最近の記事

2018年02月20日

全米室内陸上選手権2018

https://results.usatf.org/2018Indoors/

男子60m
クリスチャン・コールマンが6秒34の世界記録で優勝
2位はロニー・ベイカーで6秒40の世界歴代3位
3位はマイク・ロジャースで6秒50
準決の走りからして6秒3台は確実であったが、まさかこんなタイムを出すとは。6秒37の世界記録は公認されないだろうが、今回は公認だろう。6秒34というタイムは2001年世界陸上のモーリス・グリーンの60m通過タイムとほぼ同じ。コールマンは今季9秒7台に到達する可能性は高い。
ベイカーは9秒台の自己ベストを持つが、全米7位が最高のパッとしない選手。室内が得意な選手だが、こんなタイムを出すとは思わなかった。

女子60mH
Sharika Nelvisが7秒70の世界歴代3位タイで優勝
2位はKendra Harrisonで7秒72の自己ベストタイ
3位はChristina Manningで7秒73の世界歴代6位タイ
Nelvisは今季室内自己ベストを0.13秒も更新。屋外は12秒34が自己ベストで世界トップレベルであるが、世界大会代表入りは2015年だけ。室内でこれだけ速いタイムを出しているのだから、屋外でもそこそこ活躍すると思う。
Manningは去年の世界陸上代表だが全く記憶にない。屋外は12秒54なので、今回の記録からするとこれは更新するだろう。

女子棒高跳
Katie Nageotteが4m91の世界歴代4位タイで優勝
2位はSandi Morrisで4m86
3位はジェニファー・サーで4m81のシーズンベストタイ
Nageotteは去年までの自己ベストが4m73で世界大会の実績は皆無。室内とはいえ18cmも自己ベスト更新。
posted by クライシ at 19:46| Comment(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

COPERNICUS CUP 2018

https://www.iaaf.org/results/iaaf-world-indoor-tour/2018/copernicus-cup-6310

男子砲丸投
Konrad Bukowieckiが22m00のポーランド記録で優勝
2位はTomáš Staněkで21m83
3位はMichał Haratykで21m12
室内自己ベストを3cm更新。以前の自己ベストである21m97は当時の自己ベストを80cmも更新する大投擲で、この記録を超えるそう簡単ではないと思われたが1年で上回った。屋外で記録を出していないのは気になるが、それでも21m59を出しているので世界で十分戦えるレベル。
Staněkは今季全て21m60以上の投擲をしており、非常にアベレージが高い。数年前ならば世界大会の金メダル候補だっただろう。
posted by クライシ at 19:33| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

Karalis clears world indoor U20 record of 5.78m at Greek Indoor Championships

http://www.european-athletics.org/news/article=karalis-clears-world-indoor-u20-record-78m-greek-indoor-championships/index.html

Emmanouil Karalisが室内男子棒高跳で5m78の世界ジュニア記録
Armand Duplantisが去年5m82を跳んでいるがこれは公認されなかった。これを含めるとKaralisの記録は歴代2位。
室内では5m70以上を3度跳んでいるが、屋外自己ベストは5m63。
posted by クライシ at 21:36| Comment(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Moskva (Russia), 12-14.2.2018 -National Championships-

http://trackinsun.blogspot.jp/2018/02/moskva-russia-12-1422018-national_33.html

アンジェリカ・シドロワが室内女子棒高跳で4m87の世界歴代6位タイ
posted by クライシ at 21:07| Comment(0) | 陸上競技(国内選手権) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

Now Luvo Manyonga leaps to new African indoor record!

https://www.iol.co.za/sport/athletics/now-luvo-manyonga-leaps-to-new-african-indoor-record-13229159

Luvo Manyongaが室内男子走幅跳で8m40の自己ベスト&アフリカ記録
Manyongaは今季から室内シーズンに取り組み始め、すでに8m32を記録していた。世界室内に出場するだろうから優勝候補筆頭。
2位はJuan Miguel Echevarríaで8m34の自己ベスト
Echevarríaは去年屋外で8m28の世界ジュニア歴代6位タイを記録、その記録をあっさり越えた。
posted by クライシ at 19:44| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

El triplista cubano Lázaro Martínez logra el mejor salto de su carrera

https://www.cibercuba.com/noticias/2018-02-07-u58139-e58139-s27066-triplista-cubano-lazaro-martinez-logra-mejor-salto-su

Lázaro Martínezが男子三段跳で17m28(0.0)の自己ベスト&今季世界最高
4年ぶりの自己ベスト更新。ユース時に17m24を記録し、当時の世界ユース最高記録であったが、なかなか更新に時間がかかった。その間も17m台は記録し、世界ジュニア優勝や五輪入賞、世界陸上決勝進出をしているので燻っていたわけではないが。初戦でこの記録というと期待したいところだが、キューバ選手は大体シーズン序盤に好記録を出すのでなんとも言えない。
2位はJordan A. Díazで17m03(-0.4)
彼が現在の世界ユース最高記録保持者で去年17m30を記録。去年は世界ユースで自己ベストを64cmも更新。会場が高地だったこともあり大幅自己ベスト更新となったが、今回の記録は初の平地での17m台。世界ジュニアでも17m30ぐらいの跳躍を期待したい。
posted by クライシ at 18:42| Comment(0) | 陸上競技(リザルト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

Warholm tidenes raskeste på 300 meter hekk: – Helt fantastisk

https://www.nrk.no/sport/warholm-satte-verdensrekord-1.13909045

Karsten Warholmが300mHで34秒26の世界最高記録。
自身が持つ世界記録を0.66秒更新、屋外世界記録の34秒48も上回った。今季は室内400mで45秒台を連発し好調、400mHでは47秒台の記録を期待したい。
posted by クライシ at 17:27| Comment(0) | 陸上競技(室内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
最近のコメント
カテゴリ