最近の記事

2016年05月07日

Diamond League Doha 2016

http://doha.diamondleague.com/programme_results_doha/

男子200m +1.9
Ameer Webbが19秒85の自己ベストで優勝
2位はアロンソ・エドワードで20秒06のシーズンベスト
3位はフェミ・オグノデで20秒10のシーズンベスト
今季19秒91を記録していたWebbが更に自己ベストを短縮。ここ数年、全米代表になっているIsiah Youngに比べると海外での強さもありそうなので期待できそう、ちなみに今回Youngは20秒29で6位。
エドワードは2014年からの好調を維持している、世界陸上に続き今年もファイナリストの可能性は高いだろう。2012年五輪では予選フライング失格に終わっている。

男子110mH +1.4
Omar McLeodが13秒05のシーズンベストで優勝
2位はハンズル・パーチメントで13秒10のシーズンベスト
3位はOrlando Ortegaで13秒12のスペイン記録
McLeodが前半から飛び出し独走状態、9台目を引っ掛けて最後は少し減速したように見える。去年に比べると確実に力を付けている、五輪ではメダルの可能性も充分ある。
パーチメントも調子がいい、去年は12秒台こそ出せなかったが銀メダルを獲得、今季もそれに相当する活躍をするだろう。
Ortegaは今季屋外初戦。リオ五輪は出られないと思っているが出場可能と書いているものもあって良く分からない。これだけの力があるだけに出られないとしたら勿体無い。

女子100m +0.7
Tori Bowieが10秒80の今季世界最高&自己ベストタイで優勝
2位はダフネ・シパーズで10秒83のシーズンベスト
3位はベロニカ・キャンベル=ブラウンで10秒91のシーズンベスト
前半ミュリエル・アウレが抜け出すも11秒02で4位。後半Bowieとシパーズが伸び、接戦の中Bowieが勝利。
ジーターが衰えた今、Bowieがエース格。アメリカは五輪で1996年を最後に金メダルを獲得できていない、フレーザーが相変わらず強いのでもう1段階速くならないと勝てないだろう。
シパーズは今季100m初戦でセカンドベスト。200mで22秒25を出していたので10秒台の可能性は高いと思ったが10秒8台にまで乗せるとは思わなかった。世界大会に強さを見せるので今年の五輪は相当期待できると思う。

女子800m
キャスター・セメンヤが1分58秒26の今季世界最高記録で優勝
2位はHabitam Alemuで1分59秒14の自己ベスト
3位はユニス・ジェプコエチ・サムで1分59秒74のシーズンベスト
セメンヤは最後の100mが速過ぎる、女子だとかなり離さないかぎり負けないだろう。ジュニア時代の記録を未だに更新出来ていないが、高速レースであれば1分56秒程度は今でも出せると思う。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 11:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ