最近の記事

2016年08月07日

2016 USATF JO National Championships 15 16 Boys 400m Final Brian Herron 46.30

https://www.youtube.com/watch?v=L6uQc7e3ZLQ

Brian Herronが400mで46秒30の自己ベスト。彼は2000年11月24日生まれの15歳。同世代にTyrese Cooperがいるため目立たないがこの記録はU17ではかなり速い記録。
posted by クライシ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(地域大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AAU JO Games 2016

http://image2.aausports.org/sports/athletics/results/2016/jogames/index.htm

Tyrese Cooperが100mで10秒36(+0.8)、200mで20秒89(+0.6)、400mで45秒23で全種目優勝
100mは世界U17歴代7位、200mは予選で20秒62(+0.4)の自己ベストで世界U17歴代3位、400mは世界U18歴代5位。
日本だと高校2年相当、インターハイに出ても全て圧勝してしまうだろう。スコアリングテーブルは3373点でHenry Thomasを抜きU18最高、U20でも12番目。
来年までユースなので400mは世界U18最高記録更新の可能性がある。だが、以前も書いたようにChristopher Taylorが今季不調なのを見ると今季好調だからといって来年も自己ベスト更新できるとは限らないだろう。
posted by クライシ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(地域大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

Angelica Moser 4.57m Frauenkappelen 01.08.2016

https://www.youtube.com/watch?v=paYyfB9_TGY

Angelica Moserが棒高跳で4m57の世界U20歴代6位。
posted by クライシ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5人目の非黒人9秒台は誰か

https://www.iaaf.org/records/toplists/sprints/100-metres/outdoor/men/senior/2016

今年の非黒人スプリンターを見ると
10秒00(+1.9) John Teeters
10秒01(+1.8) 桐生祥秀
10秒01(+1.9) リチャード・キルティ
10秒01(+1.8) ユリアン・ロイス
10秒04(+1.0) ハッサン・タフティアン
10秒06(-0.5) 山縣亮太
10秒06(+1.0) Bruno Hortelano
10秒07(+1.5) ラミル・グリエフ
10秒09(+0.7) クリストフ・ルメートル
と、10人もの選手が10秒10を切っていて、この中でルメートルだけは既に9秒台を記録している。これだけ選手がいれば、今季とまではいかなくても誰か新たに9秒台に突入するのではないかと思う。

それぞれの選手を見ていく。
・John Teeters
アメリカの選手で10秒00は今年の全米予選で記録。かなり恵まれた条件で出された記録なので、9秒台まで0.01秒といえども更新は簡単ではないだろう。アベレージもまだ高くない。

・桐生祥秀
既に10秒0台を5回記録しアベレージはそこそこ高い。Teetersに比べると9秒台の可能性は高いと思うが、それでもやはり条件に恵まれれば出せればどうかというところ。今年3年ぶりに10秒01を記録しているが、風速だけ見ると以前と比べて速くなったとはいえない。

・リチャード・キルティ
3回の10秒0台の内2つは追風2m近い条件での記録で、無風であれば10秒1台が実力。現在の実力であれば、桐生同様、条件に恵まれればということろ。

・ユリアン・ロイス
ルメートルを除けば、この中で最もアベレージが高い。特に、追風0.5m/sで10秒03はかなり9秒台の可能性を感じさせる記録。

・ハッサン・タフティアン
10秒0台は1回だけアベレージもまだ低い。今季10秒1台は3回出しており、決して悪くはないが現状ではまだまだ9秒台は遠い。

・山縣亮太
風速だけ見れば10秒06(-0.5)はこの中で最も9秒台に近い。2012年五輪では自己ベストを記録し、条件が良ければ9秒台も出てしまうのではないかと期待している。今のところ9秒台に近いのはこの山縣とロイスだと思う。

・Bruno Hortelano
今季急成長し、10秒0台を2回、10秒1台を1回記録。まだまだ今季の成績だけでは判断できないが、今後の伸び次第では可能性を感じる。200mも20秒18と速い。

・ラミル・グリエフ
ジュニア時代に100mは10秒08、200mは20秒04を記録。200mは昨季19秒88を記録し、100mは今季10秒07を記録し7年ぶりの自己ベスト更新。キャリアの割にアベレージは低い、国籍変更の影響で色々あったのかもしれない。200mの記録からすれば走力はあるので一気に突き抜ける可能性はある。

パトリック・ジョンソンは10秒10から一気に9秒93まで突入したが、ほかの選手は10秒0台を複数回記録し、9秒台に突入。やはりアベレージが高くないと9秒台を出すのは難しいだろう。
posted by クライシ at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

Ioánnis Kiriazís threw an impressive 87.14m at the Greek U23 Champs




リザルトが見つからなかったのでツイートから。
Ioánnis Kiriazisがやり投で87m14を記録、シニア1年目としてはAleksandr Ivanovの87m62に次ぐ記録。以前の自己ベストは今年のヨーロッパ選手権予選で出した81m92、5m以上も自己ベスト更新。
posted by クライシ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

Joel Fearon: GB bobsledder runs joint-third fastest 100m time by a Briton

http://www.bbc.com/sport/athletics/36933897

Joel Fearonが100mで9秒96(+2.0)の自己ベスト、Chijindu Ujahと並ぶイギリス歴代3位タイ。
posted by クライシ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ