最近の記事

2016年04月17日

Lashawn Merritt 19.78 (+0.9) WL+PB Men's 200m #CBBI Bahamas Invitational 2016

https://www.youtube.com/watch?v=bAZK61pC-aQ

ラショーン・メリットが200mで19秒78(+0.9)の今季世界最高記録。
メリットは他の400mの選手に比べると200mを頻繁に走っていて、20秒0〜1程度は毎年走っていたが近年は少し落ちていた。まさか9年前に出した記録を0.2秒も更新するとは、400mの記録は上がっていたので走力自体が向上しているのだろう。メリットも43秒台前半を出せる力があるかもしれない。前回五輪ではディフェンディングチャンピオンとして出場したが怪我で途中棄権、今年の五輪では去年の世界陸上同様のハイレベルなレースでも勝てるかもしれない。

キラニ・ジェームスが400mで44秒36のシーズンベスト。
ジェームスは今季屋外初戦。去年の屋外初戦も同じ時期で44秒31だったのでほぼ一緒。間違いなく強い選手なのだが近年は優勝出来ていない。今年の五輪はディフェンディングチャンピオンとして臨むことになるが強敵は多い。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'Beast' Blake on track for Rio

http://www.iol.co.za/sport/athletics/beast-blake-on-track-for-rio-2010633

男子100m +1.4
ヨハン・ブレークが9秒95の今季世界最高記録で優勝
2位はラシード・ドワイヤーで10秒10の自己ベスト
3位はZharnel Hughesで10秒10の自己ベスト
ブレークが2012年以来4年ぶりの9秒台を記録。今季200mで21秒33(-4.2)を記録した時は向かい風が強すぎて実力が判断できなかったがかなり復活しているようだ。このまま消えていくのだろうと失礼なことを書いたが今季100m初戦でこのタイムだから五輪ではどうなるか予想できない。元々の実力からすれば優勝争いをしていても全然おかしくない。

他のレースではMichael Stephensが10秒43(+1.9)を記録。

男子200m +0.6
Miguel Francisが20秒11のシーズンベストで優勝
2位はオシェイン・ベイリーで20秒42の自己ベスト
3位はJavon Francisで20秒54の自己ベスト
Francisは今回の記録がセカンドベスト。世界陸上では決勝進出まであと0.04秒と肉薄し、シーズン全体通しても安定して結果を残していた。今季もシーズン序盤でこれだけのタイムを出しているので19秒台を出す可能性も高い。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seminole Invitational 2016

http://www.seminoles.com/pdf9/4744377.pdf

男子100m +0.8
ウォルター・ディックスが10秒06のシーズンベストで優勝
2位はChristian Colemanで10秒11の自己ベスト
3位はDentarius Lockeで10秒20
3年ぶりに10秒10未満を記録、今年は全米でも決勝に残る可能性は高そう。また怪我なんてことにならないといいが。
Colemanはまだアメリカでは平凡な選手だが個人的に期待している。

200mではTyrese Cooperが20秒46(+2.2)を記録。公認内でも20秒台前半は可能だろう。400mでも46秒52の好タイムを記録している。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ