Lisa Gunnarssonが女子棒高跳で4m51の世界ジュニア歴代9位。
Gunnarssonは屋外・室内の世界ユース最高記録保持者。室内自己ベストは2cmしか更新できなかったが、シーズン序盤としては悪くない。
posted by クライシ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Torun (Poland), 18-19.2.2017 -National Championships- (indoor)

http://trackinsun.blogspot.jp/2017/02/torun-poland-18-1922017-national_19.html

Klaudia Siciarzが女子60mHで8秒00の世界ジュニア記録。
ここ数年、Sasha Wallaceが8秒08A、Dior Hallが8秒01、Tonea Marshallが8秒02と好記録が続出している。その中でもHallとMarshallは既存の世界ジュニア記録を上回っているが未だに保留中。Siciarzも同様に公認されないかもしれない。

100mHの自己ベストは13秒59とジュニア選手としてはまずまず、室内でこれだけのタイムが出せるなら13秒2以内で走れるはず。
posted by クライシ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

REKORD PAMELI DUTKIEWICZ! 7.79 NA PŁOTKACH

http://www.przegladsportowy.pl/lekkoatletyka,rekord-pameli-dutkiewicz-na-60-metrow-przez-plotki,artykul,759114,1,287.html

Pamela Dutkiewiczが女子60mHで7秒79の自己ベスト。
Dutkiewiczは今季初めて7秒台を記録。屋外自己ベストは12秒85、室内でこれだけのタイムが出せるなら12秒5程度出せるだろう。
posted by クライシ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Petra Koren potrdila normo za člansko EP, Tina Šutej uspešna v skoku s palico

http://www.delo.si/sport/drugi-sporti/petra-koren-potrdila-normo-za-clansko-ep-tina-sutej-uspesna-v-skoku-s-palico.html

Filip Jakob Demšarが男子60mHで8秒05の今季ユース最高記録。
世界ユース最高記録が史冬鵬の7秒94なので、恐らく歴代10位以内に入っている。屋外の記録を調べてたがシニア規格での記録は見つからず、ジュニア規格が14秒39、ユース規格が14秒84。
posted by クライシ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

Cooper runs 45.45 outdoor 400 opener but DQ's in 200

http://www.dyestat.com/gprofile.php?mgroup_id=44531&do=news&news_id=460036

Tyrese Cooperが100mで10秒81、400mで45秒45を記録。
2月に45秒45はユースでなくとも速い、今季世界ユース最高記録更新の可能性は高い。世界ユースに出れば100m、200m、400mどれもメダル候補だろう。

200mは失格。失格理由が非スポーツマン行為という珍しい理由、初めて見た。
https://www.youtube.com/watch?v=qo7cVtXBXb4
この動画のフィニッシュライン手前でやっているジェスターがダメだったらしい。
一部のフォーラムで20秒44を出したという書き込みがあるが、この動画を見る限り2位との差はあまりない。優勝者のタイムが21秒22だったので、恐らく20秒44は何かの間違い。
posted by クライシ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
世界陸上2017(男子) by り (08/11)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/07)
カテゴリ