最近の記事

2016年05月25日

Botswana championships, Gaborone 21-22/05/2016

http://www.africathle.com/2016/05/22/botswana-championships-gaborone-21-22052016/

5月23日にツイッターの情報源を元に記事を書いたが色々間違っていたので訂正。

Baboloki Thebeが200mで20秒21Aの世界ジュニア歴代9位、400mで44秒22Aの世界ジュニア歴代2位。以前の自己ベストは45秒38Aだったので1秒16の大幅自己ベスト更新。今までは200mを専門としていて2014年世界ジュニア準決1組7位、ユース五輪2位の実績があり全くの無名選手というわけではない。
100mも10秒29と速く、100m〜400mのスコアリングテーブルは3530点でジュニア歴代最高記録、ジュニア選手として初の3500点超え。今季Michael Normanがフェミ・オグノデの最高記録を更新したがそれをさらに更新した。最近はジュニア選手、ユース選手にしても100m〜400mまで速い選手が多い。
また、ジュニア選手の200mと400mの合計点数はウサイン・ボルトが最高であったがこれも越えた。

世界ジュニア200mは今までの実績からメダルの可能性、金メダルの可能性もあるだろう。400mはAbdalelah Harounの優勝で間違いないと思っているが、こうなると分からない。この1戦だけで評価できないが今後も44秒台を出せるようであれば相当強い、五輪でも通用すると思う。
スティーブ・ルイスが現在の世界ジュニア記録である43秒87を出した当時、歴代2位はDarrell Robinsonの44秒69。そこから23年経った2011年でも歴代2位は44秒66で、この年にキラニ・ジェームスが44秒36まで記録を伸ばした。それ以降Luguelín Santos、Abdalelah Haroun、そして今回のThebeがジュニア選手として44秒前半を記録。ルイスの世界ジュニア記録更新が困難なのは今も変わらないが以前に比べると可能性を感じる。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

Records galore for Bukowiecki and Andrejczyk

http://www.european-athletics.org/news/article=records-galore-for-bukowiecki-and-andrejczyk/index.html

男子砲丸投
Konrad Bukowieckiが20m62で優勝
2位はDavid Storlで20m25のシーズンベスト
3位はTobias Dahmで19m77のシーズンベスト
Bukowieckiは21m01の世界ジュニア記録を出した翌日にこの記録、安定感は勿論全体的な記録も向上している。Storl相手に勝利したというのも大きい、もうジュニアレベルではない。
Storlは世界大会までには当然上げてくると思うが去年のように22m台を投げるのは難しいのではないだろうか。

女子砲丸投
鞏立姣が20m43の今季世界最高記録&自己ベストで優勝
2位はGao Yangで18m72のシーズンベスト
3位はBian Kaで18m17
鞏が7年ぶりの自己ベスト。去年は自己ベストに1cmと迫り世界陸上では20m30のサードベストで銀メダルを獲得。今季もメダルの可能性は高い。

女子ハンマー投
アニタ・ヴォダルチクが79m48の今季世界最高記録で優勝
2位はWang Zhengで72m46
3位は検索結果
ソフィー・ヒチョンで71m63
この記録は世界パフォーマンス歴代4位で、これ以上投げた選手はヴォダルチク自身だけ。この記録でも自己ベストから1m60も離れている。女子ハンマー投はまだ歴史が浅いので1人の選手が突出することもあるだろう。恐らく、女子棒高跳のイシンバエワのような存在になるだろう。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンダーが快勝、2勝1敗に NBAプレーオフ

http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10262_T20C16A5000000/

既に様々な場所で紹介されているので有名な話だが、サンダーに所属しているスティーブン・アダムスはバレリー・アダムスの弟。バレリー・アダムスとは腹違いで父親は5人の女性との間に18人の子どもを儲けている。
父親の遺伝子が相当優秀なのか、兄弟の平均身長は2m06、姉妹は1m83cmという巨人一家。
スティーブン・アダムズはただ所属しているだけでなく、プレーオフに入ってからきちんと活躍しているので見られる機会があれば見て欲しい。昨シーズンのNBAファイナル覇者で今季レギュラーシーズンで歴代最多の73勝を果たしたウォリアーズ相手にカンファレンスファイナルで2勝1敗。
スティーブン・アダムスは意図的かは分からないが相手にフラストレーション溜めさせるプレーが上手いらしい。今回も2回も金的を食らっている。過去に何人もの選手がアダムスと揉め事を起こして出場停止など処分されている。
posted by クライシ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

OSTRAVA GOLDEN SPIKE 2016

http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-challenge-meetings/2016/55th-ostrava-golden-spike-5868

男子100m -0.4
ウサイン・ボルトが9秒98のシーズンベストで優勝
2位はラモン・ギテンスで10秒21のシーズンベスト
3位はハッサン・タフティアンで10秒25
ボルト以外に有力選手もいなかったから軽く流して優勝と思ったが、最後まで走りぬいていた。以前ならこのくらいの走りで9秒8台は出せただろう。7月までには9秒8台を出すと思うが、五輪では9秒7台が精一杯だろう、流石に6台が出るとは思えない。

男子棒高跳
ルノー・ラビレニが5m83のシーズンベストで優勝
2位はShawnacy Barberで5m70
3位はRobert Rennerで5m63のシーズンベスト
ラビレニは5m70、5m83をそれぞれ1回で決め優勝を確定。好調と思いきや5m93に挑戦するも3回とも失敗。
毎年のことながら室内で6m超えを跳ぶも屋外に入って数戦は5m70〜80ぐらいしか跳べない。室内の方が跳びやすいのは事実だが屋外自己ベストと11cmも離れている選手は少ないと思う。
Emmanouil Karalísが5m55の世界ユース最高記録で7位タイ。

男子砲丸投
Konrad Bukowieckiが21m01の世界ジュニア記録で優勝
2位はトマシュ・マエフスキで20m84のシーズンベスト
3位はAndrei Toaderで20m32の世界ジュニア歴代7位
Bukowieckiは室内屋外通じて2人目の21m超え。室内で20m61を投げていたが屋外屋外初戦は19m19、そこから一週間後20m15、さらに一週間後に今回の記録。21m20くらいまでは伸ばせるのではないかと思っているし、期待している。去年の世界陸上では予選記録なし、今の実力からすれば入賞できる位置にいるので五輪ではそこを狙って欲しい、去年よりもアベレージは確実に高くなっているので記録を残せばその可能性は高い。
しかし、40年以上前にジュニアで21m05を出したTerry Albrittonはバケモノだったのだと再認識させられる。Bukowieckiが11月〜12月に室内の試合に出るでもしないと更に10年単位で更新されない室内記録ではないだろうか。
マエフスキは五輪3連覇がかかるがここ数年は21m程度しか投げられていない。五輪に強い選手だと思うのでメダル争いには加わると思う。
Toaderは室内でも19m80の好記録、屋外でも19m81、20m22と着実に記録を伸ばしていた。同世代にBukowieckiがいるため目立たないがジュニアで20m32は驚異的な記録、今季ジュニアランクでは勿論2位で、更にジュニア規格で並べても2位。世界ジュニアでは22m以上投げられると思う。

男子ハンマー投
Pawel Fajdekが80m66の今季世界最高記録で優勝
2位はDilshod Nazarovで78m82のシーズンベスト
3位はMarcel Lomnickyで77m48のシーズンベスト
4投目まではNazarovが優勢でFajdekの2015年3月27日から続く連勝記録が途切れるかと思われたが地力の差が出たか。今年も間違いなく五輪優勝候補で全種目の中でも確率は高い。
Nazarovは去年初めて世界大会メダル獲得、今季もこの調子だとメダルの可能性は高い。

女子ハンマー投
アニタ・ヴォダルチクが78m54の今季世界最高記録で優勝
2位はWang Zhengで73m80
3位はJoanna Fiodorowで72m77のシーズンベスト
男子同様こちらも絶対王者、2014年7月8日から予選含めても負けなし。ヴォダルチクは屋外初戦、今回の記録は世界パフォーマンス歴代8位でこれより投げた選手はヴォダルチクを除けば3人しかいない。余程のことがない限り負けようがないと言っていい。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

2016 IAAF WORLD CHALLENGE BEIJING

http://www.iaaf.org/results/iaaf-world-challenge-meetings/2016/2016-iaaf-world-challenge-beijing-5872

男子100m -0.1
ジャスティン・ガトリンが9秒94のシーズンベストタイで優勝
2位はマイク・ロジャースで9秒97のシーズンベスト
3位は謝震業で10秒12の自己ベスト
Diondre Batsonが失格になったがスローで見ても分からない、何度か機械の不調があり本人も納得言っていない様子。仕切り直しが何度もあり、待たされる中、相変わらずの強さ。
謝はやはり室内での記録からこのくらい記録は出すだろう、200mも中国記録更新の期待が高まる。

女子200m +0.2
ベロニカ・キャンベル=ブラウンが22秒29のシーズンベストタイで優勝
2位はSimone Faceyで22秒63のシーズンベスト
3位はTiffany Townsendで23秒06
ガトリン同様2004年のアテネ五輪から活躍し、未だにメダル争いに絡める選手。去年の世界陸上ではインレーンにも関わらず21秒台を出し、今季も4月から好タイムを出し好調。今季のアリソン・フェリックスの調子は分からないがダフネ・シパーズ、Tori Bowie、Felicia Brownが22秒2台を既に出していて五輪ではレベルの高いレースが見られる可能性が高い。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wiesbaden (Germany), 14-15.5.2016 -Werfercup-

http://trackinsun.blogspot.jp/2016/05/wiesbaden-germany-14-1552016-werfercup.html

Clemens Pruferが円盤投(2.00kg)で61m62の今季世界ジュニア最高記録、円盤投(1.75kg)で66m27の世界ジュニア歴代8位を記録。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nethaneel Mitchell-Blake: Louisiana student close to British 200m record

http://www.bbc.com/sport/athletics/36306285

Nethaneel Mitchell-Blakeが200mで19秒95(+0.4)の自己ベスト。
どういうわけかイギリス記録はJohn Regisが1994年に出した19秒87ではなく、1993年の19秒94。つまりイギリス記録まで0.01秒。
100mで10秒09を出してから注目していたが200mでこれほどまでの大幅自己ベストは予想外、屋外のみに限れば今大会で0秒67も更新している。

400mではKahmari Montgomeryが45秒13の自己ベスト。100mは10秒50(+1.6)、200mは20秒86(+1.6)とジュニア選手としては速い、スコアリングテーブルでは3299点。

十種競技ではLindon Victorが8446点のグレナダ記録。去年、Kurt Felixが8302点を出したばかりだがそれを100点以上更新。Victorの昨シーズンのベストが7453点だから1000点近く伸ばしている。投擲が得意な選手で特に円盤投は54m56と種目別最高記録に近い。スプリント力はそこそこなのでハードルはまだ改善の余地がある、また棒高跳も4m55とかなり低いのでこれも改善できると思う。まだ若い選手なので8700点ぐらいまでは可能性ある。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

Diamond League Shanghai 2016

http://www.diamondleague.com/fileadmin/IDL_Default/files/documents/2016/MeetDocs/Shanghai/Results.pdf

男子100m 0.0
ジャスティン・ガトリンが9秒94のシーズンベストで優勝
2位はフェミ・オグノデで10秒07
3位はマイク・ロジャースで10秒10
ガトリンが前半から抜け出し完全に支配したレース。オグノデは今季9秒91を出しているが前半から置いて行かれている。
今季もガトリンが好調となると去年に続きガトリンvsボルトになるだろう。ブレークの状態次第でこれに加わる。

男子110mハードル
Omar McLeodが12秒98の今季世界最高記録で優勝
2位はハンズル・パーチメントで13秒12
3位はXie Wenjunで13秒34のシーズンベスト
前回のDL同様、McLeod飛び出しそのまま逃げ切るというレース、9台目でパーチメントが競るかと思ったがほぼ同じ差のままゴール。背の低い選手なので途中棄権が多いと思いきや意外に少なく割と安定している。この好調を維持すれば五輪でも金メダル候補。

女子円盤投
サンドラ・ペルコビッチが70m88の今季世界最高記録で優勝
2位はDani Samuelsで67m77のシーズンベスト
3位はDenia Caballeroで66m14
この記録はセカンドベスト、ペルコビッチはこれで6回目の70m超え。去年の世界陸上ははDenia Caballeroに敗れたが今年も優勝候補筆頭であることは間違いない。

プレプログラムの100mでサニブラウン・アブデル・ハキームが10秒22(+1.0)の世界ユース歴代3位。レースの方はアーロン・ブラウンに敗れ2位だったが海外レースでこのタイム、世界ジュニアは100mでも十分メダル獲得の可能性がある。勿論、世界ユース最高記録更新の可能性も充分ある。自分の知る限り、サニブラウンのパフォーマンストップ10のアベレージは10秒322で世界歴代ユース最高。

後で気づいたが今年から跳躍・投擲種目では3回までに上位4人に残らないと次に進めないようになっている。好記録を期待する自分としてはなるべく多くの選手が6回の試技をして欲しいが、ゲーム性はこっちのほうがあるかもしれない。
posted by クライシ at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 陸上競技(DL・GL・WAF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

JAMAICA INTERNATIONAL INVITATIONAL 2016

http://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/jamaica-international-invitational-5874/timetable/bydiscipline

男子100m +1.0
ケマー・ベイリー=コールが10秒01のシーズンベストで優勝
2位はマイク・ロジャースで10秒03のシーズンベスト
3位はJulian Forteで10秒06
前半コリンズが抜け出し、ベイリー=コールが追い込むというよくある展開。ちなみにコリンズは10秒09で6位、この記録は40歳年齢別最高記録。
Forteはこのタイムがサードベストタイ。去年は200mで代表入りするも準決落ち。まだ若い選手ではあるが彼より下の世代からもいい選手が出てきてかなり影が薄くなっている。100m・200m共にさっさと大台突入してもらいたい。
タイソン・ゲイは10秒08で5位。去年の世界陸上で少し限界が見えた気がする。今季も9秒台は出せるだろうが世界大会で結果を残すとなると難しいだろう。代表入りは可能性あると思う。

男子400mハードル
Jeffery Gibsonが48秒96のシーズンベストで優勝
2位はJaheel Hydeで49秒16のシーズンベスト
3位はバーショーン・ジャクソンで49秒29のシーズンベスト
Hydeはセカンドベスト。世界ジュニアは2連覇がかかるが問題なさそう。去年は3月と早い時期に自己ベスト更新するもその後は怪我もあり途中でシーズンを終えた。彼は110mハードルも速く、こちらも優勝できる力がある。
posted by クライシ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEIKO GOLDEN GRAND PRIX 2016 KAWASAKI

http://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-challenge/seiko-golden-grand-prix-2016-kawasaki-5873/timetable/bydiscipline

男子100m -0.4
ジャスティン・ガトリンが10秒02のシーズンベストで優勝
2位は山縣亮太で10秒21のシーズンベスト
3位はラモン・ギテンスで10秒26のシーズンベスト
2年前にガトリンが出場した時は10秒02(-3.5)と風速こそかなり違うが同タイム。2戦目にしては悪くない記録。
山縣は織田記念に続き好記録、この調子だと標準記録は切れるだろう。
桐生は10秒27で4位。以前から何度か書いたと思うが今の時代に追い風2mで9秒台が出せたとしても世界で戦うことは難しい。メディアでは9秒台と煽られるが現状はそういう位置にいると思う。
サニブラウン・アブデル・ハキームは10秒34のシーズンベスト。本人はこの結果に満足していないと思うがまだユース選手、かなりいい結果だと言っていい。

男子200m -0.6
アーロン・ブラウンが20秒32で優勝
2位は飯塚翔太で20秒40
3位はダニエル・ベイリーで20秒75のシーズンベスト
飯塚は今季20秒00を出しているブラウン相手に接戦ということで評価したい所だが難しい。飯塚の走りは良かったと思うがブラウンは安定している選手ではないので今回の試合だけではなんとも言えない。

男子400m
ウォルシュ・ジュリアンが45秒68の自己ベストで優勝
2位はJarrin Solomonで45秒77のシーズンベスト
3位はジェレミー・ウォリナーで46秒04
自己ベストこそ同世代の北川貴理を抜くことは出来なかったが悪くないタイム、海外選手相手にいい走りだった。
今の日本は45秒台の選手が揃っているがマイルリレーでの結果がなかなか出ない。もし今年の五輪で出場できなければ1980年五輪のボイコット以来。

男子400mハードル
野澤啓佑で48秒67の日本歴代9位で優勝
2位はEric Crayで49秒07のフィリピン記録
3位は松下祐樹で49秒10の自己ベスト
野澤が前半からかなり速いペース、ちょっと無茶なペースにも見えた。このペースに引っ張られたのか全体的に良い記録。派遣設定記録を突破したので代表はほぼ確定、松下も怪我でもしない限り代表入りだろう。
4年前は岸本が48秒を出して五輪での結果が期待されたが怪我の影響もあり満足な走りができず予選失格。野澤や松下は万全の調子で臨んで結果を残して欲しい。

男子やり投
Jakub Vadlejchが86m76の自己ベストで優勝
2位は新井涼平で84m41のシーズンベスト
3位はHuang Shih-Fengで83m82の台湾記録
全体的に記録が出ているので条件が良かったのだろう。
新井は2014年に85m48を投げて以降、毎年84m以上を投げている。世界大会でも入賞する可能性は十分あるし2009年に村上が銅メダルをとった時よりも実力は上だと思う。ただ世界のレベルも上がっているので現状は入賞が目標だろう。

女子400mハードル
Lauren Wellsが55秒23のシーズンベストで優勝
2位は久保倉里美で56秒14のシーズンベスト
3位は石塚晴子で56秒75の日本ジュニア記録
久保倉は五輪参加標準記録突破、もう五輪は厳しいかなと思ったが2012年以来の好記録。久保倉の後継者といえる選手も出てきていない状態だが、その中で石塚がこの記録を出せたのは大きい。今年の世界ジュニアでどのような結果を出すのか楽しみ。

女子やり投
Elizabeth Gleadleが62m59のシーズンベストで優勝
2位は海老原有希で62m13のシーズンベスト
3位は北口榛花で61m38の日本歴代2位&日本ジュニア記録
海老原は1投目でこの記録、最終投擲でも60m超えを見せている。まだ世界大会入賞はないがあと少しの位置にいる、今回のように1投目で62mを投げ決勝進出を決めれば可能性はある。ただ女子も男子同様に近年レベルが上がっている。
北口はポテンシャルからしてこの記録は納得できる、まだ技術的課題が多いように見える。世界ジュニアでは優勝候補の1人だろう。
posted by クライシ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(IWC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ