最近の記事

2016年02月13日

Asafa drops world leading time in Houston

http://www.trackalerts.com/Videos/asafa-drops-world-leading-time-in-houston/6452/

アサファ・パウエルが室内60mで6秒49の自己ベスト&今季世界最高記録。このタイムは準決の記録で決勝は棄権、特に怪我とかではないと思う。世界室内は出るのだろうか。
パウエルは60mで6秒50、100mで10秒00、200mで20秒00、400mで46秒を切った唯一の選手らしい。フェミ・オグノデが室内60mで0.02秒更新すればこれを満たすし、タイソン・ゲイが室内60mで6秒50を切れば更に400mで45秒を切った唯一の選手になる。

同大会にCarlin Islesも出場し6秒65の自己ベストタイ。ツイッターでwith no trainingと書いているがこれはスプリントトレーニングのことだろうか。アメフト選手の40ヤードダッシュはプロ入り当初が一番速いという話があったがこの選手は現役時代とほとんど変わってないようだ、こっちはラグビー選手だけど。
以前、足が速すぎてスピード違反だよ!アメリカの世界最速のラグビー選手という記事で書いたがやはり元々アメフトをやっていた選手で高校時代はRBとして活躍していたらしい。だからコンタクトも問題ないし動画で見る限り直線が速いだけではなく小回りも上手い。もしかすると五輪のラグビーで彼の走りが見られるかもしれない。

Carlin Islesについて調べていると海外ラグビーに関する掲示板があって陸上選手のことも語られて面白い。ただ単にネット上に書かれている数字を当てにするのではなくall-athletics.comやgbrathletics.comなどのサイトを参照していてちゃんと調べてる。
posted by クライシ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Birkinhead’s best mark of 21.21m moves him to second on the Australian All-Time

http://athletics.com.au/News/briggs-2016result

Damien Birkinheadが男子砲丸投で21m21を記録。20m80も驚いたがあっという間に21m台に突入。勝手にニュージーランドの選手と勘違いしていたが彼はオーストラリアの選手、Tomas Walsh同様ジュニア時代はJacko Gillに敵わなかったがシニアになると分からないもんだな。
ラベル:屋外
posted by クライシ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SWOBODA SPRINTS TO WORLD JUNIOR INDOOR 60M RECORD OF 7.07

http://www.iaaf.org/news/report/swoboda-world-junior-indoor-60m

Ewa Swobodaが室内女子60mで7秒07の世界ジュニア記録&今季世界最高記録タイ。ヨーロッパのシニアの選手としてもトップクラスの記録、世界室内に出ても決勝やメダルも狙える。100mの自己ベストが11秒24だからこれは確実に更新するだろう、10秒台は難しいかもしれないが室内の記録からすればありえなくはない。

また同大会の男子砲丸投でKonrad Bukowieckiが20m45を記録。これで10回目の20m台、非常に安定している。一気に21m台に乗せると面白いんだが。
ラベル:室内
posted by クライシ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
Jereem Richards by クライシ (08/19)
Jereem Richards by (08/18)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by クライシ (08/15)
ウェイド・バンニーキルクの収入 by コグマン (08/15)
世界陸上2017(男子) by クライシ (08/11)
カテゴリ