最近の記事

2016年05月24日

Records galore for Bukowiecki and Andrejczyk

http://www.european-athletics.org/news/article=records-galore-for-bukowiecki-and-andrejczyk/index.html

男子砲丸投
Konrad Bukowieckiが20m62で優勝
2位はDavid Storlで20m25のシーズンベスト
3位はTobias Dahmで19m77のシーズンベスト
Bukowieckiは21m01の世界ジュニア記録を出した翌日にこの記録、安定感は勿論全体的な記録も向上している。Storl相手に勝利したというのも大きい、もうジュニアレベルではない。
Storlは世界大会までには当然上げてくると思うが去年のように22m台を投げるのは難しいのではないだろうか。

女子砲丸投
鞏立姣が20m43の今季世界最高記録&自己ベストで優勝
2位はGao Yangで18m72のシーズンベスト
3位はBian Kaで18m17
鞏が7年ぶりの自己ベスト。去年は自己ベストに1cmと迫り世界陸上では20m30のサードベストで銀メダルを獲得。今季もメダルの可能性は高い。

女子ハンマー投
アニタ・ヴォダルチクが79m48の今季世界最高記録で優勝
2位はWang Zhengで72m46
3位は検索結果
ソフィー・ヒチョンで71m63
この記録は世界パフォーマンス歴代4位で、これ以上投げた選手はヴォダルチク自身だけ。この記録でも自己ベストから1m60も離れている。女子ハンマー投はまだ歴史が浅いので1人の選手が突出することもあるだろう。恐らく、女子棒高跳のイシンバエワのような存在になるだろう。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンダーが快勝、2勝1敗に NBAプレーオフ

http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10262_T20C16A5000000/

既に様々な場所で紹介されているので有名な話だが、サンダーに所属しているスティーブン・アダムスはバレリー・アダムスの弟。バレリー・アダムスとは腹違いで父親は5人の女性との間に18人の子どもを儲けている。
父親の遺伝子が相当優秀なのか、兄弟の平均身長は2m06、姉妹は1m83cmという巨人一家。
スティーブン・アダムズはただ所属しているだけでなく、プレーオフに入ってからきちんと活躍しているので見られる機会があれば見て欲しい。昨シーズンのNBAファイナル覇者で今季レギュラーシーズンで歴代最多の73勝を果たしたウォリアーズ相手にカンファレンスファイナルで2勝1敗。
スティーブン・アダムスは意図的かは分からないが相手にフラストレーション溜めさせるプレーが上手いらしい。今回も2回も金的を食らっている。過去に何人もの選手がアダムスと揉め事を起こして出場停止など処分されている。
posted by クライシ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ