最近の記事

2016年09月10日

Wayde van Niekerk considers sprint double at 2017 Worlds, 100m

http://olympics.nbcsports.com/2016/09/08/wayde-van-niekerk-usain-bolt-2017-world-championships-track-and-field/

ウェイド・バンニーキルクが来年の世界陸上で200mと400mの2冠を狙っているとのこと。
posted by クライシ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Diamond League Brussels 2016

http://brussels.diamondleague.com/en/programme_results_brussels/

男子200m +0.8
Julian Forteが19秒97の自己ベストで優勝
2位はAdam Gemiliで19秒97の自己ベスト
3位はチュランディ・マルティナで19秒98
Forteはつい先日、追風参考ながら9秒台を記録。ジャマイカ選手権では3位に入るも、ボルトが選ばれたため五輪には出られなかった。恐らく現状世界でも3番手付近にいる選手だと思う。
Gemiliは自己ベストを出すも優勝できず、この選手は接戦で勝てない印象が強い。しかし、怪我から復帰してよくここまで復活した、来年の世界陸上ではメダルを期待したい。
マルティナは19秒台を何回も出しているイメージがあったがこれで5回目。

女子100m +0.6
エレイン・トンプソンが10秒72で優勝
2位はダフネ・シパーズで10秒97
3位はChristania Williamsで11秒09
トンプソンはこれで4回目の10秒7台。1年間で4回の10秒7台はシェリー=アン・フレーザー=プライスですら達成したことがない。歴代でも1年間に10秒80を4回以上切った選手はフローレンス・グリフィス=ジョイナーの4回とマリオン・ジョーンズの9回だけ。フレーザー並に長年活躍することは難しいかもしれないが、瞬間的な強さなら上回れるだろう。

女子400m
キャスター・セメンヤが50秒40の自己ベストで優勝
2位はCourtney Okoloで50秒51
3位はStephenie Ann McPhersonで50秒51
最終コーナーを出たところで5位、800m同様後半を伸びを見せごぼう抜き。五輪では400mとの2冠を狙う話もあったが、50秒すら切れない状況ではメダルすら厳しかっただろう。それでも近年の800mランナーの中ではかなり速い。

女子棒高跳
Sandi Morrisが5m00の世界歴代2位で優勝
2位はEkaterini Stefanidiで4m76
3位はNicole Buchlerで4m58
Morrisが屋外でエレーナ・イシンバエワに続き2人目の5m超え。ギリギリというか完全に接触していてよく落ちなかったなという跳躍。イシンバエワが初めて5mを越えたのは23歳の時、Morrisはまだ24歳なのでそう変わらないが今後はもっとアベレージを上げていく必要がある。
posted by クライシ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Konrad Bukowiecki podejrzany o stosowanie dopingu

http://eurosport.onet.pl/lekkoatletyka/konrad-bukowiecki-podejrzany-o-stosowanie-dopingu/hxtjgs

Konrad Bukowieckiにドーピングの疑い。確かに薬を疑いたくなるようなパフォーマンスだったが、非常に残念。
posted by クライシ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ドーピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ